06861c61.jpg自転車とは違うお話です。★年前より使っていたROLEXサブマリーナデイト。
潜るわけではありませんが、プレゼントでいただいたものを使っています。
長い長い間使っていましたが、さして特別な扱いもせずにしていました。
その間、一度だけ韓国へ行った時に約1万円でオーバーホールに出したことがあり、中の機械を変えられてはいないかなど、安かった分心配もありました。
また、竜頭の位置がハッキリしなくなり、日付の変更に不具合が出ることもしばしば。
ときたま風防ガラスもドーナツ状にうっすら曇ります。
それでも、高価であろう修理費を考えますと気にせず使っていました。

回転べゼルを壊した時に、修理してくれた近所の時計屋さん。
ウォッチテクノサービスと言いますが、オーバーホールのご案内葉書をいただき、割引になることもあって、思い切ってオーバーホールへ。
それが完成したのが先週の金曜日。
表題の通り、現時点で+3秒しかずれません。これは本当に驚きです。
プレゼントされた当初は、1日に15秒程度ずれていたので、こんなものと思っていました。

交換部品は3点。
パッキンと、ゼンマイ、よくわからない部品1つです。
ゼンマイは云十年使用すると、ダメになるそうなので、当然の交換だそうです。
後は、特に心配していた問題もなく、綺麗になって戻りました。
心配していた費用もリーズナブルで、助かりました。

このモデルは、文字盤の蛍光塗料にトリチュームという放射性部質を使っていると、お客様から伺った事もありました。

信頼できる時計職人との出会いは、この時計にとって必要なこと。
定期的なメインテナンスを今後は続け、いつまでも大切に使いたいと思います。