特に気になったのは、ディレーラーのプーリー交換のくだりです。

シマノの純正プーリーには、いくつものパテントが存在するのをご存知でしょうか。
単純にベアリングの回りだけを気にされて交換する、交換を勧めるショップもありますが、これが本当に良いのか?
以外に知らないプーリーの秘密について、、
変速機のプーリーをよく見てみると、回転方向を指定する矢印があったりします。
上と下とのプーリーも違います。
上のプーリーは、私が高校生ぐらいの時でしょうか、センタロンという技術をシマノが開発。
なんとプーリーが横に動くのです。
当時常識だった変速時のオーバーシフトを不要とする画期的な技術がそれです。
下のプーリは、もっとすごい。
変速機の位置によって変化するチェーンの進入角度に対し、プーリー自体が斜めに動くのです。
さらに刃先を斜めにカットしてあります。
この斜めを生かすために、回転方向が決められているのです。
これを知らずに分解して適当に組むと、音鳴りや変速不調がいつまでも治りません。

ですからやみくもにライトサイクルでは変速機のプーリーを交換しないのです。
店頭に用意してあるシマノ以外のプーリーは、すべて自分で動作確認し、同等の性能を確保できる調整が出来る商品だけです。
ごく細かいところでも、シマノの昔からの技術をを知らないと、意外な落とし穴があるということです。
オーバーホールに出したら、音鳴りが消えないなどのトラブルは、ほとんどが取り付けミスによる不具合でしょう。

メーカーにもミスがあるもう一つの事例。
どうぞご自身の自転車をご確認ください。
シマノの場合、変速ワイヤーのアウターには、片側のみロゴが入っています。
このロゴに意味があり、インナーワイヤーは、このロゴが打たれた側からワイヤーを入れて組みます。
理由は、このマークの側にシリコングリスが注入されていて、ワイヤーを通すことで行き渡らせる仕組みなのです。
知らないでマークがフレームのダウンチューブに見えている自転車はありませんか?
GIANTの完成車は、ほとんどこれが理由で弊社では組み替えています。
他のブランドの完成車に散見されます。
変速不調の修理で入庫する場合、これが結構あるのです。

どうぞご確認ください。