Heritage de Menuts Cuvee PREMIUM 2010

20170118_01

正月に都内より帰省した実弟が買ってきてくれた、フランス共和国産の赤ワインです。早速Myセラーで保管し、実弟がUターンした後に抜栓。ちょうど「ボルドーの赤ワインが飲み足りないなぁ〜」と思っていたので助かりました。


20170118_02

【ワインデータ】
生産国:フランス共和国
生産地方:ボルドー地方
生産者:メゾン・リヴィエール
等級:A.P.ボルドー
タイプ:赤・フルボディ
アルコール分:13%
生産年:2010年
ぶどう品種:メルロー カベルネ・フラン カベルネ・ソーヴィニヨン
商品説明:優良収穫年と云われる2010年産の芳醇でエレガントな味わいを楽しめます。

【Myテイスティング】
外観:澄んだガーネット色。濃淡はやや濃く、粘性は強め。よく熟し、濃縮感がある印象。
香り:ブルーベリー、ブラックベリー、カシス、ラズベリー、すみれ、血液などをしっかりと感じる。
味わい:やや強めのアタック=弱い甘みと、はっきりした酸味、そして強いタンニン。アルコール感はやや強めで、酸味中心の余韻が6秒程続く。


立て続けに良質なボルドーワインを飲める事に感謝。

香りは、弱過ぎず強過ぎず(抜栓直後)。微かにラズベリーの様な赤い果実の香りが感じれる点から、カベルネ・フランの存在を確認。

口に含んだ際、真っ先に感じるのは、結構強めの酸味です。フレッシュ&フルーティな酸味ですので、嫌な印象はありませんが、2010年のワインにもかかわらず、ここまでフレッシュな飲み口なのはちょっと意外です。

−あ、もしかして…ですが、このワインのコルクが樹脂コルクじゃなくて普通の木のコルクだったら、もっと瓶熟は進んでいたのではないかと推測。

抜栓20分後:あぁ、いいですね。空気との接触&温度の上昇により、やや尖り気味だった酸味が穏やかになり、タンニン中心のガッシリとしたボディが感じられる様になりました。私の今までの経験上、このワインは時間の経過と共に、ドンドン美味しくなる予感がします。

今のこの状態でも、ワインだけで美味しく飲めていますが、ここまでハッキリとした酸味のあるボルドーの赤と合わせるなら…?



甘く味付けした柔らかい肉。という事で…甘酢肉団子なんてどうでしょうか?


抜栓2日目:昨日は 酸味>タンニン でしたが、今は 酸味<タンニン です。

酸味が穏やかになってくれたのは良い事なのですが、アルコールによるボリューム感を含む甘みが殆ど感じられない完全な辛口なため、味わいのバランスは良好とは言えません。ややフル寄りのミディアムといった感じで、ボディはしっかりと感じられますので、2日経とうが3日経とうが劣化のニュアンスが出てるく事は無いでしょう。

しかし…昨日の(抜栓直後の)方が美味しかった…。昨日感じられて、24時間後に消え失せてしまったもの。それは果実味(フルーティさ)です。

抜栓直後は「あぁ〜酸っぱいなぁ…でも美味しいなぁ」でしたが、今は「酸味とタンニンの具合は悪く無いんだけど、いかんせんボリューム感が乏し過ぎる…」というのが、正直な感想です。

一人で2〜3日に分けて飲むのでは無く、複数名でその日の内に美味しく飲み干してしまえば良かったのかもしれませんネ。


ワインのテイスティングノートを国別に整頓しました。
hdlbn01
URL:http://www.lightch.com/wine/