ライトノベル放送局 公式ブログ

ニコニコ生放送にてライトノベルについての生放送を行う生主合同のニコニコミュニティの公式ブログです。

【第3クール-2回】しりとりラノベ感想「タ」@ルイス

 大変お久しぶりです。ルイスです。
 最近はペンキさんと顔を合わせるたびに、今回のプリキュアほんと面白いよねと言い合っているこの頃です。月3とか4回くらいペンキさん、katariyaさんと放送してたりもします。そちらも是非、コメントでも聞き専でも一緒にお話しするでも構いませんのでご参加いただければと。

 ではでは、前回のペンキさんが「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 」でしたね。こう、軍事系オタクには目覚めなかったのでよくわからないのですが、ちょっと昔やってた戦車潰すネトゲは楽しかったですね……アメ車は俯角仰角頭の固さだけしか取り柄がないねんて……(白目)
 さて、それはさておいて今回は「タ」ですが、ちょうどよく積み本棚に見つかったのが「ダ」でしたので、取り上げる作品はこちら。
断罪のイクシード -白き魔女は放課後とともに- (GA文庫)
海空 りく
ソフトバンククリエイティブ
2010-10-16


以下、格納。
 続きを読む

【第3クール-1回】しりとりラノベ感想「グ」@ペンキ

 みなさんこんにちはこんばんは。お元気ですか。「大して面白いことをやってるわけじゃないのに、なんかいつもいるよねこの人」でお馴染み、ライトノベル放送局を代表する小物生主ことペンキです。

 ということで第3クールです! いつの間にやら更新がSTOPしてしまっていた本企画ですが、なんとなくまたやる気が出てきたので再スタートすることになりました。そうですね、思いつきですね! また1週~2週おきくらいのゆったりペースで続けていけたらと思っていますので、よろしくお願いします。
 メンバーは今のところルイス君と僕だけですが、随時参加者募集中でございます。

 さて初回のお題。実は先日ナグさんと放送をさせてもらった時に文字を提示してもらったのですけれども、ルイス君も僕もその文字がなんだったのか綺麗サッパリ忘れてしまったので(爆散)、ここはひとつ、尊敬する大先輩ナグさんの「グ」から始めたいと思います! 先輩すみませんっす!(土下座)
 ということで今回取り上げる作品はこちら。


 

以下格納。
 

 
続きを読む

【第2クール―18回目】しりとりラノベ感想「ウ」 @ルイス

 皆様、お久しぶりです。ルイスです。
 図らずもちょうど1ヶ月ぶりの更新になってしまい、待っている人がいるかどうかはわかりませんが大変お待たせしてしまいました。申し訳ありません。しかし、最近は読んだものの感想を書く機会がとんと作らなかったので筆が進まなかったですねホント……。習慣って大切です。

 さて、前回はペンキさんの「ケ」でしたね。作品は電撃文庫の「月光」。本当に懐かしいですね、4年も経ってるとは思いませんでしたが。僕は刊行時に読みましたが、あの当時やたら衝撃を受けたわりには現在内容をあまり覚えてないんですよね……。それくらい時間が経っていたということなんでしょうか。つらい。

 では、今回のお題は「ウ」。誰かウ攻めをしてるのではないかと思うくらい、この企画で頻繁に出てくるものですがもう残り弾数が少ない気がします。出版関係者様、ウで始まる作品を僕たちは待ってますよ! ちなみに作品はこちら。
歌う峰のアリエス (C・NOVELSファンタジア)
松葉屋 なつみ
中央公論新社
2014-07-24

 

はい、C・NOVELSです。新書サイズだったので読んでいて普段よりも長い気がするとか思いました(小並感


感想はいつも通り格納。
 続きを読む

【第2クール-17回】しりとりラノベ感想「ケ」@ペンキ

 みなさんこんにちはこんばんは。最近アイカツ熱が再燃して、仕事で辛いことがあったらいちごちゃんとあおいちゃんの顔を思い浮かべて凌いでいるペンキです。アイドルはみんなを幸せにしてくれるね!

