image2013年6月1日(土)~9日(日)まで事業開催された “ 公益社団法人 日本青年会議所 東海地区協議会 主催 第40回 JC青年の船「とうかい号」”において、菅沼が講師団長を拝命しました。全、12カリキュラムの研修について、その要旨を講師団長の立場から主として「感動通信」と題してまとめ、乗船中に配信しました。しかし、宿泊部屋に1部ずつの紙資料配信でしたので、全員の方に行き渡っておりません。皆様からのご要望が多数寄せられておりましたので、ライフワーカーズのホームページには原文をUPし、当ブログには文章を転載いたしました。研修に参加した一般団員の皆様の復習に用いて頂くと共に、一般読者の皆様におかれてはご参考として頂きたく存じます。また、一般読者の皆様におかれましては、年に1回開催される当事業に是非ご参加又は参加推薦頂きますよう推奨します。若者がより良い人生のために大きく羽ばたく実り多き研修船事業です。詳しくは東海地区の各青年会議所様へお問い合わせ下さい。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
研修⑩D-2「夢を叶える力」
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

大橋 美雪 先生 の2nd.セッションも大いに盛り上がりました。感動です。

さて、枠組みの確認です。大橋先生の2nd.セッションは「夢を叶える力」というテーマでのセッションでしたが、とうかい号研修プログラムの柱の一つである「夢」を構成する2カリキュラムのうち、残りの1コマという位置づけで実施されました。

先ず、昨日の大橋先生の1コマ目のケアとして「どうしても、やりたいことが見つからない人は、逆に、やりたくないことを探してみて下さい。そこにヒントがあるかも知れません」というアドバイスから始まりました。ナイス ケア をありがとうございました。ナルホドです。例えば、「5年後に○○○というようにはなりたくない。だとすれば、今、何をやっておくべきか。×××をやっておくべきだ。よし、やろう! そうすれば、5年後には○○○にはならず、☆☆☆という状態になる! えっ? それっていいじゃん♪ そうなりたい!」などという具合に、逆の切り口から夢が導き出されるかも知れませんね。

さて、本題です。「夢を叶えるためにはどうしたらよいでしょうか? それは、誰しもが理解している筈です。夢が叶うまで諦めないことです」と、静かに、魅力的な独特の間合いで大橋先生ワールドが展開し始めました。それは、「 1.行動すること 2.褒めること 」だったですね。夢を諦めてしまう原因を皆さんから伺いましたところ、①自分で無理だと限界をつくってしまう ②失敗したときのリスクを恐れて止まってしまう ③世間体(人の目)が気になってしまう ④自分が特別な人間ではないと気がついてしまう ⑤その夢が本当に自分の真の夢なのか迷ってしまう(他にもやりたいことが出てきてしまう) ⑥自分(自分の弱さ)に負けてしまう ⑦自分ならできるという自信が持てない ⑧妥協してしまう(こんなもんで良いか) ⑨病気・怪我で諦めざるを得なくなる 等、短い時間でたくさんの意見抽出ができました(皆さんの発信する力に脱帽!)。そして、大橋先生が、皆さんから上がった「夢を諦めてしまう理由」一つひとつに共感やアドバイスを貰いました。


その中で「私も自信がなかった。そして、今もそういうときがあります。だから、自信が持てるように自分を誘導していくことが大切です」というお話が印象深かったですね。大橋先生の某先輩曰く「人間は皆、器を持っている。その器には水が入っている。その器は、自分との約束を守ることでどんどん大きくなって行く」とのことで、大橋先生もこの教えを胸に刻んで活動しているようです。この比喩で言う「水」とは、恐らく「自信」に相当するものと考えますが、なるほど器自体が大きくなるという発想が面白く、素敵です。大きな器には大きな水(自信)が溜まります。小さな器には少ししか溜まりません。そして、その水の正体は「自らを信じる」と書いて自信。つまり、自分で自分を信じること。「自分との約束を守る=自分を信じられる=器が大きくなる=たくさん水(自信)が溜まる」そういう寸法ですね。このためには、自分で自分に課した事柄を、徹底してこだわりをもってやり遂げる、やり続けることが必要なのですね。「今、自分に自信が持てないという人は、何でも良いです。どんな、些細なことでも良いですから自分に何かを約束して、それを実行して下さい」という大橋先生の言葉には、若いながらも夢を叶えた成功者としての、そして、次なる夢に着実に歩を進めている実践者としての重みがあります。

