July 17, 2006

F.N. Model Mk48 SAW


画像はF.N.社のサイトからお借りしています。
全長 1010mm
重量 7847g
口径 7.62mm
使用弾薬 7.62mmx51
装弾数 200発
続きを読む

lightdoor at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アメリカ 

June 26, 2006

ロッキーマウンテンアームズ パトリオットピストル/Rocky Mountain arms Patriot Pistol


画像は自作絵です
全長 *
重量 *
口径 5.56mm
使用弾薬 5.56mmx45
装弾数 30発
続きを読む

lightdoor at 20:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)アメリカ 

June 25, 2006

H&K MP5/Hk MP5

画像準備中
全長 500mm
重量 2500g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム
装弾数 15/30/40発
続きを読む

lightdoor at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ドイツ 

June 22, 2006

フレシット弾の事とか

フレシット弾・・・どういうものかというと、5寸釘みたいな金属製の矢です。
もともと第一次大戦中にフランス軍が実戦投入し、航空機から大量にばら撒く事で地上の兵士を殺傷する兵器として使われました。爆弾や砲弾の破片よりも貫通力に優れ、なによりコストも安上がりなえげつない武器です。
現代でも砲弾内部に詰めて発射し、相手頭上で炸裂させる事により矢の雨を降らせる戦法がイスラエルによるパレスチナの暴動鎮圧などに使用されています。

このフレシット弾、銃の弾に使うアイデアもあり、米軍もM14の後継案のひとつとして歩兵用複合小火器SPIWを研究開発していましたが、肝心の射程や命中率の問題、そして何よりベトナムの戦況によりM16が採用され、1970年には開発計画自体が中止されました。
その後ACR計画として復活するもこれまた中止。問題点は薬莢に矢を装填する際に使用するサボットで、イメージとしては戦車のAPFSDS弾のような感じ。このサボットが発射後分離する事で弾芯だけを飛ばすアイデアだったんですが、弾速や弾自体の大きさの問題からきちんと脱落せず、弾道が変化したり射程がまちまちだったり。まあ使い物にならなかった訳です。




で、このフレシット弾ですが、ルーツは日本の手裏剣という説があります。あくまで説の一つでしかないので断定はしませんが。
慶応3年の遣仏使節団に随行した水戸藩士が所持していた手裏剣(小柄?)をパリに土産として置いて帰ったものが博物館に陳列され、それを見たフランスの技術将校が空からばら撒く事を思いついたとか何とか。こう言うともっともらしく聞こえるから怖い。(ソースはGUN誌)
まあ、浪漫って事で・・・




lightdoor at 22:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)不定期日記 

June 11, 2006

コルト SSP/Colt SSP (Stainless Steel Pistol)


全長 不明
重量 不明
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム
装弾数 15+1発
続きを読む

lightdoor at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アメリカ 

June 05, 2006

バリバリ伝説

ahaha blogさんで紹介されていた動画。

グロックンロール!

恐ろしい勢いで滝の様に飛び出す薬莢がすごいです。
発射音も銃というよりは建設現場で使っているコンクリ打ち壊す機械みたいな感じです。
これはもうSMGと言ってもいいような・・・。



lightdoor at 01:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)不定期日記 

June 02, 2006

タナカワークス ルガーP08 8インチ




通称ランゲ・ラウフ。続きを読む

lightdoor at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レビュー 

May 30, 2006

グロック19/GLOCK 19


画像は自作絵です
全長 174mm
重量 595g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム
装弾数 15+1発
続きを読む

lightdoor at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オーストリア 

May 29, 2006

KSC ガバメントのレビュー

価格帯がほぼ同じということで、射撃性能を重視してマルイ版を予約したものの未だ正式な発売日が公表されずやきもきしている日々です。
KSCにすれば良かったかなあと思いつつも、KSCのデリケートさ(華奢さ)故に今回は見送った訳ですが・・・。まあ、そのうち買うかも知れんけど。

