私は君を大きな仕事のために呼び寄せた。
 その仕事の達成を、師匠は君にゆだねた。
 私について来るために必要な強さは、君に授けられる。
 矢を、盾を、剣を君は受け取った。そして私のかぶとで君の頭を守ろう。
 我が名のために戦え、愛が君とともにあるだろう。
 いずれ時が来れば、約束は果たされるだろう。
 炎を燃やし続けよーー私は教える。

 造物主への祈りは、神殿の中でのみ捧げられるものではない。ロウソクのロウは、人生の労苦の中でも燃える。

 反逆する霊は、監獄の扉の錠を粉々に砕く。
 君は他の人たちに、人生の出来事を明らかにするものとして「智慧の書」を読むことを教えよ。
 人生の現れに我々が関与するという奇跡が、君に理解できないということはないだろう。
 君の霊の短所を遠ざけよ、そして霊的に自由な感覚で上へのぼれ。
 人生の幸福を断言する中でぐらつかずにしっかりとせよ、すると道の糸は切れないだろう。

↑このページのトップヘ