ブログネタ
ワイン に参加中!
Les Caves du Clocher Cotes du Rhone Villages 2010

20150414_01

地元のワインショップで購入した、フランス共和国産の赤ワインです。以前飲んで美味しかったEギガル社のA.C.コート・デュ・ローヌ ルージュを買いにお店へ行ったのですが、何故か帰りの車の助手席には、ギガルよりも600円程安いこのA.C.コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュが鎮座しておりました。


20150414_02

【ワインデータ】
生産国:フランス共和国
生産地方:コート・デュ・ローヌ地方
等級:A.C.コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ
タイプ:赤・ミディアムボディ
アルコール分:13%
生産年:2010年
ぶどう品種:グルナッシュ カリニャン サンソー シラー


【Myテイスティング】
外観:澄んだルビー色。濃淡は濃く、黒みを帯びている。やや強めの粘性が見られる。濃縮感がある印象。
香り:ブラックベリー、ドライハーブ、血液、黒胡椒、丁子、甘草などをしっかりと感じる。
味わい:やや強めのアタック=まろやかな甘味と、なめらかな酸味、そして強いタンニン。アルコール感はやや強めで、タンニン中心の余韻が8秒程続く。


これは、そこそこ美味しいローヌ産のシラーです。

まず、香りが好いですね。グルナッシュが主体という情報もありますが、この野生動物の血液の様なワイルドな匂いはシラー種の特徴丸出しといった感じです。

口に含むと、適度な甘味と適度な酸味、それらに対する力強いタンニンがしっかりと感じられ、味わいのバランスは悪くありません。タンニンの成分の殆どが渋味だけという点はお値段なり…というか、ちょっと残念なポイントです。時間の経過と共に渋みが溶けて、旨味に変わってくれる事に期待しましょう。

抜栓から30分経過:色も濃く、香りも良いのですが、口に含むと「あれ?」ってな感じで一時停止してしまいます。何かが足りない…?それはアルコールによるボリューム感なのか?将又ぶどうの樹の樹齢が幼いのか??

フルボディとして飲むと、ちょっと物足りなさを感じてしまいますが、ミディアムボディとして飲めば文句なしに納得できるだけの味わいはあると思います。ブティユ(750ml)の半分を残し、続きは明日に。2日目に期待します。


抜栓2日目:赤と黒のベリー系の香りの他に、チョコレートの様なほろ苦い香りも感じられる様になりました。口に含むと…、昨日と同様、しっかりとしたタンニンを感じますが、如何せん味わいに奥行が無い。底の見えない深そうな沼に足を入れてみると、踝まではなんとか隠れるものの膝まで水に浸かるという程でもない浅瀬っぷり。

外観や香りから想像する味わいと、実際に感じるボディや風味、そして官能のバランス等とのギャップがかなり大きい様に感じます。なんか、口に含んでから2秒くらいすると大量のぶどうの茎の搾り汁の様な、果実由来とは思えない青臭いニュアンスがハッキリと感じられてしまいます(これがちょっと嫌で飲が進みません…)。

雰囲気は良かったのですが(特に初日)、1,300円超ワインという事を踏まえると、正直ちょっと残念なテイスティング結果となってしまいました。

600円程高いですが、この前飲んだEギガルのA.C.コート・デュ・ローヌ ルージュを買った方が幸せになれるであろうこと、間違い無しです!



この時点でボトルの残り1/3(約250ml)。別に不味いという訳では無いので、最後まで飲み干すつもりです。