ナンパの情報商材を無料で!→こちら

ナンパリーマンのネットビジネス体験記→こちら

歌舞伎町のスカウトマンが書くナンパの方法と水商売の裏事情日記(相互リンクサイト様) →こちら

あえて下心を出さない

こんにちは、ナンパ師のシンゴです。 ナンパがうまくいかない人は、「とにかくヤリたい!」って気持ちが出すぎてます。 下心はひとまず置いておき、クールでスマートでいること。 これは僕の結論なんですが、最初から下心を持ってナンパしてもだいたいダメ、失敗します。 何事も目標を高く設定するとうまくいかないんですね。 ひとまず街中のナンパなら「女性に声をかけ、コミュニケーションをとること」を目標にしましょう。 知らない女性に声をかけるのに慣れてきたら、そこからレベルアップすればいいんです。 慣れないうちは緊張して頭が真っ白になったり、何を言っていいかわからなくなったります。 でも、失敗しても大丈夫。相手はすぐにあなたのことを忘れます(笑) 初心者のころ、僕は徹底して休日の前の日にナンパをしていました。 その方明日を気にせずに飲めますし、連れ込みやすいです。 もちろんアパレルなど平日休みの相手もいますし、どの日がいいとかは言えません。 自分のタイミングでやってもいいと思います。 で、ナンパするところは繁華街ですが、それでも人通りの多すぎない裏道を選びます。 まず、人が多すぎる場所では、人混みが邪魔です。 そのせいで会話が途切れたり、相手の声が聞こえなかったりすることもありますしね。 あくまでも会話をスムーズにすすめるため、人が少ないところを選びましょう。 連れ出したら、いかに相手を楽しませるかに集中! 基本的には個人のプライバシーに関わるような話はしません。 初めて会う人から、家族構成や恋愛、いまの仕事などを聞かれても、やっぱり教えてくれません。 名前を教えることに抵抗のある女の子もいます。 そういうときは、自分が勝手に「あだ名」を付けてしまいます。 とりあえず相手の呼び名があれば問題ないので、サマンサタバサのバッグを持ってたらサマンサちゃん、って感じです。 テキトーです(笑) こういう経験を繰り返して、少しずつステップアップしていきましょう~。 ではまた。

声掛けの基本

こんにちは、ナンパ師のシンゴです。

ゴールデンウィークに特に用事がなく困ってます(笑)

さて、今日もナンパの仕方について。

ストナンをするとき、声かけは真正面からしてはダメです。

もしもあなたが歩いていて、目の前に知らない人が立っていたらどうするかという話。

誰もが、目の前の人にぶつからないように避けることを考えますよね?

ナンパも一緒で、女の子も、あなたが正面からやってくるのをみたら、無意識にあなたを避けることを考えるわけ。

本能として、それが当たり前の人間としての行動です。

つまり、の声かけをするときに、男のほうが相手の正面から話しかけた時には、もう勝負は終わり。

相手は避ける体制に入っているわけです。

女の子からすれば、男って自分より強くて怖い存在です。

ナンパで声かけをしようとして、男が正面から近づいてきたら、女性は怖い訳ですね。

ナンパで声かけをするときに正しいやり方は、正面を避けて、肩越しに声をかける。

これが大事です。

歩いている人の方に体ごと向けて話しかけるのではなく、できれば首だけ相手の方に向ける。

そもそも男女のコミュニケーションというのは、相手が聞いてくれて、自分が落ち着いている状態でなければ、うまく成り立たないですね。

相手を止めることに必死で、結局何もうまく言えずに終わってしまう、なんてのはよくある失敗例。

相手に警戒されないように声かけをするのが一番のポイントです。

あとは、やたらと個人情報を聞かない。

これをストレートに聞くと相手を困らせますので、「へえ~さすが大学生だけあってノリいいねー!」のように、勝手に設定を決めつけるのもアリです。

外してもかまわないし、もし当たれば笑いが生まれます。

外れたら向こうから教えてくれる可能性があります。

警戒されず、楽しみながらナンパしたいですね。

何事も楽しくないと続きません。

そのためにはいろいろ頭を使わないとダメですよね。

これから夏が近づくわけで、さらに自分を鍛えていこうと思ってます。

ではまた。

春だからこそナンパ

こんにちは、ナンパ師のシンゴです。

春は出会いの季節です!

ネットでもストリートナンパでも結果が出やすいですね。

相手のテンションは高く、反応も良いし、アポも取れやすい。

若い女の子がお出かけしたい気分になる時期なんでしょう。 

寒い時期と比べて、凄まじい程に反応率が違いますね~

ナンパデビューに最も適している季節、それが春です。

最近の僕は、気に入った女の子がいたら、「ここって地名で言ったらどこですか?」と聞きます。

これだとシカトされません(笑)

相手はこの会話だと、僕が誰か人と待合せか、あるいはどこか場所を探しているのかなと思っています。

親切に教えてもらえるし、反応が悪い娘だった場合はすぐ切り上げてます。

これは街中でも、本屋でも、パチンコ屋でも、どこでも良いです。

地名はどこにでも存在してますからね。

ただ普通に地名を聞いて、会話を終える。これができるとナンパに慣れてきます。

地名を聞いただけで、無視する人は、基本的にコミュ障で話しててもつまらない女の子です。

そう思っておくと、こっちにリスクはないですよね。

あ、あとは、

「火、持っていますか?」

ってのもいいです。

素晴らしいナンパでのファーストコンタクトです。

実践している方がたくさんいる。これだけで一生ナンパ出来るんじゃないのかなってくらい便利です。

僕はタバコをやめましたが、ナンパする時だけ再開して、どんだけナンパでタバコが使えるのか研究してます(笑)

手順としては、ライターを借りるタイミングで、女の子の肩のゴミをはらってあげます。

ゴミなんかなくても大丈夫。だいたいありません。

で、その後必ず相手から「ありがとうございます」っていわれます。

お互いにありがとうを言う。つまり、お互いに相手を承認する。

このコミュニケーションがあると、ナンパが成立しやすいですね。


ところで、先週末は新宿でナンパしてました。

早朝から夜まで仕事をして疲れていたんですが、アルタ前でこそっとやって、3ラインゲット。

新潟から来た19歳を連れ出し。ネカフェにて即対局。

タバコ3本ほど吸いました(笑)

ではまた。

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