今更ながらKSCガバのレビューをされているブログを紹介します。

ただ何となく…様
06年5月16日 KSCのガバ登場!
やはり外観は文句なしレベルの様です。これに関してはKSCの右に出るメーカーは無いでしょう。

0.45インチの神様 様
KSC M1911A1
こちらは分解もされています。バレル基部にちゃんと実銃同様のバレルリンクが仕込んであって、ティルトする仕組みになっているのが良く判ります。この辺多分マルイ版ではオミットされそうな部分ですよねえ・・・。

射撃性能という面ではやはりWAには及ばない様で、20メートル越えると弾がバラける様ですが、細部の作りこみや成型のシャープさでは現在発売されているどのガバよりも優れている雰囲気です。


lightdoor at 15:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)不定期日記 

May 28, 2006

フォアグリップ/Foregrip

銃前部、主にハンドガード下部に取り付けられるグリップ。
短機関銃やアサルトライフルなど、連射が可能な銃の場合銃身が加熱してくると保持するのが困難になってくるために、こうしたグリップが設けられていた。
近年では加熱対策もしっかりされているので、熱くて持てないという事は殆どないものの、ハンドガード部にレイルを設けて各種オプションを取り付ける事が多くなってきて、やっぱり保持しにくくなったので、フォアグリップを装着するケースが多い。

lightdoor at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

May 27, 2006

赤い光弾

ベレッタの新型

ベレッタ社の新モデル。スペック等は調査中。
最初観たときは正直玩具かと思ったけど、よーく見ると92系の面影が感じられます。
エリートモデルの進化系といった所でしょうか。
ベレッタはアパレル方面にも進出しているだけあって、デザインのセンスは欧州勢ではピカイチですな。
好き嫌いの分かれそうなデザインではあるけども、ポリマーの筆箱みたいな、または日本のミニバンみたいな、そんな使い勝手偏重の某Hk社やグロック社には多少見習って欲しいです。同社のハンドガンは多分実際に使うには最高だろうけども、トイガン化された場合や、アメリカなどでのプリンキング用・・・要するに趣味の対象としてはそっけなさ過ぎます。

いや、確かに初めてグロック見たときはそのデザインに驚いたものの、今やああゆうデザインが溢れかえっていてもうお腹一杯というか、気がつけばガバなどの懐古趣味的な方面に気が向いてしまっている。
純粋にケレン味を感じられる銃って本当に少ないんですよ。
最近ではベレッタのブリガディアタイプ等は「カコイイ!」と素直に思えたんだけども、他のはどうにもイマイチでして。
じゃあこの画像の銃はというと、カコイイかどうかは微妙ではあるけども、ケレン味は感じられる。

市場でこれがどう受け入れられるか楽しみだなー。






へぇ〜と思ったらクリックしてくださいませませ。



lightdoor at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)不定期日記 

May 21, 2006

シングルアクション/SINGLE ACTION

一発撃つごとにハンマーを手動で起こすタイプの銃。続きを読む

lightdoor at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

May 19, 2006

S&W M10


画像は自作絵です。
全長 185mm
重量 750g
口径 .38口径
使用弾薬 .38spl
装弾数 6発
続きを読む

lightdoor at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アメリカ 

May 15, 2006

遂に出るのか?

「ゆう遊う」様にてマルイの89式小銃の予約受付が始まっています。
まだ他のショップやサイトでも予約の話は出ていませんが、発売されれば話題なること間違いなしのビッグタイトルだけに期待は膨らみます。

以前の記事で書いたとおり、陸自に訓練用の電動89式を納入していますので、基本設計は既に完了済みとみていいでしょう。
ただ、実際に市販するとなるとパワーやコストの問題等が色々あるためすぐにと言う訳にはいきません。
よって、「ゆう遊う」様の予約受付に関してもあくまで価格・発売日未定である事と、予約金一万円が必要との事、これらを納得できてなおかつ自己責任で予約される事をお薦めします。
ところで89式がヒットしたらやっぱり64式も出るんですかね。
個人的には64式に(;´Д`)ハァハァしますので、こっちも期待したい。M14の時みたく連射速度も抑え目で64式らしさを著しくキボンヌ






へぇ〜と思ったらクリックしてくださいませませ。


lightdoor at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)不定期日記 

May 13, 2006

H&K USP/Hk USP


画像は自作絵です。
全長 194mm
重量 770g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム
装弾数 15+1発
続きを読む

lightdoor at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ドイツ