balance sugasan - doti自己実現の場の選択について考えています。前記事からの続きです。

なぜ、2つしかないお薦めパターンのいずれもが、「仕事」主軸で推奨されるのでしょうか。

端的に言えば、それは人生において、社会生活を破綻させないためです。

ご説明の前に、念のため再度、自己実現の場の選択肢についておさらいしておきましょう。それは以下の3つでした。

①仕事
②家庭生活
③趣味・趣向の活動

familly-group photo-three generations

さて仮に、②の「家庭生活」が自己実現の主軸の場であり、それが叶いつつあるとしましょう。あくまでも一般論ですが、例えば、家庭生活において自己実現を強く望む中年の父親がいたとして、こんな感じ。

- - - - - - - - - - - - - - - - -
「夫婦円満。自分が子の立場としても親子円満。親の立場としても親子円満。多少の痛いかゆいはあるものの概ね家内安全。家族皆が健康優良。子供たちは成績優秀でスポーツに秀で、学校生活においては誰からも好かれるリーダー的存在。そして進級、進学も全く問題なし。堅実でしっかりとした将来の夢も持ち合わせており、そこに向けて粉骨砕身、努力を惜しまない。決して裕福とは言えないが、子供たちが大学を卒業するまで、そして結婚するまでの資金についても、親として恥ずかしくないだけの算段はできている。そのためには慎ましやかな生活ではあるが、それもまた愉しである。一方、自らが子としての存在にあっては、同居して隠居している両親からの信頼も厚く、自らの子育てについても、夫婦関係についても余計な口出しは一切ない。目を細めて様子を見守っていてくれる。こうした一連の肯定的な状態に至るには、もちろん少なからず紆余曲折があったわけだが、決してへばらず、あきらめず、やけにならず、陰に陽にと努力を惜しんでこなかった。そしてそれに家族も応えてくれてきた。助けてくれてきた。そうやって絆を強めながら今がある。家族に歴史あり。そしてそれに確かな愛着と感謝、手ごたえを感じている。今では遊びに来る友人も親類も、理想の家族、理想の家庭運営として、羨望の眼差し。それでもなお、より一層高い家族の理想の形を追究していく日々にある」
- - - - - - - - - - - - - - - - -

Ideal family and myhome - image - hand on miniature house

どうでしょう。理想の基準やあり方は人それぞれでしょうが、一般論からすれば、絵に描いたような家庭生活と言えるのではないでしょうか。

このように②の「家庭生活」が自己実現の主軸でそれが叶いつつあり、一方で①の「仕事」が自己実現の補助軸であったり或いは補助軸ですらなかったなら、そして仕事がうまくいっていなかったならどうでしょう。その休み明けは、バラ色の家庭生活から灰色の仕事場へと向かうことになりますし、そこになんら建設的な「どうこうしたい」という想いが存在しないわけですから、なんとも気が進まない出勤となるでしょう。

それでも愛する家族のために、重たい足取りながら、逃げることなくどうにか職場に辿りついたとします。それはそれで立派です。しかし理不尽な仕打ちや心無い言葉を、四六時中、あちこちから投げかけられるようであれば、仕事場での立場が針のムシロの上に正座しているような状況が続いているようであるならば、都度考えるのは「家族のためだ」「耐えなければならない」との使命感然としたものばかり。そして、そうした苦役に耐えたご褒美として設定される家族との幸せな時間を思うと、「早く家に帰りたい」「家族の笑顔に触れたい」「息子のためにこんなことをしてやろう」「娘のためにあんなお膳立てを考えてみよう」「次の休みは皆で〇〇にいこう」等々。

antique balance - nature back

現実が辛ければ辛いほど、そのストレスを緩和するために心が自然にバランスを取ろうとしますから、考えるのはバラ色の家庭生活のことばかりとなるわけですが、こうなるとたいていの場合、朝、職場に到着した途端、やおら次の休日までのカウントダウンが始まり、仕事そのものは我慢大会と化すでしょう。

こうしたケースで危惧されることはなんでしょうか。それは常態化による思考停止と淘汰です。

仕事が自己実現の主軸たるステージとして選択されておらず、一方で家庭生活での自己実現がまずまず叶ってしまっている或いは叶いつつあると、仕事で上手くいっていなくても、全体としては、そこそこに満足してしまうのです。仕事での苦行も、ともすると、家庭生活での自己実現のために必要な我慢であると自分自身に言い聞かせ、淡々とうまくいっていない仕事を繰り返していくようになっていくのです。

