2005年08月

2005年08月31日

小説家U氏の奇行



「事実は小説より奇なり」
というわけで、多くの小説家たちは、いろんな経験を求めてさまよい歩くわけであるが、U氏の場合は何だかちょっと違っている…。

彼自身が奇なのだ。

売れない小説家のU氏は、ある日オカネに困って、精神病院に住むことに決めた。
彼は一応、精神障害者手帳を持っているのだ。
が、今はまったくフツーの生活が送れる人である。

「1年間だけ」
とU氏は言った。
その間、自宅を人に貸し、少ないマンション経営の金その他を、貯めようというのである。

しかし、1年後、彼は病院から出てこれなかった。
途中で車を購入したので、目標額を達せなかったのだ。

「いったい何のために病院に住んどんねん…」
あきれ返っていたのは、私だけではなかった。
しかも、話はそれだけでは終わらなかったのである。

先日電話した時、彼の口から発せられた言葉に、私はひっくり返りそうになった。

「彼女と婚約したんだ〜」

え”!!
あの院内で知り合った女性とか!!
――因みに、彼女の病状は決していい方ではない。
思わず大阪弁で説教を始める私。

「あんたな〜、オカネ貯めるために入院したんとちゃうんか?!」
「うん、そうだけど、もう金の指輪も買う約束したし〜」
「ちょっと待ちぃな、(オカネ貯めるために入った)病院で養う人間作ってどーすんの?本末転倒やないか、それは」
「アハハ〜」
「生活、どーすんねん?」
「マンションを売って、生活保護で…」
「あのなぁ、この前、障害者自立支援法が可決されて、32条※もろくに使われへんようになったの、知ってるか?」
「え?そうなの?」
「世の中そっちに向いとんのやで、生活保護もどうせそのうち対象になるで」
「いや、障害者年金もあるし〜」
「だから、そういうのが削減されていく方向にあるんやって!!」

なぜ、こんなろくでもないオッサンの心配を、私はしなければならないのか。

「大丈夫、大丈夫だから〜」
「………」
これを言い出すと、もう話にならない。
彼はそのうち、「ごめん、ウンコしたくなっちゃった」と言って逃げていった。

連れ合いを持つのはいいことだが、生活能力のない二人が、今後どうやって生きていくんだろうか。
悪いが、彼の素行そのものが既に小説なのである。

※精神保健福祉法第32条:精神科の病気の治療で、病院や診療所に通院する際にかかった医療費の自己負担分を公費で負担する制度。

(クリックしてくださると励みになりますJ

lifelovepain at 09:15|この記事のURLComments(14)TrackBack(0)日常1 

2005年08月30日

○イブドアブログのトホホ



これからワタクシが話すのは、ライブドアさんのことではありませんわ。
○イブドアさんのことです。

昨夜、午後11時過ぎから午前2時過ぎにかけて、○イブドアブログでは、閲覧が出来ない状態となった。
サーバーダウンってやつである。

どこのブログサイトでもこういうことはあるのかも知れないが、今回のは、○イブドアの無謀なリニューアルによるものとの見方が強い@巨大掲示板。
8月から始まった糞リニューアル(8日終了予定だった)のおかげさまで、ユーザーたちは今、いろいろな被害にあっているのだ。

過去の月別・カテゴリー別アーカイブが出ない、または形が壊れている。
閲覧・更新が異常に重くなった。
URLによってはpingが飛ばない(gooブログ検索にさえ飛ばないのだ…)。
その他

これらの被害の出方は、ブログにより千差万別である。
もしかして、○イブドアは△リエモンがいなければ、何も出来ないんじゃないか。

また、真偽は定かでないが、○イブドア内のランキングにおいて、ブログ内に「広告を貼っている」のと「貼っていない」のとで、差別化を図るという噂がある。
噂とはいえ、拝金主義の○イブドアならやりそうなことだ…。

さらに、○イブドアブロガーは、公職選挙法抵触のかどで、特定の候補者・政党を表現してはいけないことになっている(本来的にはどこでもそうなんだろうが…)。

自らの都合でユーザーに強い緘口令を敷くこと、甚大なバグを予想できないままリニューアルを強行すること、予想されて当然のサーバー負荷を予想出来ずにいること、結果リニューアルが中断されたままのトホホ。

最近の○イブドアは、有料・無料ブログ全てにおいて、ユーザー第一というより、ユーザーをあたかも「金儲けのための鵜飼の鵜」のように扱おうとしている様子が伺える。

私は鵜飼の鵜にされるのは嫌なので、移転したいのだが…、

3回目の移転になるぞ、リンクを張ってくれている人たちの面倒になる。
せっかく「お気に入り」に入れてくれた人たちの数は、おそらく半数以下に減るだろう。
リンクを張らせて頂いているブログ様いくつかに連絡か…、うう…しんどい。

