カテゴリ:ニュース

【速報】 韓国 「イエス・キリストは韓国人だった」 世界に真実を伝えるため、イエスの生涯展を開催
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1381845079/
1: 栓抜き攻撃(愛知県):2013/10/15(火) 22:51:19.95 ID:qZdYVI080
<画像>
ソウル美術館 ”最後の晩餐”
 k1

k1

ソウル美術館 ”イエスの誕生”
 k3



美術評論家ソ・サンロク(安東(アンドン)大美術学科教授)は「ウンボの聖画の中のイエスは西洋人ではなく韓国人であり背景も朝鮮朝の世相を思わせる。
部分的にヨーロッパの図象を借用した跡が見えるが、全般的に服装から背景まで全て土俗的であることを優先視している」と説明する。

詳細 韓国紙 ユニオンプレス(ソース韓国語) [展示ブリーフィング] ウンボの韓国版‘最後の晩餐’ 2013/10/14

http://www.unionpress.co.kr/news/articleView.html?idxno=224551

<関連>
「イエス・キリストは韓国人」で、中国の掲示板が“炎上
中国でインターネットの掲示板(BBS)に「イエスも韓国人にさせられる運命から逃げられなかった」とのタイトルで一連の写真が掲載されたことで(画像)、中国のインターネット・ユーザーが反発している。
写真の投稿者は、「捏造(ねつぞう)ではない。韓国内の神学校で生命の危険を冒して撮影してきた」と説明。

掲載されているのは、聖書にあるイエス・キリストの生涯の有名なシーンを題材にした一連の絵画だが、
人々の服装はすべて韓国の民族服。風景や家屋も、すべて韓国のものだ。同投稿への感想では「厚顔無恥」、「宇宙一の想像力」、「哀れな人々」、「宇宙創造 のビッグ・バンも、韓国人が実施した」など、非難や揶揄(やゆ)の書き込みが相次いでいる。韓国人を指す差別用語を使っているケースもみられる。

韓国メディアの朝鮮日報の報道として、ソウル大学の教授が「大量の史料を調べた結果、 イエス・キリストは韓国の血筋を引いていたことが判明した」と発表したと伝えられた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1030&f=national_1030_011.shtml


6: 急所攻撃(WiMAX):2013/10/15(火) 22:54:44.28 ID:bYhROJDI0
まあ日本の聖徳太子の発想もそれと一緒だしね。


10: キドクラッチ(愛知県):2013/10/15(火) 22:55:24.80 ID:H0k+ULhH0
キリストの墓は日本にあるから


この記事の続きを読む

小室哲哉 「助けて! JPOPはヒット曲の概念が崩壊した! どうやってヒット曲作ればいいの?」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1381769281/
1: デンジャラスバックドロップ(新疆ウイグル自治区):2013/10/15(火) 01:48:01.58 ID:JNbTORRLP
音楽プロデューサーの小室哲哉(54)が最近のJ-POP界について、10月11日(2013年)に
ツイッターで語っている。「ヒット曲根本の概念は崩壊してます。人の選択肢がありすぎて、
共通点が少なすぎる」といい、考えの多様化が「ヒット曲」を生まれにくくしたと指摘する。

東京スカイツリーが「1番」と思う人がいれば、東京タワーが「TOKYOの象徴だ」と思う人もいる。
ユニクロ、GAP、H&M、FOREVER 21のようなファストファッションを例に出し、「モノもいいし、音楽も、
どれも、質は悪くない」と、ある程度のレベルのものが手に入る時代になったと語る。

フォロワーから「それでも『普遍的な何か』は変わらないのでは?」と質問されると、
「普遍的何か、たぶん僕、わかっていると思います。手作業だから少し時間下さい。
音、言葉、間の組み合わせ」と返し、新たなヒット曲作りへの意欲を見せている。
http://www.j-cast.com/tv/2013/10/11186079.html


2: 逆落とし(庭):2013/10/15(火) 01:48:39.88 ID:sdPgBrDh0
小室進行でしかヒット曲つくれねえんだろ


この記事の続きを読む

アメリカで休暇を無制限に取れる企業が増加
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1381748412/
1: 逆落とし(神奈川県):2013/10/14(月) 20:00:12.09 ID:aFMzm2Ue0
(CNN) 1年の中で限られた休暇日数をどう配分するか、もう悩まなくてもいいとしたら――。
米ハイテク業界などで最近、従業員の休暇を無制限に認める企業が目立ち始めた。

「規定なし、というのがわが社の休暇制度」と話すのは、バージニア州アレクサンドリアの金融サービス企業、モトリー・フールのマシュー・トログドン氏だ。
「自分の仕事を各自が最も力を発揮しやすい方法でやり遂げてくれればいい」という。

自由すぎて慣れるのに少し時間がかかるかもしれないが、「ショック期を過ぎれば意外に早く落ち着く」と、トログドン氏は語る。
「日数を数える人がいないとみんな休暇を多く取るようになるのでは」との質問には、「だれも数えていないので不明」という答えが返ってきた。

オンライン動画配信のネットフリックスも休暇に上限を設けていない。同社のハンドブックには「ネットフリックスには服装の規定もないが、裸で出社する人はいない。すべてに規則が必要なわけではない」と書いてある。

米人事管理協会のブルース・エリオット氏によると、無制限の休暇を認めている企業は全体の1%にすぎないが、新興企業やハイテク企業を中心に増加傾向にある。こうしたケースで従業員が実際に取る休暇は平均約3~4週間と推定され、人材確保、勤労意欲や生産性の向上、離職率低減などの効果が期待できるという。

制度の問題点としては、全体のスケジュール調整が難しくなるほか、従業員が不安になり、かえって休暇を取らなくなってしまうとの懸念もある。マーケティング・ソフトの開発を手がけるマサチューセッツ州ボストンのハブスポットも休暇に上限はないが、年間2週間という下限を設けている。ただし会社が記録を取らないため、守っているかどうかの判定は自己申告に頼るしかない。

モトリー・フールでは毎月くじ引きが実施され、当たった従業員は30日以内に2週間の休暇を取らなければならない。休暇中は職場との連絡を一切禁止されるという。
 
http://www.cnn.co.jp/career/35036796.html


2: 膝十字固め(茨城県):2013/10/14(月) 20:02:02.76 ID:PAvmTArK0
給与が出るか出ないかが問題だがな



この記事の続きを読む

このページのトップヘ