doon-mogurofuu-sugasan悪事を働いているわけでもなく、とりたてて生活に過不足があるわけでもないのに、次のように考えたことはありませんか。

「こんなことやっていて、なんの意味があるのだろうか」

或いはなにがしかの目的に向けて一所懸命に活動をしているにも関わらず、指示された行為に納得がいかない時に、次のような思いに駆られたことはありませんか。

「こんな意味のないことやってられるか」

そうです。これらの考えや思いは「人間が意味に生き、意味に殉じる生き物である」が故に、自分自身の中に意味が見いだせないことを行うことに嫌気が指す心的アレルギー反応なのです。


さて、再度皆さんに問いかけます。先ほどは仕事について問いましたが、今度はそれを含めてお尋ねします。


あなたは人間らしい生き方をしていますか?


meetingzatudantanosige

もちろんこの意味における人間らしさとは、意味に生きること。意味を大切にすること。つまり個人と全体(社会)が表裏一体になってより良く成長、進化し続けることにこだわり、それを追究し続けることを言います。

用件を処理することに追われ、そうした日常に埋没しがちな方は、時々立ち止まって日頃のご自分の活動や振る舞いを見つめ直されると良いでしょう。そして、その生き方に人間として矛盾がないかどうかを確認なされることをお薦めします。


それではそろそろこの辺で、マルクスの言う自己実現について振り返り、その真意を正しく理解し直すことといたしましょう。

覚えていますか。この章(子カテゴリ「02 自己実現ってなに?」)で人間について考えるきっかけとなった文章です。

kakomare-iroenpitu-colorful

- - - - - - -

人間の合目的な生産活動の過程で,ある対象に働きかけ,それを獲得しながら,人間としての豊かな自己の能力や個性を実現させていこうとするもの。

- - - - - - -

マルクスは上記が自己実現であると言っているのです(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 )。

このマルクスの自己実現の定義の中で、もっとも誤解されやすく、そして陳腐化されやすい部分が、冒頭「人間の合目的な生産活動」という部分でありました。

うすっぺらく安直に文章を読むクセがあると「人間の合目的な生産活動」を、「人間がある特定の目的をもって協働生産活動をする」というようなニュアンスで理解しがちであることは、記事「02c. マルクスの言う自己実現」で述べたとおりです。

dokusyo-woman

しかし、当子カテゴリの記事を「02a. 自己実現ってなに」→「02b. マズローの言う自己実現」→「02c. マルクスの言う自己実現」→「02d. 学校を卒業しても学び続ける意味」→「02e. 人類の歴史は進化の歴史」→「02f. 人間は極めて社会性の高い生き物」→「02g. 人間性の核」と順番に読み進めて頂いた皆さんには、もう、そうした誤解の心配は要らないでしょう。

人間とはなにかについての正しい理解があれば、この「人間の合目的な生産活動とは・・・

個人と全体(社会)が表裏一体となってより良く成長、進化していくための生産活動

・・・であることは明らかです。

つまり・・・

「人間の合目的な生産活動」とは
「人間の[ある特定の目的をもった協動]生産活動」ではなく
「人間の[本来の人間としての目的=意義に向かった]生産活動」である

・・・ということです。


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
2つの「ヨイネ」評価を頂けると励みになり、とても嬉しく存じます。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


 ブログランキング・にほんブログ村へ   yubitate-sugasan BlogRanking 2

▲ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
▲ より多くの皆様にお読み頂くためにご協力をお願います
▲ 2つのイラストボタンを1クリックずつお願いします

イラストボタンについてのご説明とお願い ─ ─ ─ ─ ─
上記それぞれのイラストボタンをクリック頂くと、それぞれのランキングサイトで、当ブログの人気ポイントが1クリック分付与されます。但し、それぞれのランキングサイトでは、1利用者あたり、1日につき1回に限ってポイントが付与されます。当ブログ全体で、1利用者あたり、1日1クリックのみ有効です。当ブログの異なるカテゴリや記事で同日中にイラストボタンをクリック頂いても、1日当たり1クリック分しか有効カウントされません。日をまたいで少しずつご講読頂き、日毎いずれかのカテゴリ、記事から、それぞれのボタンをクリック頂けると嬉しく存じます。それぞれのランキングサイトで人気上位となると、広く一般に、たくさんの皆様に当ブログが露出されます。記事内容に共感、賛同頂ける皆様は、イラストボタンのクリックに、是非ご協力ください。尚、それぞれのイラストボタンをクリックすると、それぞれのランキングサイトのページが別画面で開きますが、ポイントに関しては、その後の手続きは不要です。