世界最大規模のサイクルショーが台北で3月8-11日開催されます。
 自転車関連の生産現状はパソコン同様、世界生産のほとんどを台湾企業がOEMで受注し、台湾中国で生産されているのはご承知の通りです。
 そのようなバックグラウンドから欧米メーカー、台湾、中国のOEMメーカーが多数出展し、新製品の展示、受注にしのぎを削る中国の展示会につぎビジネス要素の強いショーです。
巨大な世界貿易中心が会場のTAIPEIショーは、展示スペースと同等規模の商談スペースを設けているのが特徴です。

私は、日本国内のショー以上にこちらを重視しています。
なぜなら、各メーカーの新製品発表より1年早く詳細に見ることが出来るからです。
ご存知のようにフレームメーカーも含め、多くのメーカーが自社生産せず中台のOEMメーカーに商品開発も含め依存していますので、残念ながらロゴを載せただけの製品がほとんどです。
その中から、本当によさそうな商品を今までも探求してきましたが、今年も良い物を求めて何日も広い会場をくまなく探し歩きます。
日本の代理店が仕入れない商品は、私が直接交渉し仕入れているのは、すでにお客様がご存知の通りです。
技術の優れたファクトリーは限られていて、多くの外国人が商談待ちの列を作ることも珍しくなく、その中に入って今回も頑張ります。

という訳で、最先端技術を見て、仕入れてくるために3月9日から13日まで休業させていただきますので、ご理解のうえ宜しくお願いいたします。

今回の注目商品
カーボンフレーム チタンフレーム クロモリフレーム 小径車フレーム及びフォーク ホィール カーボンパーツ アパレル アクセサリー等です。
アイディア、ご希望がございましたら、何でもどうぞご意見をお寄せ下さい。
自分達が欲しいもっと良い商品を、メーカーに作らせちゃいましょう。