きっかけ

2008年04月14日

デュエルを始めたきっかけ   其の5

 4月11日からの続き

 ルピアがDRのオープンでベスト8に入り「自分達の目指している道は正しかった」と有頂天になった私(バカです)。
カ○レオンクラブ通いとデッキ改造に熱が入ります。
私は一人仕事帰りに、週1ペースでカ○レオンクラブでカードリストや屑カード漁りをするようになりました。
真剣に吟味している私を、ゲームを買いに来た親子達が「冷たい目」で見ていきます。
それでもカードを「見たい、知りたい」が先行して、あまり気にならなかったのです。
 
 そんな事している間に2ヶ月程経ちました。
コロコロコミックに箱でジュニアクラスのDRが開催されるのを発見しました。
「オープンでベスト8ならジュニアだったら優勝じゃない?」私とルピアの意見が一致しました。
8月下旬の暑い日、すっかり優勝する気持ちで箱に向った私達親子を待ち受けていたのは甘くない現実でした・・・・。

 受付してみるとジュニアは2名、1回戦=決勝でした。
相手のお子さんを見た所、ルピアと同じ3年生位、でも使用デッキには「雲泥の差」がありました。
ルピアはブロッカーを混ぜた水単(パシフィックチャンピオンなんて入ってません)、対してお相手のお子さんはインフェルノ・サファイアだったのです。
相手は確か、ナスオ→双月→サイブレ→インフェルノゲートでサファイアだったと思います。ルピアは2ターン目リーフでシールド割りに行った所、1枚目からラッパートリガーされ、良いところ無く惨敗したのをよく覚えています。

 明らかに違う「デッキの質とプレイングの差」に呆然としていた私達親子にやさしい励ましの言葉を掛けてくれたのが、当時の箱店長ダイさんと当日、レギュラークラスと間違えてTomo君を箱に連れてきて、観戦していたDM・DZ徒然草のFeさんだったのです。

 Feさんのお誘いでフリーをする事に・・・・でも当時の私は、場違いな赤単(しかもジャカルザー×4、バジュラ×2入り)でフリーをしたのです(恥)。
その後、デッキ診断をしてもらってる時、店長ダイさんが「じゃあ、ミニ大会やりま〜す」との声。
Feさんに誘われ、心の準備無しに非公認大会に出場する事になってしまったのです。
しかも一回戦、Feさんと当たり、成すすべも無く惨敗したのでした。

 その後、Feさんから色々な事を教わりました。
インフェルノゲートなんて10パック買っても全然出ないと話すと「一箱24パック買うと1枚出ますよ」とか。
その後、私が大人買いに走ったのは言うまでもありません(笑)。

 それからというもの、我が親子の2週間に一度の箱通いが始り今日に至っています。


 本日で「デュエルを始めたきっかけ」は終了です。

lighter_100 at 22:18コメント(2)トラックバック(0) 

2008年04月11日

デュエルを始めたきっかけ   其の4

昨日からの続き

 事件とは大袈裟かもしれませんが・・・・

 ある日、女房が自宅の庭いじりをしていた所、近所の子供が「ルピアと友達が近くの公園で殴り合いの喧嘩」をしているとの事。
ルピアが帰って来たので問い質すと、公式ルール採用を主張するルピアと、ご当地ルール採用を主張する友達の間でデュエルの途中で喧嘩になったそうです。
絶対に自分から謝らないと主張するルピア。友達にしてみれば、今までの(ご当地)ルールをルピアに変更され、オマケに負けが込んできてストレスが溜まっていたのが容易に想像できました。

 どうしたら近所のDM小僧達の間に公式ルールを浸透させられるのか・・・・。

私とルピアは、「公認大会に出場し、その雰囲気や流行っているデッキと共に公式ルールを教えれば良いのでは」という結論に達しました。

 そうとなったら早速DRの会場探しです。ルピアが愛読しているコロコロコミックにDRの日程が出ているとの事「長野では・・・Magic・Box」従兄弟のT君に箱の場所を教えてもらいました。
当時、TCG専門ショップとは、どの様な所か分からなかった私(まさか大人がDRに出場しているとは思いもしなかった)ルピアだけの出場としました。

 続いてデッキ調整です。ルピアの青タッチ白を親子で相談しながらより強い(?)ものに改造を始めました。

1ターン目 マリンフラワー
2ターン目 アストラル・リーフ
3ターン目 キャンディー・ドロップ 又は ディオーネ
4ターン目 フェアリー・チャイルド
5ターン目 ダイヤモンド・カッター

