[「仕事を通じて成長すべき意味」第1号記事 ]


seityousinakya-sugasan職業人たる私たちは、なぜ学ばなければならないのでしょう。学校を卒業しても尚学び続けなければならない真意はどこにあるのでしょう。

「なんで忙しい最中に研修にいかなくちゃならないの」「研修に行くだけでも大変なのに、なんで手間のかかる事前学習迄やらされるの」などの疑問や愚痴に対する答えでもあります。

それは「人間として生きることの本質的且つ核心的な意味」を考察することで必然的に導き出されます。さあ、考察を深めてまいりましょう。


人間として生きることの本質的な意味。結論から申し上げると、それは「より良く成長すること」にこそ見いだされます。

それが人間としてこの世に生を受けた者の本質的な使命であり、然るに成長することそのものが人間性であるとさえ言えます。

当然ながら、成長しなくても良い、このままで良いと考えるのは人間性の欠如であり、成長はしたいが「いずれ時期が来たら」とか「環境が整えば」などと呑気であったり依存的であるなら、それは人間性という観点では甘えがあると評価せざるを得ません。

それでは人間として生きる意味が成長にあることについて、人類の進化を辿ることによって検証を試みてみましょう。




 ブログランキング・にほんブログ村へ   yubitate-sugasan BlogRanking 2

▲ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています  
▲ より多くの皆様にお読み頂くためにご協力をお願います