このようでは、いくらまじめで責任感のある人でも、そこに投げ出さない美徳を見てとったとしても、仕事を発展させていくような期待を抱くことはできません。どれだけ仕事が間に合わなくとも、上司や会社が期待するなにものにも一切目もくれず、聞く耳をもたず、黙々と自分のペースで、ただ投げ出さず、愚痴を言わずにやっていくようであります。

business man - PCwork - hold head zangyou - nayami

一昔前までは、そういう人であってもそれなりに重宝されたものです。しかしそれは、仕事を取り巻く環境の変化が比較的緩やかであった時代で、なににつけ選択肢が少なかったからです。変化の激しい現代となっては、そうした人は、残念ながら組織や会社にしてみればストレスにしかなりません。「こうしたい」「ああしたい」という会社や組織の理想があったとしても、手を変え品を変え、それを訴求しても、我関せずと、今までやってきたことを同じように繰り返すのみ。これでは一向に諸問題は解決しません。そして選択肢は多く、変わりの人はいくらでもいるのです。

こうした存在と許容の延長線上では、早い、遅いはあるでしょうが、命運は明らかです。

現代社会のビジネスの最前線では、常に新しい基準や枠組みへの適応と、その予兆を捉えて先回りした対応、施策を講じていくことが求められます。最先端技術者や発明家でなくても、「イノベーション」が連呼され、求められる時代なののです。

今日、発展性のない仕事ぶりが定着してしまった人は、悲しいかな淘汰されていってしまいます。

selection-touta-mozu-suzume

結果、職を追われ、会社を追われ、まじめでさえあれば誰もができる定型業務を、低賃金に喘ぎながら黙々とこなしていくしかなくなります。

しかし定型業務とは、即ち作業であり、作業は作業量が多い時にはその担い手がたくさん必要なのですが、作業量が少なくなると余ります。景気が悪くなれば、大概の企業では作業量は減りますから、作業の担い手はダブつき、そのダブつきを放置しておくと企業の生産性はどんどんと低下し、その累積によって企業経営は立ち行かなくなります。

よって景気が低迷してくると、そのダブつきを早々に是正しなくてはならなくなります。ダブつきをとるのです。そこで行われるのが作業の担い手の選別と切り捨て、つまり更なる淘汰です。

クリエイティブな仕事による好待遇、高収入を諦める代わりに、定型業務と低賃金を選択せざるを得なかった人々は、悲しいかな景気の好不況によって、都度就労が脅かされていくこととなるのです。「低賃金でも安定さえしていれば生活の算段ができる」という人も少なくありませんが、このようなケースでは、低賃金であるからといって必ずしも安定せず、逆に不安定な生活を余儀なくされるのです。

こうなると、廻りまわって、家庭運営に支障をきたしかねません。

unkai-nature-change

家庭生活における自己実現はとても大切です。しかし仕事における自己実現の希求なくして、雇用や商売の安定、つまり会社や組織或いは社会から選ばれ続けるということはありません。仮になんらかのラッキーが重なって、環境要因だけで選ばれている状態であったとしても、環境は好む、好まざるに関わらず常に変化しています。環境要因だけでは、理想的な状態は長続きしないのです。

そもそも家庭は共同体であります。自己実現ではなく、言うなれば「家族全員の自己実現」=「家族実現」が必要です。そのために、家庭の運営費を稼いでくる主担当者としての父親たれば、その役割と責任を全うし続けていくためには、それが不安定なものになってしまってはいけないのです。

「仕事だけじゃないだろう」というような問題提議が声高に叫ばれる昨今です。確かにそうです。しかし気をつけなければなりません。人間、いつからそんなに偉くなったのでしょうか。

そもそも、「人間にとっての仕事」をどう捉えるかについて、奢り、高ぶり、迷妄があってはいけません。


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
2つの「ヨイネ」評価を頂けると励みになり、とても嬉しく存じます。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


 ブログランキング・にほんブログ村へ   yubitate-sugasan BlogRanking 2

▲ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
▲ より多くの皆様にお読み頂くためにご協力をお願います
▲ 2つのイラストボタンを1クリックずつお願いします


イラストボタンについてのご説明とお願い ─ ─ ─ ─ ─
上記それぞれのイラストボタンをクリック頂くと、それぞれのランキングサイトで、当ブログの人気ポイントが1クリック分付与されます。但し、それぞれのランキングサイトでは、1利用者あたり、1日につき1回に限ってポイントが付与されます。当ブログ全体で、1利用者あたり、1日1クリックのみ有効です。当ブログの異なるカテゴリや記事で同日中にイラストボタンをクリック頂いても、1日当たり1クリック分しか有効カウントされません。日をまたいで少しずつご講読頂き、日毎いずれかのカテゴリ、記事から、それぞれのボタンをクリック頂けると嬉しく存じます。それぞれのランキングサイトで人気上位となると、広く一般に、たくさんの皆様に当ブログが露出されます。記事内容に共感、賛同頂ける皆様は、イラストボタンのクリックに、是非ご協力ください。尚、それぞれのイラストボタンをクリックすると、それぞれのランキングサイトのページが別画面で開きますが、ポイントに関しては、その後の手続きは不要です。