というような理由で、未だに身動きが取れずにいる。
しばらく様子見するしかないのか。

○イブドアの看板ブログの一つ、『□キバBlog』は移転を決めたようである。
○イブドアの拝金主義は、今後ますます加熱しそうで、逃げるなら今のうちだ、という気もするのだが…。


(ランク復活しました。クリック有難うございましたJ

lifelovepain at 14:55|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)日常1 

2005年08月29日

拒食症患者の一食事例



今日はネタがない上、どうも具合が悪いので、食べたモノを羅列します。
拒食症患者が食べてるモノって、興味ない?
…ないですか、すみません。

◆おととい食べたモノ◆
朝:きつねそば1杯、生サラダ、酒
夕:マクドナルドのハンバーガー2個、「午後の紅茶」
深夜:きつねそば1杯、生サラダ、酒

◆きのう食べたモノ◆
朝:ごはん1杯、目玉焼き、ソーセージ3個、酒
夕:きつねそば1杯、生サラダ、酒
深夜:お好み焼き半人前、酒

◆きょう食べたモノ◆
朝:ごはん1杯、お好み焼き半人前、酒
夕:未定

※酒=カップ酒1本半〜2本半

〜〜〜〜〜

この、見事なまでの栄養バランスの悪さは何なんでしょうか。
おんなじモンばっかり食べている。

拒食症になってから「食べられないモノ」が増えました。
テーブルの上にあるサツマイモの茹でたのなんて、ただの飾りにしか見えないざます。

家で作るカレー、回転寿司、菓子類、その他もろもろ食べられません。
その一方で、ラーメン食べたい、なんてふと思ったりします。

…あと、やっぱ酒、多すぎですね…、ハイ、了承しております…。

壊れたので別IDでやり直し中(涙)
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(かなりランク戻ってきました。クリックありがとうJ

lifelovepain at 14:14|この記事のURL

2005年08月28日

入れ墨はやめた方がいい



「安室奈美恵が長男の親権を獲得…、ふむ」
などと、朝からまったく興味のない話題のニュースを、ぼーっと見ていた私である。

ぬ?と思ったのは、「腕に名前の入れ墨を彫るほど溺愛する息子」のくだり。
彼女、入れ墨を彫ってんのか。

若い人の間で、入れ墨が浸透しているのは認知しているが、これはまったく得策ではない。
なぜなら、MRI検査という医療行為を受けられなくなるからだ。

MRIってご存知の方も多いと思う。
これが、「入れ墨の人禁忌」なのである。
なぜなら、MRIでは強い磁石と電波を使うため、入れ墨の顔料(金属)の部分が加熱してやけどの原因になるからだ。

ってことは、入れ墨を入れた人は、たとえ脳卒中で倒れても、アタマの中身も満足に見ることが出来ない。
(CTスキャンだけでは不十分なのだ…。)
X線撮影では見つけられないような、椎間板ヘルニア、膝の損傷、皆わからずじまいである。
さらに、体内に金属が入っている場合、接骨院などでよく使われる電気治療の多くも受けられない。
つまり、入れ墨を彫るということは、多くの最新医療を逃すということである。

サテ、そのことを知っていて入れ墨を彫っている人が、どのくらいいるのか…。
命にかかわる病気になった時、相当、後悔しそうな気がするんだが。

IDがぶっ壊れたので一からやり直し中(涙)
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(だいぶ順位復活中。クリックありがとねJ

lifelovepain at 10:07|この記事のURLComments(26)TrackBack(0)雑記2 

2005年08月27日

理不尽



昨晩、私は一睡も出来なかった。
そんで、夜中3時から酒を呑んでた。
なんでかって…すごーくつまんないこと。

ブログランキングサイト「人気ブログランキング」のバグにより、in (被クリック数)が全く入らなくなってしまったことだ。

ブログランキングについてご存知ない方にご説明申し上げると、これは、ご来訪者が下リンクバナーをクリックすることにより、その数を競うというものである。
実にアホらしいシステムとはいえ、一部ブロガーにとっては「応援してくれる人がいる」という励み、そしてより多くの方々に自分のブログを読んでもらうきっかけになるというシロモノなのである。

そんなわけで、私も「人気ブログランキング」にクリックして下さる方の数は、結構気にしていた。
「アレ?今日はin(被クリック数)が少ない…、内容がイケてなかったのかな?」
「まー今日はこんなところでしょ、暗い話題だし」
てな具合に、自己評価の指標としていたのである。