 今回から6周目に入ります。今回はどこまで続けようか、まだ相談はしていないのですが、どうせだから10周くらいしちゃってもいいかもしれませんね。
 前回ヒジリさんが紹介してくれたのは『瑠璃色にボケた日常』。第1クールのときにルイスさんも紹介していた作品ですね。テンポのよいギャグと完成度の高いストーリーが魅力的なラブコメディでした。

 今回のお題はヒジリさんからの申し出もあり、タイトル末の「ウ」ではなくて、略称『瑠璃ボケ』の「ケ」で回ってきました。ここのところどうも「ウ」に愛されすぎていたので、正直ありがたいです。
 ということで今回の作品はこちら。

月光 (電撃文庫)
間宮 夏生
アスキーメディアワークス
2010-09-10

 

以下格納。



続きを読む

【第2クール-16回目】しりとりラノベ感想「ル」@ヒジリ


お久しぶりでございます。
またもや1週間ほど遅れの更新になってしまって申し訳ございません、ヒジリです。

まずは謝辞から。
この度はコミックマーケット86『ライトノベル放送局文芸部』を訪れてくださった多くの皆さんへ感謝申し上げます。
早いことでコミケも5回目の出店でした。今後ともライトノベルの情報発信の一端を担えればと思っておりますので、今後ともライトノベル放送局、文芸部そして各生主をよろしくお願いします!!

さて、本題へと戻るとしましょう。
前回はスペシャルゲストの猫ロキさんが紹介してくれた作品はこちら。

実はこの作品は知らなかったんですよ……(汗
ただ、猫ロキさんの紹介ですごく興味がわいてきたので、早めに読みます。

さて、そんなバトンも早16回目、ここで僕の紹介する作品はこちら。


瑠璃色にボケた日常 (MF文庫J)
伊達康
メディアファクトリー
2012-10-24



相変わらずの以下格納です!!!!


続きを読む

【第2クールー第15回目】しりとりラノベ感想「イ」@ゲスト:猫ロキ

みなさん、本ブログではかなりお久しぶりです!
ライトノベル放送局文芸部 LsB編集長(?) 猫ロキPです。

お待たせして申し訳ありません。夏コミの原稿作成と自宅の引っ越しが重なり、あとはライブとか主催イベントの準備とか、ほんとやることがいっぱいすぎて手が回らなくなってました…。

あ、コミケは8/15(金) 西い05aなのでよろしくお願いします!

閑話休題。しりとりラノベです。

今回のお題は「イ」。「イ」から始まるラノベ?何かあったっけ?ラノベの杜で調べよう!ということで今年入ってからの新作で調べたところ5作品ほど。その中で「キュピーン」と来た1作品を選んでみました。



新進気鋭のレーベル、オーバーラップ文庫。その中でも「小説家になろう」に掲載していた作品を、文庫化したこの作品を、今回のしりとりラノベの作品に選んでみました。

続く
続きを読む

【第2クールー第14回目】しりとりラノベ感想「コ」@ルイス

 どうも、こんばんは。ルイスです。こ、今回の更新は早い!早いよ!(約10日

 さて、気を取り直して前回のペンキさんは「ウ」で「ウィークエンド・ドラゴン」。講談社ラノベ文庫はほぼ開拓してないもので、兎塚さん絵だなーくらいにしか思ってませんでしたが、異世界召喚なのに帰宅できると、しかもドラゴンなのに心優しいと、なにそれ面白そう。どうにもファンタジーのドラゴンというと恐ろしく強い敵だけど、勇気ある者は認めてくれる的なモノを想像します。はい、そうです、デュアン・サークです。

 では、今回のお題は「ゴ」!……「ゴ」? ウンウン悩んだ結果、ゴジラくらいしか思いつかなかったので、素直に濁点取って「コ」にしました。作品はコレ!
 
