お久しぶりです!

9月3日に「健康学習セミナー」が開催されました。
今回は、弊社の健康管理士3名がこのセミナーに参加させて頂きました。

fuk221
会場:都久志会館(福岡市中央区)

健康管理士 : 中村 ひとみ
こんにちは。
今回のセミナーでのお話をお伝えします。
「生活習慣病予防、改善の為の運動の科学の基礎知識」
講師に中村学園大学栄養科学部  熊原 秀晃先生

現代の社会では、欧米食の普及、車の保有台数の増加で
糖尿病、肥満、高血圧が増加してきています。
摂取エネルギーを減らし、消費エネルギーを増やして
持久性、体力(最大酸素摂取量)を心掛けて下さい。との話が
ありました。

私自身、年齢と共に歩く事が少なくなってきたように思い、
日常生活の中で、歩く楽しみを見つけて、健康な身体づくりを
もう一度考えてみようと思いました。


健康管理士 : 野口 沙南
こんにちは。
今回のセミナーでは、自動車の普及による「運動不足」・・・
それが原因で増えてきている「生活習慣病」についての事が
メインとなっていました。

一日の生活の中で、必ず空白の時間があると思います。
まずは、その時間を上手に使い、毎日10分歩くだけでも
健康のための体質改善になります。是非試してみてはいかがでしょう?


健康管理士 : 今塩屋 欣希
こんにちは。
今回のセミナーのお話の中に糖尿病にまつわる話がありました。
車の普及や食文化の欧米化と糖尿病の方の罹患率が比例している
というお話を聞き、ビックリすると同時にやはり運動不足と栄養の
偏りが糖尿病の原因に深く関係している事を改めて実感しました。

この事をお客様へのカウンセリングに活かしつつ、まずは自分自身の
食生活の見直し、運動不足の解消を意識し、生活習慣病の予防に
努めていきたいと思います。