結婚式の新郎衣装に関するお話|カジュアルウェディングまとめ

カジュアルな新郎衣装を着たい方にウェディングスタイルを提案するオーダーメイドマスターから、「結婚式を自由に楽しむ」をテーマに、新郎衣装に関する情報やシャツや蝶ネクタイなどのコーディネートツールも発信していきます。

2015年04月

新郎衣装の抜群の人気を誇る色と言えばネイビーの新郎衣装です。

テーマカラーではイエローが人気なので蝶ネクタイにワンポイント黄色をコーディネートする方も多いです。


こちらはネイビーのカジュアルなリネン(麻)素材のスリーピースのコーディネートです。
シャツにはネイビーグリーンのギンガムチェック柄のウイングカラー。
蝶ネクタイにイエローのリネンワッシャー素材の蝶ネクタイをコーディネートしています。




こちらはネイビーのカジュアルな千鳥格子柄のスリーピース
ベストが特徴的ですが丸首ベストと呼ばれる衿が詰まったデザインのベストです。
ゴブラン織でペイズリー柄の蝶ネクタイをコーディネートしています。


こちらもネイビーのドレスカジュアルな新郎衣装です。
ネイビー無地のオーソドックスな上下に白黒の千鳥格子柄のベストを合わせています。
こちらのベストも丸首のベストになりまして、リバティ柄の蝶ネクタイを合わせています。



最後になりますがネイビー系でも明るいブルーのカジュアルなチェック柄の新郎衣装です。
このチェック柄はウインドーペーン呼ばれ、窓枠のように大きいチェック柄を指します。

明るめのブルーの格子柄にベストはひとつ前の衣装と同じ千鳥格子柄ですが
千鳥格子柄の色がジャケットのブルーに合わせた明るい青の千鳥格子柄になっています。


ベースの新郎衣装が明るいブルーなので蝶ネクタイはネイビー無地でメリハリコーディネート。


いかがでしたでしょうか。
ネイビーの新郎衣装で御検討中の御新郎様は是非参考にされて下さい。

>>> ネイビーのカジュアルな新郎衣装はこちら <<< 


   
結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

   にほんブログ村 ファッションブログへ   


カジュアルな結婚式の新郎衣装でマストアイテムなのがベストと蝶ネクタイスタイルです。
すべて同じ生地だけではなく、ベストだけ違うスタイルでもコーディネートしてみましょう。



こちらはグレーのヘリンボン柄と呼ばれるオーソドックスな柄に
イエローベースに赤のチェック柄が入ったベストスタイルです。

蝶ネクタイもベストのチェック柄に入っている赤が入った蝶タイを合わせています。
胸ポケットにも同系色のポケットチーフを添えてあげるとバランスよく着用できます。




こちらは明るいブルーとグレーの中間色「ブルーグレー」のご衣装です。
素材感のあるリネンコットン素材にギンガムチェック柄のベストを合わせています。



裏地はワンポイントでポケット口のみ黄色にし、テーマカラーをアクセントに。



リネン特有の柔らかい印象ですが、色柄の濃淡がはっきりとしたギンガムチェックが入る事で
メリハリのあるコーディネートになっています。





いかがでしたでしょうか。
カジュアルウェディングは唯一コーディネートを楽しめる新郎衣装です。

それでは楽しい挙式日をお迎え下さい。


【→結婚式の蝶ネクタイと新郎衣装はこちら←】   



   
結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

   にほんブログ村 ファッションブログへ  

新郎衣装を考える時にまず最初に目につくのがネイビーのタキシードスタイル。
ネイビーのタキシードも大まかにはピークドラペルとショールカラーの2種類があります。

ピークドラペルは下の様な衿(ラペル)の剣先が尖(とが)っているタイプです。



ラペルは拝絹と呼ばれる光沢素材を一般的にはつけます。
また、パンツの側面に側章とよばれる拝絹と同じ光沢素材がつけられます。





こちらはショールカラーの新郎タキシードスタイル


ラペルが丸くなっていて綺麗な曲線美があります。
フォーマルウェアの正装としてコーディネートはカマーバンドをつけます。

カマーバンドとは腹巻きのようなヒダの付いたウエストにつける装飾アクセサリーです。
正しい付け方はヒダが上向きになるようにつけますが、これはチップを入れる習慣からなるものです。

