4f1954c1.jpg2002年にランスに次ぐ2位になり、一番肉薄した選手、ホセバ・ベローキ
何気に見たレキップ誌のWebサイトで、彼の久々の画像を目にした。
温和な表情は、何を意味するのか?
2005年のSaint-Etienneで、彼を激励したのは、記憶に新しい。
まだ、右手に彼の背中の感蝕が残っている気がしている。
汗ばんだジャージをペシペシ。TTに向かう彼の復活を応援していた。

落車事故は、彼から気力まで奪ってしまったようだ。
大きな怪我を負い優勝争いから去っていたベローキ。
目の前にいる彼の復活を祈っていたのだが。

ベロキ






フランス語がわかりませんので、間違いであれば御指摘ください。
間違いであって欲しい。