ルピアと私がネットなどを参考にせず、二人で真剣に考えたデッキです(笑)。
守りながらブロックされないキャンディーとフェアリーで殴り、カッターで総攻撃するという単純明快なデッキでした。確かタッチで入れている白は3枚で全部ダイヤモンドカッターという・・・・でも、とっても思い入れのあるデッキでした。

 大会当日、ルピアをMagic・Boxに連れて行き初めて中に入りました。
一種独特な雰囲気・・・・何か私だけ場違いな感じがして、何度も店の外に出たくなりましたが、ルピアが心配で(誘拐される心配とかじゃないですよ!常連の強豪さんに失礼のないようにDMが出来るかの心配です)留まりました。
DR開始直前「知的で、とても礼儀正しい、大人の方が息子さんと共に現れ」ました。後で分かったのですが、FeさんとTomo君だったのです(Feさんの事は後日ゆっくりと書きたいと思っています)。

 DR開始になり、予想に反してルピアは一回戦を勝ち、二回戦も高校生を負かしてベスト8に進出しました。そして・・・・FeさんちのTomo君と当たったのです。そして正確なプレイングと「牙サファ」の威力で何も出来なく散ったのでした。
でも、我が親子にとっては、予想以上の健闘でオマケに当時の箱の店長「ダイさん」にベスト8の賞品1パックまで貰って(ベスト8でパック貰ったのは、あの時の1回だけ)ホクホクで帰ったのです。

 大人(おやぢ)が大会に出場しても良いことが分かった私、でもすんなりと大会に出る気持ちには中々なれなかったのです。しかし・・・・

それは、気持ちの整理なしに急に訪れました。

デュエルを始めたきっかけ 其の5に続く

 


 



lighter_100 at 21:58コメント(2)トラックバック(0) 

2008年04月10日

デュエルを始めたきっかけ   其の3

昨日からの続き

 ルピアに教わり
・マナを貯めてタップし、タップした分のコストのクリーチャーを召還する・・・・ 理解出来た。
・召還する時にタップする文明は関係ない・・・・???
・手札が無くなった時、山札から5枚ドローする・・・・???????

 これがルピアの教わってきたDMの(ご当地)ルールでした(怖)。
要するに「マナ色拘束無し、手札引き有り」ルールです。
ルピアとスパーリングを重ねていくうちに、この疑問を確かめなくてはいられなくなりました。運よく、ルピアには、4人の従兄弟がいて、その中の一人、6歳違いのT君がDMをやっていた実績があり、家にお邪魔してティーチングを受けることになりました。T君はDMが始まった頃の最盛期DRで準決勝まで進んだ実績があるとの事、ルピアも素直にルールに従います。私も疑問が払拭されてスッキリしました。

 ちゃんとしたルールを近所のDM小僧達に浸透させなくては・・・・。
その為には、私もルピアももっと強くならなければと思い、私のカ○レオンクラブ通いも数を増してきました。当時の私は「キラキラしたカード以外の物」でルピアを負かす事により、プレイングさえしっかりしていれば弱小カードでも高額カード満載のデッキに勝てるんだという事を教えたいと思っていました。残念ながら今は挫折していますが(汗)。
 
 理想を追っていると、私のデッキは赤単に(当時私は、スピードアタッカーデッキと呼んでいました)対するルピアのデッキは赤単に対応するために青タッチ白のブロッカー満載ダイヤモンドカッターデッキになっていました。毎日親子で対戦し、ルピアは友達にもかなり勝ち越すようになってきたようです。
そんな時、ルピアと友達の間で、ある事件が発生しました・・・・。

デュエルを始めたきっかけ(DRデビュー編)其の四に続く


lighter_100 at 21:47コメント(4)トラックバック(0) 

2008年04月09日

デュエルを始めたきっかけ   其の2

昨日からの続き
 
「?」マークで一杯になってしまった私の頭、ルピアのデッキを見ても何が何だかさっぱり分かりません。とりあえずルピアからルールを教わる事に。
でもルピアには、私に貸すデッキも無かったので、とりあえず近所のベ○シアのおもちゃ売場に構築済みデッキを買いに行くことになりました。
陳列棚の中に並ぶパックの他に数種類の構築済みデッキを発見、しかし、どれを買って良いのか分からない私・・・・。
ルピアが「これが良いと思うよ」と指差した物は・・・・



DMC−25勝舞紅蓮鋼速デッキ(しょうぶ フルメタル・ファイヤー)



