9afb0686.JPGトライアスロンやタイムトライアル、サーキットレースでアドバンテージを得るためのホィールです。
ペアの重量1699gで、この手のモノコックホィールの中では軽量に仕上がっています。
外周部のブレーキ面を含め、全てカーボンで作られていて、表面の仕上げも美しく磨きあげられています。
ハブも高品質なシールドベアリングハブを奢られ、この手の製品の中では最も高性能なスペックです。
早速チューブラータイヤを装着し、チタンカセットを組み込んで、microSHIFTのシフターとともにEDGEに組み込みました。

まだ、ホィールは完成したばかりのプロトタイプですので、横振れが大きくテスト用です。ベアリングの回転はとてもスムーズで、外周部分に配分されたウェイトバランスが、大きな慣性効果を生む事が容易に想像できます。
テストしてまたレポートしますので、どうぞお楽しみに。

ところでmicroSHIFT ARSISも計測、装着してみました。
ARSIS






デュラエースを下回る408gでした。


ホィール装着図






早速装着してみました。
どうです?カッコいいと思いませんか。
ライトサイクルでは開発に関わる事で、現実的な価格で販売できるように努力します。
商品のネーミングやロゴなど良いアイディアがございましたら、ぜひご提案ください。