ここで実験がありましたね。大橋先生が手に持つマジックを登壇頂いた一般団員の方に取って貰おうとするものです。いくら大橋先生が「とろうと思って下さい」と催眠術にも似たメッセージを送ろうとも、思っているだけではどうにもならない。行動しなければできない。マジックを手に取るというような至極簡単なことでも「行動」なしには実現しないということです。当たり前の話ですが、しかし、私たちは何か勉強、体験をするたびに色々なことに気づいては「明日から○○○して行こうと思います」等とつい口走ってしまいます。思うだけでは実現しないのですね。


次に「知覚動行」についてのお話がありました。何かをしようと思ったら(企図)、先ず、しようとすることが何なのか、どういうものなのかを知り、そして、そのために何が必要かを知りながら覚え(記憶や自覚或いはすり込み)、動くことによって行うわけです。動かないと行えないのですね。

さて、ここで更なる実験がありました。いくら行動が大切だと解っていても、行動がなかなか成果に結びつかないと行動は鈍り、終には止まってしまうものです。「これでは夢は叶いません」ということで、一般乗船者の方に登壇頂き、傍観するパターンと声援を送るパターンとでパフォーマンスに違いが生じるという実験をしましたね。結果は歴然でした。そして、当然の帰結として「だからこそ。互いに励ましあいましょう。お互いを肯定的に認め、褒めましょう」という力強いメッセージを頂戴したのです。「人は褒めると結果を出します」というシンプルですが、成功体験者であり実践者であるからこそ、なるほど感たっぷりの教えでした。

最後に、夢を叶えるために重要なのは「意図と方法 何対何か」というテーマでお話を頂き、皆さんには「橋渡りのゲーム」というワークで、それを体験、実証して頂きました。夢を叶えるためには、もちろん方法はどうでもよいということではありませんが、拘りを持つ重要性は「意図に10:方法に0」の割合だそうです。私たちは、問題、課題を目前にして、つい「どうしたらできるのか?」ということを考えてしまいがちです。それはそれで正しくもありますが、しかし、それに囚われてしまって行動に及べないというケースがあります。そして、「なぜやらないのか?」と尋ねると「だって、やり方がわからないから」と言い訳をしてしまうのですね。大橋先生からは、自らの夢の自覚から始まって、その夢(ディズニーの演奏者になる)を叶えるに至る顛末をつぶさにご紹介頂いておりましたが、振り返ってその様子を想像するに、当に「意図」だな。意図が強ければ、次から次に方法が見つかり(教えて貰ったり、試して気がついたり、巡り合ったり)、成功に辿り着き、振り返ってみれば、こんなにもたくさんの方法を駆使したのだなとご自分でも驚かれたことと推察します。橋渡りのゲームを通じて、皆さんは大いに盛り上がりながら大橋先生の主張に共感、そして自信を増幅した筈です。2階から見ていても、実に皆さん活き活きとしていらっしゃいました。そして、チームリーダーも共にこのワークに参加して、益々の一体感と、共学の喜びを味わわれたようです。

結論です。大橋先生は皆さんに、こうメッセージして結びました。「とうかい号も残り僅かです。せっかっくのバディ、そして、絆を深めたチームメンバーがいるのですから、普段の生活で気がつかない自分の良い部分、素敵な部分を言って貰って下さい。なんですか?と尋ねたら、きっと教えてくれます。そして、自信を強めてください。褒めあう素晴らしさ、褒めあう文化、褒めあうクセをつけるきっかけを、残り僅かの研修船生活で是非見出して下さい。そして、諦めないで下さい。皆さんが夢を追いかけている後姿を見て、もっと若い人、小さな子供たちが夢を自然に追いかけていくようになります」。そして、恐らくこう仰られたかったものと推察します。その先に、素敵な未来が、日本があるのです。それが夢在人として時代の灯火になるということです!」と。

大橋先生。本当にありがとうございました。最後のワークと結びのメッセージに大感動です。最高の大団円、そして、大橋先生と皆さんのコラボレーションに喝采を送ります。


2013.6.7. 菅沼 義一



追伸 大橋先生のセッションのクローズを以って、研修ノート50ページ「私の決意Ⅴ」は仕上げることができます。(菅沼)



yubitate-sugasan BlogRanking 2