10154022_435400179936720_7401341262885914509_n


箱も、この通り、見慣れたヨネックスカラーです。
ぜひ、この週末にもご覧いただき、フレーム単体のその軽さを体感してみてください。

組むのは来週です。すみません。

YONEXのサイクルホームーページが出来ました。

追記
変速ワイヤーは内装になっています。
電動システムでも内装できると思います。
シートステー上部は、より太くなっています。
フレームの内部には、見せるためではないでしょうけどとても、非常に丁寧に綺麗に作られています。
正確に測った重量は、この固体で710gでした。
650gは工場でラインから上がっての重量で、小部品を装着し塗装を施すとこのくらいになるのです。
YONEXは、ラケットの場合も含めて、カーボン製品のため重量差が生じることをアナウンスしています。
それは+−12gとのことで、他自転車フレームメーカーの+−50gに比べ大幅に少ない数値です。
製品の小変更は金型の変更を伴います。
この重量でもEN規格の前後水平、左右応力10万回以上の試験をパスしているそうです。