mitomerunetaippaiaru-rasisadotti-musimegane-sugasanそれでは “ あなた「らしさ」” と “ 自分「らしさ」” の違いについてご説明しましょう。  

この2つの「らしさ」ですが、大抵の場合、日常においてほぼ同意に扱われていますが、実は全くの別物です。

日常会話では、厳密な言葉の意味だけではなく、前後のシチュエーション展開の脈絡も踏まえてワードやセンテンスが理解されます。そうした点では “ あなた「らしさ」” も “ 自分「らしさ」” も会話の中では上手にニュアンスされているのかも知れません。

business-man-woman-communication-smile

しかし対話において物理的な相手がいないような場合、つまり自己対話、自問自答のようなケースでは、会話のシチュエーションの脈絡はほぼ存在しません。そこには自分自身の純粋な思考展開しかありません。

私たちは言葉によって思考をしています。純粋な思考展開とは、即ち自分自身が認識している言葉の持つ意味の純粋な展開ということになります。思考中の言葉は物理的な音として耳で聞き取ることはできませんが、しかし私たちは確かに言葉によって意味を特定し、その特定された意味の展開によって思考をしているのです。

このように思考を補完する材料がない場合は、言葉一つひとつの意味合いに対する正しい理解がとりわけ求められます。言葉の持つ意味を表面的に浅く捉えていたり、テキトーに理解してその実誤認しているようでは、思考展開は堂々巡りをしてしまったり、ときにはとんでもない偏った思念や概念を形成するに至ります。

「らしさ」というワードは、皆さんが真の意味で自己実現をするうえで、時に迷いから自らを救い出すとても重要なキーワードとなります。せっかくの機会です。 “ あなた「らしさ」” と “ 自分「らしさ」” の違いについて再確認し、自らのあり方を見つめ直すきっかけを掴んで頂きたく存じます。

ojizousama


さて、前の記事では・・・

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
「あなた」という二人称が冠されている以上、 “ あなた「らしさ」” とは、あくまでも相手からした私(=皆さん)の認識なのです。しかもそれは、相手と自分とのこれまでの人間関係を踏まえた、相手にとっての「接しやすさ」が基準になっているのです。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

・・・と述べました。

この切り口からご説明するなら、 “ 自分「らしさ」” とは、相手がなにをどう思おうと関係がありません。自分の自分自身に対する主観的な判断に基づいて認識されるものです。それはある意味自己完結型の認識であり、場合によってはとても乱暴でもあります。

man and woman -ranbou-violent


さあ。 “ あなた「らしさ」” の定義と比較してみましょう。まず “ あなた「らしさ」” の定義についての復習です。 

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
あなた自身の言動や、その言動パターンが醸し出す存在感によって、あなたがいつも接している周囲の人々があなたに抱く安心材料としての「こうあって欲しい」「こう立ち居ふるまって欲しい」という象徴的期待に応え、周囲の人々があなたに対して肯定的に接していこうとする気持ちを高める力
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

そして、“ 自分「らしさ」” の定義です。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
自分自身の素朴で純粋な言動や、その言動パターンが紡ぎ出す特定のパターンと結果によって、自分自身が自分自身に抱く好感材料としての「こうでなくっちゃ」「こう立ち居振る舞うことが最も自然で心地よい」という象徴的期待に応え、自分自身が自分自身を更に肯定的に受容していこうとする気持ちを高める力
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

woman-onegaijosei-smile

“ 自分「らしさ」” が高じると、「そう、そう。やっぱり私はこうでなくっちゃ」と、かなり自分自身を肯定的に受容し、人生の先行きが楽しく思えるようになります。

逆に “ 自分「らしさ」” が見いだせない言動の連続線上では、仮にそこに取り立てて問題がなかったとしても、妙な息苦しさや違和感を感じてしまい、心からハッピーとはなかなか言えない状態となります。

近年は、心の病が蔓延る社会世相であるからこそ、ややもすれば「相手のことはお構いなし」といった乱暴さはあるものの、ストレス社会をサバイバルするための精神衛生上、“ 自分「らしさ」” が叫ばれ、自分らしく生きることが重要視されているのでしょう。


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
2つの「ヨイネ」評価を頂けると励みになり、とても嬉しく存じます。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


 ブログランキング・にほんブログ村へ   yubitate-sugasan BlogRanking 2

▲ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
▲ より多くの皆様にお読み頂くためにご協力をお願います
▲ 2つのイラストボタンを1クリックずつお願いします


イラストボタンについてのご説明とお願い ─ ─ ─ ─ ─
上記それぞれのイラストボタンをクリック頂くと、それぞれのランキングサイトで、当ブログの人気ポイントが1クリック分付与されます。但し、それぞれのランキングサイトでは、1利用者あたり、1日につき1回に限ってポイントが付与されます。当ブログ全体で、1利用者あたり、1日1クリックのみ有効です。当ブログの異なるカテゴリや記事で同日中にイラストボタンをクリック頂いても、1日当たり1クリック分しか有効カウントされません。日をまたいで少しずつご講読頂き、日毎いずれかのカテゴリ、記事から、それぞれのボタンをクリック頂けると嬉しく存じます。それぞれのランキングサイトで人気上位となると、広く一般に、たくさんの皆様に当ブログが露出されます。記事内容に共感、賛同頂ける皆様は、イラストボタンのクリックに、是非ご協力ください。尚、それぞれのイラストボタンをクリックすると、それぞれのランキングサイトのページが別画面で開きますが、ポイントに関しては、その後の手続きは不要です。