当店のことをブログで取り上げていただけるのは、大変有り難く思います。
でも少しお願いがございます。
まず、店内でのやり取りについて、語句を少し柔らかく変えていただきたく思います。
お客様に対しまして、私はぶっきらぼうな言動や、高飛車な発言はしていないと思いますが、いかがでしょうか。
以前は六本木でカウンターに立っていたこともあり、直接お客様相手の仕事をしてきましたので、丁寧に御説明しているつもりなのですが。
ブログに取り上げていただいた方には誠に申し訳ございませんが、その点をお願いたしたく思います。

それと、メーカーの関係者にご迷惑がかかりますので、ブランド名などはできればお控えいただければと思います。
なぜなら、結構このブログも含めメーカー関係者もご覧になっています。
ご自身の目で確認された事項も、できましたらピー音で伏していただければと思います。
店内で、包み隠さずお話しているのは、情報を正確にお伝えしたいからですが、ネットに掲載されるとまことしやかに話が先行してしまいます。

たとえば、一例です。
アメリカンクラッシックハブの名称で検索してみてください。
これは、当店がその性能と軽量なことで採用しているハブのブランドです。
一時期はあまりに軽量なためか、一部不具合などもございましたが、現在のLCで採用しているNewハブは、このようなことがありません。
シャフトも中空の軽量シャフトがフロントには挿入されています。

先日ご来店のお客様が、シャフトが貫通していないのですよね。とおっしゃっていたのも、このページを鵜呑みにしているのだなと感じました。

EASTONホィールの修理費用の件も少し前にありました。
このような情報は、良い商品を遠ざけてしまうことになりますから、かえってお客様のためにはなりません。
多くの商品を扱うプロショップでも、評価は慎重にならざるを終えないのに、数点のサドルを使っただけで個人差を考えず評価をすることも、個人的には問題ありませんが、それを目にした方の評価が鵜呑みになってしまう怖さがあります。

私も充分注意しますが、良い商品を広く知ってもらえる反面、偏った評価が良い商品を駆逐してしまう怖さもあります。

実は自転車の世界は嘘だらけ。
すごい事実は自転車店が知っていることですが、どこのお店も黙って仕事しています。
メーカーも偽りの広告を出していたりします。
ですが、小さな業界ですので、寛大に見守っていただければと思います。
内緒話は、お店の中だけにしましょうね。
お願いですから!