おはようございます、清野です。

生活リズムが崩れに崩れ、
この時間になっても眠気がきません。

あいについて、
読んでいただけているでしょうか。

次のお話は今上映中の、
天気の子を見てから書こうと思っています。
多分月曜かな、次の。


新海誠さんの映画がとても好きで、
二十歳くらいの頃は秒速五センチメートルという
映画を寝る前に必ず見てました。

だから、君の名は、が最初話題になるまで
新海さんの作品だと知らず、
驚いたものでした。

君の名は、は劇場に五回足を運びました。

今プライムで秒速や言の葉の庭など、
新海さんの映画が見られるので、是非。


過去、自分で声をあてたボイスドラマがありまして、
秒速をかなり意識して作ったんですが、
滑舌の悪さと、声の魅力のなさに愕然としました。

レコーディングは、とても楽しかったんですけどね。

ヒロインをやってくれた子は、
元気にしているでしょうか。

当時十九歳くらいだったから……。
名前は聞きませんが、まだ歌とか、
声優やっているのかな。

あの子は、とても綺麗な声をしていました。
演技力も、声だけで難しいのにしっかりしていて。


気が付くと、思い出ばかり振り返っています。

決して、今に不満があるわけではなくて。
というか、むしろ今はとても充実しているんですが。

でも、考えてしまう。


過去は、僕にとってとても大切なものです。
失敗に学ぶとか、経験を活かしてとか、
そういうことではなく、

ただ、昔日を思うといいますか、
それがあると、僕は行動出来るんです。

基本的に恥ずかしい人生を送ってきているので、
人に自慢出来るようなことではないのですが、

それでも、

死にたいと思ったあの日のことから、
悔しくて泣いたり、悲しくて泣いたり、
人には言えない恥ずかしいエピソードまで。

生きていてよかったなぁと、
今は思えるのです。

そして、これからもそれは続くでしょう。



ようやく眠気が見えてきました。


それでは、また。


~おやすみBGM~
銀杏BOYZ/銀河鉄道の夜