皆さんご存知のとおり、速攻+クロスギア満載の赤単デッキです。
このデッキから私のデュエルは始まりました。

皆さん、初めて触ったデッキって覚えていますか?
私の場合、速攻デッキだったので、以来ビート好き、コントロール苦手みたいな・・・・。

 当時の我が家は、新築したばかりでお金が無く、パソコンも無かった為、今のように極楽さんの所のデッキレシピを参考にしたりなんて事は出来なかったし、タカラトミーがDMの専用ホームページを掲載している事すら知りませんでした。
私の感覚で、DMC−25デッキをスピードアタッカーだらけのデッキに改造していきました。カ○レオンクラブの屑カード@10円の中で見つけたムラマサリザードとかで・・・・(笑)

 ルピアと百回程度デュエルしているうちに、ルピアから教わったルールについて色々と疑問が生じてきました。

デュエルを始めたきっかけ(ご当地ルール編) 其の3に続く
 

lighter_100 at 21:12コメント(4)トラックバック(0) 

2008年04月08日

デュエルを始めたきっかけ   其の1

 息子、ルピアがDMを始めたのは、約3年程前の小1の終わり頃で、仲の良い友達がDMをやっていて、その影響で女房に構築済みデッキを買ってもらったと思います。その後も、チビチビとパックを買ってもらい色々とデッキを改造していたみたいですが、友達に全然勝てないようでした。

 小2の初冬、ルピアが「デュエルのエターナルフェニックスと地獄万力が欲しい」と言い出しました。何処に売っているかと聞くとカ○レオンクラブに行くと、バラのカードが売っていると・・・・。
当時の私は、そのカードが「どの位の価値があり」「どの位の値段がするのか」知りもせず、ただ息子が少しでもDMで友達に勝て、今まで負け続けた溜飲を下げられるのならば(本当に親バカですネ)買ってあげようとカ○レオンクラブに向いました。そこで見た値段は確か・・・・




龍炎鳳エターナルフェニックス @2,000円
地獄万力              @  800円



ハイ、本当にびっくりしました。
女房と「こんなカード2枚で2,800円、クラクラしちゃうね」と話した事を思い出します。

 それから2ヶ月程過ぎ、ルピアに「あのカード買って友達に勝てるようになったの?」と聞くと「全然勝てない」との返事・・・・。
私の頭の中は「?」マークで一杯になりました。「なぜあんな高いカード買ってあげたのに勝てないんだ」ちょっと自分でやってみようか・・・・。
 DMに触るきっかけが訪れました。

 明日に続きます。


lighter_100 at 20:42コメント(0)トラックバック(0) 
訪問者数

楽天市場
訪問者数

楽天市場
livedoor プロフィール
リンク集
★DMリンク集

DUEL MASTERD@プラトさん

★箱のお仲間リンク集

ヒナギクの裏blog@ヒナギクさん

タルホ(男)のTCG東夷伝@タルホさん

唯我独尊DMブログ@おっことぬしさん

まじタコス@もっくん

DM反省文@たいちょさん

★信州のデュエリストリンク集

さんぽーの秘密基地@もう一杯@さんぽーさん

運天任雑記@壱号さん

Musica di una luna di mezzaluna〜三日月の音楽〜@皐月さん

DUEL MASTERS Diary@アバスノナリスさん

鉢羅麼怛羅@彷徨いさん

デュエル・マスターズ☆LOVE
@H∧Lさん

★おやぢデュエリストリンク集

DM賽の河原@ヨワゴシさん(群馬)(休止中)

DM sprouts♪@TKKWさん(埼玉)

人生カウントダウン @ポコ丸さん(京都)

nam's blog@namさん(長野)(休止中)

デュエルマスターズと平和を愛するおやぢのつぶやき@六文銭さん(長野)

Black Hall DM@アウゼスさん(京都)

やっぱりさっぱり人間力@tcgdensukeさん(長野)

デュエル親子鷹@Imaさん(富山)

しょみんの生活@ポリゴンさん(岡山)

Duelパパ@パパッチさん(福岡)

For Beginner 高知@K先生さん(高知)

DMとPapaとChoo @ teafさん(埼玉)

続・Wの寸劇 @ W(父)さん(長野)


★青年・少年デュエリストリンク集

海と空とDMと・・・@まよっちぃ〜さん

DM桃太郎激闘史ゴメスさん(山梨)

ぶーの隠れ家@ぶーさん(兵庫)

無口の人の無口なブログ@無口の人さん(長野)

DM Battle Mode@ルピアさん(長野)
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