胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(86)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1266536740/
587: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:27:19
俺は高校の時、DQN4人組にずっと悪質ないじめを受けていた。
チ○ポの写メとられたり、殴られたり、クラスの前でからかわれたり
机に悪口を掘られて、そこに修正液を流し込んで、悪口を消えなくしたり
牛乳パックを投げつけられたり、本当にいろいろされて死にたかった。
俺はそれがトラウマで高校はなんとか卒業したが、大学には通えなくなった。
今は底辺ニートやってるよ。

去年、急に俺のところに高校の同窓会の連絡が来たんだ。
いままで、一回も呼ばれたことなかったのにな。
俺は24歳ニートだったからもちろん断ろうとおもったよ。
でも、しつこく誘おうとしてる奴がDQN4人組の一人だと知った。
俺は同窓会に出ることに決めた。
同窓会が盛り上がってる最中に俺に人生狂わした4人のだれかをぶん殴ってそれで出て行こうと思った。
で、同窓会なんだけど最悪だった。

あいつら4人は本当に最低だった。
あいつら4人は同窓会遅れていった俺の近づいて来て、いきなり誤り始めた。
「昔、いじめて本当にごめん。ずっと反省してたんだ。一度、いじめた俺たち四人全員で誤りたかったんだ」
と言って、真剣に俺に謝ってくる。
同窓会終った後に、更に俺を呼び出して 「お前の傷が治るかわからないけど、本当に許してくれ」
とDQNリーダーは土下座までしてきた。

DQNの二人は旧帝卒のエリートになっていて、
残り二人もしっかりした仕事に就職した立派な社会人になっていた。
俺は悔しかった。DQN4人は最後まで極悪のDQN4人でいてほしかった。
なのに、会ってみると、人のできた立派な人間になっていた。社会的立場も良好だった。
逆に、俺は高校卒業からずっとニート、更にずっとお前らを憎んできて人間性なんて形成されずに止まってる。
社会性なんて身につきもしなかった。
俺の憎しみは対象を失って自分に帰ってきた。
同窓会の日はすごく死にたくなった一日だった。


590: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:38:24
>>587
許すなよバカ
土下座なんか何の意味もない事がわからないのか?

土下座はただの相手の自己満足オ〇ニーです
どんなに悪い事しても、土下座すれば許してくれるだろうと思ってやってます
むしろ土下座してるのに許してくれないと、許してくれないお前の方が悪いって
イメージが土下座です

相手は謝罪金を払う事もなく、自ら傷つく事もなくただ土下座して謝っただけ
本当に反省して謝罪したいのなら、お前の人生狂わした分の謝罪金を要求しろ

一言「土下座なんか誰でも出来る」ってな。
どうせ頭下げてる下で「こうすりゃ許してくれるだろ、へへ。」とか思ってんだろ


591: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:42:39
>>587
高校やめなかったのは凄いな
もし私だったら逃げ出してたし、同窓会も行かなかったと思う


593: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:59:48
>>587
24歳だもん。まだ大丈夫だよ。
少しずつで良いから、外に出なよ。
高校卒業してからの6年は勿体ないけど、もう取り戻せないんだから、
これからの6年、少しずつでいいから楽しみを見つけて頑張りなよ。
まだ遅くないと思うよ。


594: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 01:01:16
>>587
>出来た人間になってた ていくら2ちゃんでも言葉に出来るのは凄いよな
人間性形成されてなくなんかないじゃん。
自分をいじめた人間を認めるなんて大体の奴は出来ない


588: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:29:56
スーっとしないお;;


589: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:37:43
そこは「は?許すわけないじゃんw」だろ。


592: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 00:45:36
謝るという字を誤ってるもんだから激しくぬるぽ


604: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 10:47:25
>>592
ほんとにガッかりだよな。


595: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 01:02:18
コピペとちがうの?


596: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 01:35:27
コピペであって欲しいな


606: おさかなくわえた名無しさん:2010/03/17(水) 11:06:54
587どっかで読んだよ。絶対コピペ。