つける時は向きにお気をつけ下さい。


同じタキシードでコーディネートを変えてみるのも一つです。
ポイントとしてはタキシードの上着と共布のベスト作っておく事です。

本来はカマーバンドをつけますが、正装とはまた少し違ったフォーマルスタイルになります。



お次ぎは人気のネイビー系でも明るいブルーの衣装です。

シンプルなスーツスタイルですがモヘア素材などを使うと落ち着いた光沢感と
ぱりっとした素材感でフォーマルな印象を加えてくれます。




フォーマルな中にも遊び心を加えたい新郎様はこちらのようなシャツで遊び心を。


蝶ネクタイはこちらをつけています。



クラシックなネイビーのタキシードスタイルも良いですが
明るめのブルー系の新郎衣装もオススメです。

沢山の御新郎様が最高に楽しい結婚式を迎える事を願っています。


【→新郎衣装のオーダーはこちらからどうぞ←】   


   
結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

   にほんブログ村 ファッションブログへ  


カジュアルなウェディングの中でもガーデンウェディングなどのナチュラル系で新郎衣装を探すのも一苦労だと思います。

キーワードとして「ナチュラル」「カジュアル」が必要ですからね。
挙式場提携衣装だと中々見つからないものです。。。

白やシルバーの光沢系やロングタキシードだとイメージ的に合わせづらいですからね。

パッとナチュラル系でイメージしやすいのが、こんなリネン素材のオフホワイトですが・・・



本日は珍しいガーデンの色味にふさわしいグリーン色のスリーピースです。

ガーデンウェディングと言っても、テントを張る様なアウトドアガーデンから
海や森と言ったナチュラルな雰囲気もあれば・・・

ガーデン付きの木目の落ち着いた家具が揃ったアンティークな雰囲気などケースバイケースだと思います。


●メンズノーカラースリーピーススーツ



丸首型のベストなので通常のV型 ベストスタイルよりも柔らかくナチュラルな印象が
ガーデンウェディングの雰囲気にピッタリと寄り添ってくれると思います。









コーディネートの蝶ネクタイも真っ白よりもオフホワイトでまとめてあげた方が◎です。


【→ガーデンウェディングに最適な新郎衣装はこちら←】
   



   
結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

   にほんブログ村 ファッションブログへ 


新郎もさることながら新婦からも根強い人気があるショールカラーのタキシード。

元来タキシードはフォーマルウェアとしての位置付けですが、少しの外しと遊び心を加えて
一着で上手にお色直しまでのコーディネートできる方法をご紹介。



こちらは超定番のコーディネートですがベースの生地がネイビーのギンガムチェックです。

POINT①:無地ではない所で、まずは外しの第一歩です。
POINT②:通常「拝絹(ハイケン)」と呼ばれるラペル(衿)は光沢素材ですが、こちらは光沢の弱いウール素材のミッドナイトブルーを採用しています。

【コーディネートパターン】
●ショールカラータキシード
●カマーバンド
●ネイビー蝶ネクタイ
●ネイビークレリックシャツ(衿が白い生地になります)




お次はジャケット生地と共布のベストでスリーピーススタイルです。

POINT①:カマーバンドを使用しないスリーピーススタイル。


【コーディネートパターン】
●ショールカラータキシード
●共布ベスト
●ネイビー蝶ネクタイ
●ネイビークレリックシャツ(先ほどのシャツと同様)



最後はお色直しで蝶ネクタイのみ変更したパターン





【コーディネートパターン】
●ショールカラータキシード
●共布ベスト
●レッドカラーモチーフ蝶ネクタイ
●ネイビークレリックシャツ(先ほどのシャツと同様)




いかがでしょうか。
今回のタキシードのポイントをおさらい。


カジュアルタキシードまとめ】
①定番のショールカラーのタキシードですが、表地をギンガムチェックに。
②拝絹と呼ばれるラペル(衿)の部分をツヤ無しウール素材に。
③共布のベストを添えてコーディネートの幅を持たせる。
④お色直しにワンポイントカラーを使い変化を持たせる。

このスタイルであればシチュエーションも様々ですが、
海外で多い「挙式」「披露宴」「サンセット」など3回に及ぶフォトプランにも対応出来ます。

費用も抑えて上手くコーディネートしてみて下さい!!


【→ギンガムチェックのタキシードオーダーはこちらからどうぞ←】   



   
結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

   にほんブログ村 ファッションブログへ

このページのトップヘ