kyoumikoukisin-nigirisushi-sugasan表現を変えて、更にわかりやすく自己実現を説明するなら、それは・・・

「個人と全体(社会)が表裏一体となってより良く成長、進化するために行われるなんらかの生産活動の中で、その方向に沿って確かに能力や個性を養いつつ、自らのそうした『あり方』を練り上げていこうとする意志や考え方、嗜好性、感覚、行動や行動パターンの鮮明化、先鋭化によりハイレベルな充足感を得ること」

・・・であると言えます。

然るに自己実現に絡む個性は「単なる個性」ではなく、個人と全体(社会)が表裏一体となってより良く成長、進化する方向で有益なもの、つまり高い「社会性」を備えたものでなくてはならないとも念を押しました。

人それぞれが、相手や周囲のことお構いなしに好き勝手なことをやっていたのでは、個人と全体(社会)が表裏一体となって成長、進化することはできませんから、当たり前と言えば当たり前の話です。

goodenefukusu

この「社会性」という観点で、直前記事ではモンスターペアレントと揶揄されるような親御さんの事例をご紹介したのですが、この記事ではそうした親御さん或いはその予備軍たる親御さんに育てられ悪影響を受けてしまった方、若しくは逆に意識の高い親御さんであるが故につい言いすぎてしまい、結果、それに反発してしまった方などに多い個性に関する誤解を紹介さしあげます。

それは個性と同等の意味合いで語られる「らしさ」というワードについての誤解です。


人類始まって以来、最も個性の尊重が叫ばれる今日にあって、「あなたらしさ」というワードはすっかりおなじみであろうと思われます。

そこで問います。

「らしさ」とはなんでしょう。

「あなたらしさ」とはどのようなものなのでしょう。

この観点で誤解が過ぎて傍若無人、はた迷惑な人になってしまっている方も散見されますから要注意です。


まずは「らしさ」について定義しましょう。

danseisiletjump

それは・・・

存在や言動によって、社会通念上或いは周囲の人々が抱く象徴的期待に応え、人々をその気にさせる力

・・・のことを言います。

例えば皆さんは、お寿司屋さんにいかれる際になんらかの期待をなさる筈です。その期待の正体とはなんでしょう。もちろん「美味しい寿司を食べたい」というものであることは言うまでもありませんが、美味しい寿司とは即ちそれを象徴的に表現するなら、いったいどういう表現になりますでしょうか。一般論で言えば、それは「ネタの新鮮さ」でありましょう。

もちろん職人さんの高いお客様意識に裏打ちされた技術だとか、仕込みの丁寧さとか、もっと具体的に言えばシャリの炊き方、にぎりの絶妙なタッチとか、通と言われる方々が主張される寿司の美味さを語る表現やワードは多数に上るでしょう。

しかし、寿司と言えば海鮮寿司が一般的となりつつある今日、その美味しさの象徴は「ネタの新鮮さ」と表現される方が大半でしょう。つまりお寿司屋さんに向けられた社会通念上の象徴的な期待は「美味しい寿司=ネタの新鮮さ」なのです。

その期待に存在や言動によって応えることができる寿司職人さんが「らしい」寿司職人さんであり、そういう寿司職人さんが生き生きと活躍しているお寿司屋さんが「らしい」お寿司屋さんということになります。

では「らしい」寿司職人さんの存在や言動の特徴はなんでしょう。

それはスピードと威勢のよさです。

ichiba-yoakemae

夜が白む前から市場に行き、一分一秒争って競り落とし、一分一秒争ってそれを持ち帰り、一分一秒争って鮮度管理や熟成或いは店の生簀に泳がし、注文が入れば一分一秒争ってそれを捌き、握り、「へい。お待ち」と手早く、威勢よく提供してくれる。その一分一秒争う様が、つまりはネタの鮮度に対するこだわりを象徴していて、それがサービスという観点で少々粗忽であったりしても、例えそうしたマイナス作用があっても意にも介さない。そういった鮮度に対するこだわりの姿勢と言動が、「美味しい寿司=新鮮なネタ」を提供してくれる店を強く印象させるわけです。

人間、感情の生き物です。そうした強い印象は味覚に影響を及ぼします。例えそれが並レベルの寿司店であったとしても、それを美味しいお寿司屋さんと認識せしめるわけです。「ここの寿司はうまい」「ここのネタは活きがいい」と。


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
2つの「ヨイネ」評価を頂けると励みになり、とても嬉しく存じます。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


 ブログランキング・にほんブログ村へ   yubitate-sugasan BlogRanking 2

▲ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
▲ より多くの皆様にお読み頂くためにご協力をお願います
▲ 2つのイラストボタンを1クリックずつお願いします

イラストボタンについてのご説明とお願い ─ ─ ─ ─ ─
上記それぞれのイラストボタンをクリック頂くと、それぞれのランキングサイトで、当ブログの人気ポイントが1クリック分付与されます。但し、それぞれのランキングサイトでは、1利用者あたり、1日につき1回に限ってポイントが付与されます。当ブログ全体で、1利用者あたり、1日1クリックのみ有効です。当ブログの異なるカテゴリや記事で同日中にイラストボタンをクリック頂いても、1日当たり1クリック分しか有効カウントされません。日をまたいで少しずつご講読頂き、日毎いずれかのカテゴリ、記事から、それぞれのボタンをクリック頂けると嬉しく存じます。それぞれのランキングサイトで人気上位となると、広く一般に、たくさんの皆様に当ブログが露出されます。記事内容に共感、賛同頂ける皆様は、イラストボタンのクリックに、是非ご協力ください。尚、それぞれのイラストボタンをクリックすると、それぞれのランキングサイトのページが別画面で開きますが、ポイントに関しては、その後の手続きは不要です。