いつもライトサイクルブログをご覧頂、誠にありがとうございます。
今回は自転車の話題ではないので、興味のない方は読み飛ばしてください。

P_20180312_102918_vHDR_On


ジェイダブリュー
お名前の由来は聞きそびれましたが、JWですから覚えやすい名前です。
下町水天宮近く、新大橋通りを築地方面へ走ると出光の大きなスタンドで分岐するのですが、その手前の左側にあります。
フィルムカメラを始めてみたいけど、どうせ始めるなら高級機種から。
昔使っていたカメラをまた使ってみたい。
そんな想いを丁寧に扱い方から機種選びまで相談に乗ってくれるお店です。

この日は、先にFACEBOOKに
28661353_1691270210912456_8229629470805960119_n

このベアリング仕様の3Cが載っていて、手に入れたくて久々に訪問しました。
早田カメラ整備のラベルが中に貼ってあって動作は申し分なく、オリジナル同様にグレーに後塗りされた個体はきれいでした。ご主人はペイント整備代と考えて10万円未満とのことでした。
本来Kマークが印刷されたシャッター幕がオリジナルなのですが、それは経年で幕を交換したのか失われていました。
しかし使うには最高の状態です。
段つき3Cは持っていないので、迷っていると本物のK印刷されたカメラもなんと出てきました。
戦火を潜り抜けてきているので、応分に傷がありますが、ペイントも幕も本物のようです。
お値段はアルテグラカーボンが買えるくらいの30万を切る価格でした。
グラッと来ましたが元来コレクターではないので、ブロニカの本を買ってかえってきました。
ついでにフィルムカメラを使ってみたい方にお小遣いカメラ以上のお勧めを撮影してきましたので、ご覧ください。

P_20180312_102532_vHDR_On_HP

P_20180312_102538_vHDR_On_HP

P_20180312_102543_vHDR_On

P_20180312_102552_vHDR_On_HP

P_20180312_102556_vHDR_On_HP

P_20180312_102606_vHDR_On_HP


P_20180312_102724_vHDR_On

日本光学 ニコンの歴史的カメラ NikonSです。
大学初任給1万円時代に8万円ぐらいしていました。
レンジファインダーで、ニコンのレンズと広角系のツアイスレンズが使えます。
1950年代生産開始のカメラで、これまでのMとかMSなどはコレクターアイテムです。
Sになってからようやく量産体制が確立。数があるので価格は下がっていますが、高品質な手作り品として、良いカメラです。写りもすばらしいです。フィルムの入れ方などは店主にじっくり聞いてください。

P_20180312_102752_vHDR_On


Nikomat ELです。レンズの絞りを動かすと、適正露出が得られるシャッタースピードをカメラが決めてくれる絞り優先自動露出カメラです。電気的なところが壊れているのが多いカメラですが、(私も好きで2台持っていますが、一台は動作不良です)このカメラは大丈夫だそうです。
Nikkorの1.4レンズ(高級レンズ)が付属してこの価格。
レンズ代だけで本体は無料のような価格と思います。

P_20180312_102818_vHDR_On


Canon F-1です。
当時とても買えない高級機で、プロかハイアマチュアな紳士のカメラでした。
低く美しいペンタプリズムを覆う三角。一台持っていますが、当時買ってもらった下位モデルのFTbとは全く違う精密感、巻き上げの滑らかさ。
1.4のSSC(スーパースペクトラコーティング)レンズつきでこの価格です。

P_20180312_102846_vHDR_On


自転車カメラとしても持ち歩けるRollei35です。
このちっぽけなスクエア形状にはぎっしりメカが詰め込まれ、ずっしり重いカメラです。
そのため落下でへこんでいる固体が多いことでも知られています。
35Sはカールツアイスのゾナーレンズを搭載したシリーズ中最高級機です。
リバーサルフィルムを使って、ぜひカールツアイスのレンズを楽しんでください。
使い方に作法がありますので、じっくり店主に聞いてください。

P_20180312_102918_vHDR_On


バルナックライカといわれる上面がごつごつとパーツやダイヤルが並ぶクラッシックカメラです。
価格はさまざまですが、気に入ったものを選ぶといいと思います。
ライカから始めるクラッシックカメラも楽しいですね。
フィルムの装てんにちょっとコツがありますので、これもじっくり店主に聞いてください。
本体だけでは撮影できませんので、レンズも載せておきます。
P_20180312_102930_vHDR_On


沈胴レンズといって、最も一般的なこの時代のレンズ、エルマー5cmは、少し回転させて引き出したり収めたりします。そのため携帯性は抜群ですが、これも金属の塊で重いです。

整備状態、その他状態には差異がありますので、店主と価格も含めて交渉してみてください。
ライトサイクルから聞いてきたといえば、何かいいことがあるでしょう。

ほかにもショーウィンドウには博物館のようにカメラが並んでいます。
営業時間が平日18:45分までですので、会社帰りにでもどうぞ。

怒られそうなので、もう一件、近くの人形町にあるカメラのロッコーもご紹介しておきます。

先日行ったとき、PENTAX ES2でAEが動く200mmレンズがありましたので、購入しました。
絞りの粘り、レンズの汚れがありましたので、清掃、整備後受け取りに行く段取りです。
カメラ本体もPENTAX専門修理の長谷川工作所さんへ出していますので、ちょっと出来上がりが楽しみです。
春の桜に間に合うといいのですけど。

自転車とは全く違う話題でごめんなさい。
春めいてきましたね。桜も早そうです。

お休みのお知らせ。
14-15日 水木連休とさせていただきます。
基本、各月第一、第三木曜日をお休みとさせていただきますので宜しくお願い申し上げます。
ご不便をおかけいたします。