AEF9CC30-9979-4EEB-AF51-0B81FF945BF0


今、チタンフレームが、人気です。
ご用命いただくお客様に理由を伺うと、各社比べてホリゾンタルで作れること。
価格が良心的。
細かなオーダー工作。体格、目的に合わせてフルオーダーでできること。
こんなご意見を伺っています。
直近ではエキセントリックハンガーでシングルスピードというようなオーダーや451の小径車などのご注文もいただいています。

連休を前に営業案内をさせていただかなくてはならないのですが、遠路ご来店いただくお客様が多いのもこのチタンフレームで、ご用命の前に試乗したい、実車を見てみたいというご要望がございます。
従いまして、出来るだけ連休中も営業させていただきます。
また改めてご案内させていただきますが、その前にライトサイクルのチタンフレームをご紹介させていただきます。
DSC_8044_007


tidisc


42430185_2236935756351453_7561853858108932096_o


すでに多くのお客様に楽しんでいただいているチタンフレーム。
傾向といたしまして、使う、乗る方からのご要望が多い傾向にあります。
ブルべ、グランフォンドなどの長距離ライドで、軽さと丈夫さ、そして体格に合わせて作れるフレームを求めるお客様からのご要望が非常に多いです。PBPにご参加の方にも先に納品させていただきました。
ライトサイクルのチタンフレームは既製品ではない全てフルオーダーのフレームであることが、一番の特徴です。

そして高級車にはディスクブレーキの波がどっと押し寄せてきました。
ライトサイクルでは一番最初のシマノ、ロードディスクブレーキシステムから組み立て自分で乗って、さらに多くのディスクロードを組み上げてきた実績があります。
正直、シマノのディスクブレーキシステムにもいくつかの不具合があり、そのたびにシマノへ問題点を打ち上げ改善に努め、今販売されているコンポーネントに関しましては本当によくなりました。
作業性も信頼性も扱いやすさもお勧めできるレベルです。

そしてチタンディスクフレームにも当然ながらディスクブレーキのご要望が増えてきました。
現状は半分半分でキャリパーとディスクブレーキのご要望傾向です。
輪行などの際に不安なのでメカニカルディスクでのご要望もございます。

いずれにいたしましてもスルーアクスルでディスクブレーキを装備できるチタンフレームの製作がかなり前からできるようになり、多くのお客様よりご注文をいただいています。

チタン合金でフレームリヤエンドを特別に作り、使用しています。

遠方の方でも東京へいらっしゃる際に、実際見てみたいというお客様がいらっしゃいましたら、事前にご予約いただくことでご対応させていただきます。

なお、、誠に恐縮ではございますが、現状納期が3か月以上かかっています。
また、夏ごろより価格値上げを予定しております。
大分長きにわたって価格維持に努めてまいりましたが、そろそろ限界が見えてきました。
詳細が決まりましたら改めてご連絡させていただきます。

最初にご紹介させていただいた画像のチタンディスクロードは、本当に最初のモデルですので、9mmクイックの135mmエンド仕様です。フラットマウントにはなっています。
これは私のオーダーです。ジオメトリーも自分で考え作りましたので、とても乗りやすく好んで乗っていますが、独特のバネ感と軽さで、先のしまなみ海道輪行ツーリング。前回の信州ツーリング等遠征時にも重宝しています。7圓阿蕕い芭惺圓了に本当に楽です。

9mmクイックはホィールバリエーションが減りましたが、9mmクイックハブは脱着も簡単で便利に使っています。
こんな仕様もできますが、今作るなら142mm スルーアクスルをお勧めいたします。

基本価格は21万円から。
ディスク仕様、スルーアクスル仕様といろいろ選んでいただいても大きくは変わりませんので、お見積もり等お気軽にご用命いただければ幸いです。

先日ご注文いただいた方は、いろいろ自転車を作ってきたけど、これが最後の一台だと。
いえいえ、まだまだお若いのですから、作る自転車で日本中、世界中を楽しんでいただけたらと考えています。

ご質問等、お気軽に。
いつでもお待ちしています。
イタリアの高級チタンでも、スルーアクスルディスクでホリゾンタルは、意外にないですよ。
オーダーでしかきちんと作れない、数サイズで作れてしまうスローピングと違い、ホリゾンタルは各国では嫌われ気味。
何しろ日本人のホリゾンタル好きは筋金入りですから。

今日もブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
良いお天気ですので、日焼けに注意して存分にサイクリングをお楽しみください。