この恋と、その未来。1 -一年目 春- (ファミ通文庫)
森橋 ビンゴ
KADOKAWA / エンターブレイン
2014-07-30





はい、森橋ビンゴです。今回はほんとめんどくさい方の森橋ビンゴです!(大歓喜

では、感想は以下格納。

 続きを読む

【第3クール-13回】しりとりラノベ感想「ウ」@ペンキ

 みなさんこんにちはこんばんは。アッという間に春アニメが終わってしまい、夏のラノベアニメに向けて未読作品の読破が喫緊の課題となっているペンキです。今は『RAIL WARS!』を読み中。『六畳間の侵略者!?』も早く読まないとだし、あと『Aii You Need Is Kill』も、映画を観る前に読まなければ!

 みんな〆切を守るのが厳しくなってきている本企画ですが、どうにかこうにか5周目に入りました。今回から新メンバーが加入予定になっていますのでお楽しみに。
 前回ヒジリさんが紹介してくれたのは『ジューンブライド上等。』でした。未読ですが、三浦先生は『聖剣の刀鍛冶』の影響でファンタジー作家というイメージが付いてしまっているので、今思うとちょっと不思議な感じ。『上等。』の方がデビュー作なんですけどね。

 今回のお題は「ウ」。なんと計4度目の「ウ」です。まさかラノベ感想企画でガチの文字攻めを受けるとは思いませんでした……。勘弁してえ!
 ということで今回の作品はこちら。


 
以下格納。

 
続きを読む

【第2クール-12回目】しりとりラノベ感想「ジ」@ヒジリ


季節は春から夏へ変わりました。あと何回早見さんボイスのお兄様が聞けることでしょうか(笑)
そんなこんなで社会人3か月目に突入しましたヒジリです。ルイスさんもペンキさんも新社会人と言う多忙なメンバーでお送りするブログも12回目を迎えました!! 期限を微妙に守れてなく申し訳ありませんが、更新したいと思います。

前回のルイスさんからのバトンは……講談社ラノベ文庫から発売されています『ストレンジ・エッジ』でした。
しかし、このしりとりを始めてから積んでいる本の感想やら未読の本の紹介やらが多すぎて、買うのが間に合わない状況に陥っています。誰か助けてくれないかなぁー(横目

さて話がだいぶそれましたが、今回のバトンは「ジ」でした。実は「ジ」と言うと思いつくラノベが限られていまして、その中でヒジリが思いついた作品はこちら。。。



ジューンブライド上等。 (MF文庫J)
三浦 勇雄
メディアファクトリー
2006-05



相変わらず感想は格納で!!



続きを読む

【第2クールー11回目】しりとりラノベ感想「ス」@ルイス

 はい、どうも本当にお久しぶりです。1ヶ月以上の大遅刻で申し開きもありません……orz
どうにか新社会人としてなんとか生活してますが、まだまだやること山積みでラノベ買うことすら覚束ない状況ですが、なんとか1ヶ月に7~10冊くらい読む生活に戻していきたい所存です。放送もしたいっすね……(白目

 さて、前回と言っても1ヶ月も前ですが「絶深海のソラリス」でしたね。記憶が定かでない時点であれですが、それなりに名前を聞いた気がします。パニックホラー 系というとガガガの「俺が生きる意味」を思い出しますが、他にもあるんでしょうか?あまりそういうのは読まないもので、アンテナ張ってないんですよねぇ。結局、シリアスの重い作品って読むのに気力いるので、月にあまり数読めないのですよ。

 では、今回は「ス」。いろいろ考えたんですが、やっぱり続いているシリーズよりは2,3冊くらいのものがいいんだろうと思い、コレにしました。「スカイワールド」ってのも考えたんですけどね……感想は7巻のものですけど。
 


読んでから気づいたんですが、先月に2巻出てるのね。1巻完結で良かったように思うけどどうなんでしょうか。

では、感想は格納します。
 続きを読む

最新コメント
記事検索
lightnovel_stをフォローしましょう
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