ところが、昨日の昼から、ぱったりとin(被クリック数)がなくなった。
「アレ?…なんか妙だ…」
と思いつつ、昨日は少々身体の具合が悪かったので、深く追求しなかった。

夜になり、数字が一向に変わらないことに、さすがに私は、
「これは変だ」
と思い始めた。

日付が変わると同時に、週間in数(被クリック数)も変化する。
そこで、私は午前0時過ぎに「自分押し」をしてみたのだが、in数(被クリック数)は増えないのであった。

「壊れている…」

私は、一応「人気ブログランキング」にメールをした。
しかし経験上、こういったものは、
「あなたのリンクURLを間違っていませんか?」
「もう一度ご確認の上、云々」
で終わるのだ。…

そこで、新たなID登録をした。
下に張ってあるバナーリンクがそれである。

今、せっかく15位にあるIDを消すのは、50人/日のご来訪者を逃すことになる。
何より、今までの一週間、ポチポチ見たくもねー画面を見させられた方々の辛抱はどうなるのだ。

私は、より多くの人に読んでもらいたくて、この「人気ブログランキング」に登録している。
しかし、このままのIDで登録し続け、理不尽にランキングが下がるというのは、私にとって許せない。
私はAll or Nothin` の人間なのだ(担当医うるちゃんや恋人Sは、そこがいけないと言うが)。
だから、旧IDは消す。
一時的にご来訪者は減るだろうが、仕方ない。
この一週間、クリックして下さった方々、本当にごめんなさい。
でも、このままのIDでいくわけにはいかないし、理不尽なことって、私にとって最大のストレスなのだ。
これ以上、酒の量を増やすわけにはいかんでの。

<蛇足>
今、新IDは118位です!!(泣)

<お詫び>
私はアホです…。
せっかく28人の方がクリックして下さった新IDを、3つ目と間違えて消してしまいました…。
_| ̄|○ ごめんなさい…。
もう、こんなヤツのことはほっといてもらっていいです…。
(15:20現在421位。)
新々IDバナー
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(気が向いたらクリックしてちょJ

lifelovepain at 12:31|この記事のURLComments(29)TrackBack(0)その他 

2005年08月26日

圧縮めし



サテ、今年の夏の甲子園優勝校・駒大苫小牧高校で、ぶちょーが選手をスリッパで叩いただの何だのが問題になっているが、そもそもの原因は一選手が、
「飯を3杯食べるのをごまかしたため」
である。

これを聞いて、私は大学の陸上部の合宿を思い出した。
そして、
「要領の悪いやっちゃな〜」
とも…。

私の所属していた大学(体育学部)の陸上部でも、合宿中は、
「ゴハンもおかずも欠片も残してはいけない」
という規則があった。

しかし、身体のデカい投てき選手♂と、ひょろっとした短距離選手♀とでは、食べる量が違って当然じゃないだろうか。
しかも、カレーの中に入っている脂身そのものまで食べなければならないのである。

「アホな」
と思った私は、人間として食えないものは、素早く空の牛乳パックの中に隠して、素知らぬ顔をしていた。
練習の直後で、
「食えるか、こんなにいっぱい」
という時は、同級生の投てき選手♂の横に座り、頼み込んでこっそり食べてもらっていた。
納豆の嫌いな選手は、一番最後にそれを口に入れ、ごちそーさまでした、の後でトイレに駆け込んでいた。

こうして、私たちは合宿を生き延びてきたのである。…

「圧縮めし」というのもあった。

これは、丼に、「これ以上白飯が詰め込めるかー!」というブラックホール状態にまで、ぎゅうぎゅうにメシを詰め込んだものである。
なぜそんなものを作るかというと、
気に入らない上級生に復讐するため(ささやかだな…)。
反応の面白い上級生のリアクションを見るため。
であった。

黙々とゴハンを食べていると、上級生の一人が必ず、
「誰や、こんなもん作ったんーーー!!」
と立ち上がって叫ぶ。
必死で笑いをかみしめる下級生。
それでも出されたものは食べねばならぬ、上級生は苦々しくそれを平らげなければならないのであった。

ちょっと前までの時代は、オリンピック選手を輩出する大学でもこんなもんだったのである。
もちろん、こんな規則がいいとは思わない。
スポーツ選手にとって、食事はとても大事だ。
それだけに、今どき「飯3杯が義務」だなんて、非科学的なことをやっている学校があるとは驚きである(しかも優勝校)。

