※ 「SUMA(スーマ)な人々」をご紹介 


またも高速道路での話です。

片側2車線以上の通行帯が設けられている高速道路などで、追い越し車線を走行車線と思い込んで通常走行している車があります。見かけた方も多くいらっしゃることでしょう。

2車線の場合、左側が走行車線、右側が追い越し車線です。3車線の場合、左側と中央が走行車線、右側が追い越し車線です。特別な規制区間でない限り、大概このような区分になっています。自動車学校でもそう教えていますし、ドライバーなら最早一般常識レベル。

しかし、走行車線を走っている車両と同じような感覚、スピードで延々と追い越し車線を走行しているのです。当然、追い越しをしようとする他の車両の障害になっています。

こういう車両に進路を塞がれた追い越しをしたい車両は、仕方なくその後ろについて走行することとなります。それでも当初は逸る心をグッと押さえて安全な車間距離で走るのですが、その後ろに他の追い越しをしたい車両が連なり始め、後方車間距離が詰まってきますとそうもいきません。本来追い越しをするためだけに存在している、故に空いている筈の追い越し車線が数珠つなぎ交通と化してくるのです。むしろ一般の走行車線の方が余裕のある走行状態。こうなると異常事態です。すると、「この異常事態を解消できるキーマンは自分だ。自分が前の非常識ドライバーの存在をなんとかすることさえできれば世の中に平和が訪れるのだ。この危険な数珠つなぎ交通は解消されるのだ。この異常事態を正せるのは、私しかいない。いつ、正すのか? 今でしょ! 」と、妙な使命感からとんでもない行動を起こすのです。目の前で、追い越し車線と走行車線の区別もつかず「とろ~り、右側の旅」を決め込んでいる車両に向かって車間距離を極端に縮めていきます。同時に、左右にゆっくりとローリングを始めます。つまり「あおり運転」です。もちろん、道路交通法で取り締まりの対象となる危険運転ですが、本人にしてみれば正義の鉄槌を下しているつもりなのです。

あおり運転をする方もする方ですが、結果として善良なドライバーを、そのような危険ドライバーに豹変させてしまう「とろ~り右側」勘違いドライバー。かの人々は一体何を考えているのでしょうか?

「私は安全運転を徹底しています。走行車線が二車線あれば、その二車線に分散して走行した方が一車線当たりの交通量が減って車間距離を充分に保てるようになります。私が率先して分散、右側の空いている車線を走行します。ああ、快適だなあ・・・。ゆっくり、のんびりドライビングだ。・・・えっ?後ろから車が迫って来たって? そんなことは関係ありません。車間距離を詰められようが、後方が渋滞ぎみになろうが、私くらいの安全速度で皆に走って貰わねば高速道路にはスピード狂ばかりが跋扈するようになってしまいます。・・・あおられてるって? 安全運転の一番の敵は動揺です。あおられようがなにしようが、私は一切気にしません。マイペース、マイペース・・・」というような呟きが聞こえてきそうです。

右側車線が追い越し車線であることを知らない或いは習ったにも拘らず忘れてしまった非常識、それはそれとしましょう。しかし、周囲がどんな状態になろうと自分には関係ないという感覚は、実はとんでもない危険運転なのです。周囲の道路状況、交通状況に合わせて適切且つ安全に走行する義務がドライバーにはあります。周囲のことは一切お構いなしというのでは、どんなにスピードを控えめに走行していたとしても、それは「公共の道なのに我が道を行く」危険運転なのです。

追い越し車線で追い越しもせずとろとろと走行する「とろ~り 右側の旅」ドライバー。本人に悪気がないだけに、その延長線上にある結果が怖い。「こわ~い 右側の旅」。




SUMA(スーマ)な人々「とろ~り 右側の旅」(完)



 ブログランキング・にほんブログ村へ   yubitate-sugasan BlogRanking 2

▲ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています  
▲ より多くの皆様にお読み頂くためにご協力をお願います