P_20190314_093511

ライトサイクルは、創業以来、ホィール系のトップブランド、Mavicを扱っています。
Mavicでは、毎年今の時期、テクニカルセミナーを販売店メカニック向けに全国で実施していて、リペア技術の維持、習得をしています。
ディスクブレーキを採用するモデルが増えてきました。
現在ではデュラエースの発売で規格が定まってきましたが、今まで色々変わってきたため少し前のモデルでホィールをアップグレードするためには、使えるホィールをご提案しなければなりません。
その点でMavicには各種のアダプターが用意されていますので、いつも安心してご提案できます。
なお、ディスクブレーキは、弊社のチタンフレームでもご用命が増えてきています。

P_20190314_094527
種類は本当に沢山あります。
的確にパーツを選択するためにも、いただいた資料はとても重要です。
ロード、マウンテン、グラベルとそれこそ色々あります。
ディスクブレーキの650Bランドナーも今では可能になりました。

P_20190314_093526
ID360のフリーボディです。
抵抗が少なく確実で遊びの少ないフィーリングです。
最新のシステムですが、最初の頃ご購入いただいたお客様がメインテナンスの時期を迎えます。

ラチェットがスターラチェットですので、グリスワークが重要な作業になります。

Mavicは、とても耐久性が高いのが特徴です。
リムもハブも製作が特別なものですので、価格面で割高のようですが、信頼性、寿命の長さを考えるとお得なホィールと思います。

春のサイクリングにホィールを交換してみませんか?
いつものコースがより近く感じるはずです。