経験的には、くだんのスリッパで殴られた選手は、そういう場面で、ちょっとばかし「ヘマをした」ってところじゃないかという気がする。
そこで、たかがスリッパで10発だか30発だか知らないが、パコパコやられたくらいで、大騒ぎする親ってどうなのだろう。
最近、合宿中に、ケーキ(!)の差し入れをしてくる親がいる、と高校教員の友人から聞いたが、そういうバカ親が「圧縮めし」の実態を知ったら、やっぱり「いじめがあった」とか何とか言い出すんだろうな。

 
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックしてくださると励みになりますJ

lifelovepain at 14:39|この記事のURLComments(22)TrackBack(0)思い出 

2005年08月25日

拒食症患者とダイエッター



恋人Sが最近、ダイエットを始めとる。
決してハンパなものではない。
某大学病院の肥満外来に通っているのだ。

彼はもう何度もダイエットをしているので、理論的なことは一応知っている。
さらに医師・栄養士・健康運動指導士の指導を受けて、忠実にやっているのだから、こりゃ間違いなく体重が減る。
すでに10Kg/2ヶ月 くらい落としたんじゃないだろうか。
詳しい数字は聞いていない。

「今日はあれとこれを食べた」
しばしばSは私に報告する。
私はといえば、激励したいのはやまやまなのだが、拒食症なせいか、タベモノの話が時々気持ち悪くなるのだ。
つまり、困った組み合わせの二人なのである…。

片方は食べないようにしている人間、片方は食べなければならない人間。
そんな人間たちが、一緒にゴハンを食べに行くとどうなるか。

ビール一杯は、必ず、必ず、向こうの席に置かれる。
ハーフサイズのラーメンは、必ず、こっちの席に置かれる。
追加を頼むと、たいてい向こうの席に置かれる。
あまりの体格の違いに、
「あれ?おかしいな…記憶違いか…?」
とばかりに、手を迷わせる店員。

私は「食べたい」と思ったときに食べる必要があるので、今までは食事時間はSが合わせてくれていたが、これからはそうもいくまい。
Sが食事節制しているのを前に、自分はカロリー高めの料理をパクつくのも気が引ける。
そして、Sはタベモノを残すのが嫌いなので、今までは私が食べ切れなかった料理を片付けてくれていたのだが、これから彼はその嫌いなことをしなければならない。
私にもSにも、負担がかかるという具合である。

しかし、折角Sが始めたことだし、私もそれを応援したいと思っているので、ここは両者が譲らなければならないところだろう。

そんなSが、今、もっぱら読んでいるのが、あちこちのダイエットブログである。
ターゲットは、正攻法のダイエットをしていて、体重を明らかにしている人のブログ。
マイクロダイエットなんぞに頼っていては、リバウンド必至というのが彼の自論である。
なので、マイクロダイエット派のブログは、参考にも励みにもならないといったところだろう。

一方、私の愛読ブログの一つは、『逆ダイエットブログ』。
病気で体重が減ってしまわれた方が、頑張って体重増加に努めていらっしゃる内容のブログである。
とことん、真逆をいっている、この人間たちの運命やいかに。


(クリックしてくださると励みになりますJ

lifelovepain at 14:40|この記事のURLComments(26)TrackBack(0)恋愛 

2005年08月24日

あの人は今



「あの人は今」っていったら、週刊雑誌やらその他でいろいろ出てくるテーマである。
芸能人や政治家、スポーツ選手、とにかくその時代を湧かせた人たちが対象である。

ところで、私がフト「あの人、どうなってんだろう?」と思ったのが、「2,000円札の人」である。

2,000円札の顔の人って誰だっただろう?
全く思い出せない…。
そりゃそうだ、4・5回しか手にしてないもの。

― ぐぐる ―

ああ…、表には顔がないのか。
裏に、『源氏物語絵巻』「鈴虫」の絵と詞書、それと紫式部。

すると、2,000円札の「カオ」は紫式部ってことになるのか。
これはちょっと、可哀想すぎる…。
『源氏物語』といえば、日本最高の文学とされている作品だぞ。…

故・小渕元首相の遺産とも言われる2,000円札。
ところが、これは現在の世の中に殆ど流通していない。
しかも嫌われている。
もしこれ、もらったら「あちゃー」という気分になりはしないか。
私はなる。
財布に1円玉が溜まるのと同じくらい嫌で、早く処理したくなる。

