カテゴリ:武勇伝

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(105)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1324176141/
302:1/2:2012/01/11(水) 12:07:58.95 ID:aVP0E05p
先日仕事の取引先の個人商店主(以下Aさん)に接待された 
実際は、こっちが接待しないといけない立場なんだけど、俺の事を気に入ってくれてるのか知らないが 
これからも宜しくと、駅前の居酒屋に連れて行ってもらった 
まあ、その居酒屋ってのが負け組叩きのコピペにもなってる白○屋だったんだけど 
俺もAさんもよく飲むから別に何のこだわりも無く適当にツマミを頼んで談笑していた 
で、俺達の隣のテーブルは空いていたんだけど、その空席を挟んで老夫婦が座っていた 
時々、その夫婦の会話が聞こえてたんだけど、二人共「おいしいねえ」とか「こんな珍しいもの田舎には無いねえ」と 
嬉しそうに、そして楽しそうで見ているこっちが微笑ましかった 
そうこうしている内に、段々店も込んで来たのか隣にスーツを着た、見た目20代後半の男性二人組が座った 
その二人は座るなりお互いノートパソコンを開いて、難しい顔でキーボードを叩いていた 
そして、テーブルに置かれた料理を時々食べながら口々に、「なんだこの味?流石負け組御用達チェーンw」とか 
「こんなとこいるの○○達に見られたら俺自殺もんだよw」←○○は多分同僚の名前だと思う 
等々、こいつら周りに人が居るの分かってんのか?と、言いたくなるような事をヘラヘラ喋っていた 
当然、その隣の老夫婦もその会話が気になった様で、気まずそうにしていた 



この記事の続きを読む

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(105)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1324176141/
893:おさかなくわえた名無しさん:2012/02/02(木) 18:15:54.37 ID:KWhxbcZd
中学校時代、公立中学だったのだがその中学が凄く荒れていて、中二の頃、 
同じクラスにとんでもない不良が居た。 

同じクラスのW。格好はド派手で、エラそうで他人をナメた態度を取り、 
もちろん勉強なんかいっさいせず、目つきが悪く、授業中に教室を出たり 
入ったり、歩き回って暴れて授業を潰すどうしようもない不良だった。特に 
酷い時は男の先生に殴りかかったりもしており、暴力団とつるんでいるとの 
噂もあった。しかし、親にろくに愛されずに育ったらしく、彼に同情する 
奴も居た。 


この記事の続きを読む

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(105)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1324176141/
927:おさかなくわえた名無しさん:2012/02/03(金) 07:20:45.31 ID:ca4HIsJ3
ゲームセンターの通信対戦麻雀ゲームをやった 
対戦した相手の中にせこい引っ掛け待ちばかりする奴がいて 
ついにキレた俺はその対戦相手のネームの上に表示されたゲーセン名を見たら 
近所だったのでぶん殴りに行った 


929:おさかなくわえた名無しさん:2012/02/03(金) 08:44:19.92 ID:sMHHoz1m
傷害罪で捕まるよ 


胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(105)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1324176141/
956:おさかなくわえた名無しさん:2012/02/04(土) 06:09:54.39 ID:IS8I3uiV
読んでてふと思い出した、10年近く前に亡くなった叔母の武勇伝。 

朝、通勤用チャリンコの後ろに孫乗せて、にっこにこしながら保育園に預けた後、 
仕事仲間3人と(叔母含めてみんな80歳以上)仲良く仕事場へ通勤中の話。 

DQNカップルが乗った車(多分セルシオとかBIP車)がすれ違いざま、 
灰皿の中身をぶちまけた。 
自転車押してたので、少しだけ他と離れていた叔母の顔面直撃。 
叔母は灰が入った目を押さえながらしゃがんで、「ナンバー!車のナンバー!」と叫んだ。 
その叫びを聞いた仲間の一人が、丁度持っていた紙袋に車のナンバーを正確に控えていたんだとか。 
その後、近くの眼科医に仕事仲間に連れられて処置を受け、失明等異常無くその日は帰宅。 


この記事の続きを読む

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(105)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1324176141/
973:おさかなくわえた名無しさん:2012/02/04(土) 18:32:30.71 ID:7eZrjiRT
流れを読まないで悪いが俺の友達の話投下 

高校生の頃根暗な性格の俺は 
友達がいなかった。そのため通学も一人で電車に乗っていた。 
ある日の帰り、よく
金髪で口の臭い 
チャラ系がドアの真ん前で立ってゲームを 
していた。荷物をそこら中に置いて 
邪魔だったのを覚えている。他の学校の 
女の子が降りようとした時、そいつが 
わざと前に立ちはだかり 
「ちょっと待ってよ~。何高?」とか 
そんな感じのことを言っていた。 
当然女の子は迷惑していた。そこで 
俺は止めようとしたが、根暗な俺は 
何もできなかった。その時、同じ制服 
をきたやつが 

この記事の続きを読む

このページのトップヘ