P_20190123_103436


ローライ35は、小型で好きなカメラのひとつです。
距離計はなく、ピントが目測ですが、小さなボディにゴッセンの露出計、コンパーのシャッターユニットなど、高級パーツをふんだんに盛り込み、Carl Zeiss のTessarを奢ったカメラで、昔から人気のあるカメラです。
最近は、フィルムカメラが見直されてきて、中古の相場価格も上がってきているようです。
手の平に乗るカメラですが、精密感がありずっしり重いので、落っことして角がつぶれている固体が多いのでも有名です。
P_20190123_094811


このカメラ、もともとジャンクコーナーに有った物です。
状態は、巻き上げ、レンズは問題なさそうでした。
しかしファインダーはカビだらけ。露出計は電池を変えても動きません。
下を向けるとレンズ本体が落ちてきてしまう、ゆるい状態でした。
へこみはわずかでした。

本来なら専門の業者様にお願いするのですが、同じカメラを持っているので試しに自分で修理してみることにしました。

P_20190123_094811


P_20190122_091624


上カバーをはずし裏側から小さい頭の3本のスクリューをはずしレンズ鏡体を前にはずします。
ピント調整のためのシムが枚出てきました。
鏡体のはめ込みのところにフェルトが張ってありましたので、これがへたってゆるくなっているようです。これは薄いファインシャットという反射防止材を2重に巻いて貼り付けましたら、ちょっと固いかなという感じに仕上がりました。

露出計は本体の針の上を触ると動きます。
上カバーを抑えると動くので、固定ねじを締めたら動き出しました。
おそらくアースが不完全だったためと思われます。

P_20190121_100017


ファインダーをクリーニングしようとはずしました。
ユニット構造になっていて、清掃が難しい構造でしたので、隙間から爪楊枝にクリーニングペーパーを差し込んで出来るだけ清掃しました。

P_20190121_095724


P_20190121_095715


ファインダーユニットの収まっている部分には、巻き上げギアの部分をはずさないとアクセスできません。合印を記して大きなギアをはずしファインダーを取り出しました。
この部分の組み立てに、構造がわかるまでちょっと思案。
スプリングがどこにかかるのだろう。1回転のスプリングの力ではうまく動作しなくて、1回転半でうまくいきました。
組み立てて動作確認すると、露出計の指針が半分も動きません。
絞り、シャッター速度を動かすと指針も動くはずなのですが。
前側のリンケージ部分の動きを見るとどうも変です。

P_20190123_094811


この写真の真ん中上、光っているマイナスねじの下の部分、下斜めの四角いリンケージに向かって左のつめが乗っている、この状態が正常で、つめが乗り越えて下に下がっている状態が動作不良の状態です。上カバーを開け閉めする際に外れたのでしょう。
リンケージの動きを見て理解できました。
いずれにしてもすごい設計ですね。3D CADなどない時代に、これをイメージして図面を起こし作り上げるのですから。
プレスの工作精度もすばらしいです。
今、同じものを作ると一体いくらかかるのでしょう。

うまく修理できてテスト撮影も先に川越の写真をご覧いただいたとおりです。
ですが、なんかレンズが曇っているような印象もぬぐえません。
ためしにLEDライトでみてみるとレンズは塵だらけ。

P_20190126_084738


P_20190126_084931


P_20190126_084942


レンズを分解して清掃しました。
このレンズ鏡体、Feet表示とM表示が上下にあります。
目測のときにFeetは不便なので、Mで使いたいですよね。
これはレンズの周りの飾り枠をごく小さなマイナスドライバーではずして、3本のマイナスねじをはずすと距離リングが回転します。はずす前に無限にしておきます。これでMに設定しておけば使いやすくなります。
お店で買うときに、Feet表示だから安くしてねと値切ってみるのは意地悪ですよ。

手先、目先、頭のトレーニングにこの手のものを修理するのは最良の事と考えます。
家の中では食洗機を修理したり、ガス台を交換したり、お風呂の乾燥タイマーを交換したり、それこそ何でもやります。
自転車の修理、組み立てが本業ですが、基本的にはみんなつながっている作業です。
構造を理解し作り手の考えを読み解き、そして修理する。
マニュアルのない自転車の故障診断、修理方針、修理作業を的確に無駄なく判断し作業することは全く同じです。
一般車の修理もライトサイクルでは行っています。
これは精度の高い高級部品とは一線を画す部品ではありますが、落としどころの難しい修理でもあります。費用と効果と安全をどの様に見極めるか。
特に安全を最優先に、安全確保のための修理を考えなければなりません。
なんとなく走りが重いんですけど。
こんな修理のご依頼に、全く違う、とても良くなりましたと晴れやかに修理後の感想をわざわざお知らせに来ていただける修理が出来たときは、ちょっと嬉しくなります。
そんな作業の繰り返し。

今日はどんな修理に出会えるか。
これもこの仕事の楽しみなんです。

今日は自転車とは関係ないお話にお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
ローライ35は、旅行に、お散歩に、サイクリングのお供に最適なカメラです。
修理業者もご紹介いたしますので、気になった方はお気軽にご相談ください。



ブログランキング人気blogランキングへ 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村