故・元小渕首相が2,000円札を造った理由は、経済効果が考慮に入っていたと記憶しているが、結局これは無効に終わった。
私は、故・元小渕首相が、歴史に何か自分なりの記念碑を建てたくて造ったんじゃないかと揶揄するくらいである。
自動販売機が、2,000円札導入のために改修して、どれだけの経済効果があるってのかね…。

連想ゲーム的に思いをはせると、「2,000円札の人」から「故・元小渕首相」へ。
「あの人は今」って言っても、もうその人はこの世にいないわけだが、思うにあの頃の日本はまだ平和なうちだったよな、とつと考えてみたりする。


(クリックしてくださると励みになりますJ

lifelovepain at 11:13|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)雑記2 

2005年08月23日

今日はもう玄界灘。



昨日、ようやく○ivedoorの管理画面リニューアル工事がうちに入ったので、早速新しいブログデザインを試してみた。

が、これがなんだかイケてない。

なので、私はもとに戻そうとした。
ところが、これが戻らないのである(泣)。

普通、ブログデザインを選んでポンすれば、そのまま変わるものではないだろうか。
しかし私の場合、レイアウトが無茶苦茶になって、とても満足できるものにはならなかった。
サイドバーから文字がはみ出ているし、格好悪いことこの上ない。
こんなもの、なんで供給するんだ、○ivedoor…。

CSSをいじくり回した挙句、結局どーにもならんようになってもた。
過去ログのコメント欄なんて、ひどい状態になっている。
リンクさせて下さっている方々、ごめんなさい。
ちょっと時間がかかるかも知れないが、何とか納得のいく形にしたいと思うので。

…で、粘着質の私はこれからもまた試行錯誤します。
ヘンな画面に出会ったら、笑ってやって下さい。
ああ、それとももう疲れて寝てるかも。

最終的にどーにもならなければ、わし、また引っ越そうかなんて考えてます。
もうやだ、○ivedoorも△リエモンも。


(↑ねぎらって下さる方はよろしければポチJ

lifelovepain at 15:15|この記事のURLComments(18)TrackBack(0)日常1 

2005年08月22日

手の甲にメモをする文化



熟年の皆さま、こんにちは。
熟年の一人、由巳ゆみです(笑)。

サテ、熟年の方もそうでない方も、一部若い人の間で「手の甲にメモをする文化」があるのをご存知でしたか。
(何を今さら…かな。)
私がそれを知ったのは、30過ぎてから入った医療系専門学校でです。

初めて見たときは、
「うがっ、なんてことするんだ、きたねぇ」
と思った。
ところが、これを皆が皆、なんの抵抗もなくやっているのを見て、
「…何かいいことがあるのか?」
と好奇心が湧き、フト自分でもやってみた。

すると、これが意外と便利なのである。
私は物忘れがとても激しいので、何かの拍子に「本」(を図書室に返す)などの文字が目に入ると、あ★と思い出すのであった。

こうして、私は、キタナイ手の甲の持ち主となった。
キレイな格好をしたおねーさんが、こんなことをしていたらミスマッチだが、私の場合、どーせ安物のギャル服にでかいリュック姿である。
今は、世を忍ぶ仮の姿、誰の迷惑になるわけでもなし、かまうもんかい。…

ところで不思議なことにこれ、男子はしない。
思うに、男の手の甲は、筋肉のすぐ上に皮膚が乗っかっているため、ペンがつるつる動いて書けないからではないかと想像する。
実際、拒食症になる前からガリガリの手を持っていた私は、皆のように簡単にメモできなかった。
恋人Sに言われ、握りこぶしをぐっと作ってみたら書きやすくなったので、今はそうしている。

しかし、この文化は、学生だからこそ許されるものだろう。
今の私とて、再び職を持てば、そこで「手の甲メモ」をするつもりはない。
キタナイ手を目の前に仕事をされて、気分のいい人はあまりいないだろう。
(第一、何が書いてあるのかすごく気になるぞ。)

ということで、現在のところ無職・世捨て人の私は、ブログのネタやら明日の約束やら、思いついたらすかさず手の甲にメモしている。
へっへっへ。
たまには、こういう立場の利点も享受せねばの。

(クリックしてくださると励みになりますJ

lifelovepain at 10:25|この記事のURLComments(29)TrackBack(0)雑記2 
プロフィール
由巳ゆみ
当ブログについて
◆日常・恋愛・ニュースなど、テーマはいろいろです。エントリー内容よりも、コメント欄の方が面白いことしばしば。
※現在コメント・TBは受けつけていません。

◆当ブログ内の画像の多くは、素材屋さんからお借りしているものです。コピーしないようお願いします。他の画像においても同様です。

◆レイアウトがひどくてすみません。。


Links