2008年08月01日

元官僚内閣、おぞましいの一言に尽きる

いやぁ、さすがに「係長宰相(課長だったっけ?)」、まったく国民目線など無視した、自民党と官僚のことだけを考えた内閣改造だった。これだけ新鮮味のない、そして期待を裏切る内閣改造はなかったのではないか。

どっかの准教授が、この内閣はリスク管理のための内閣だと言っていたが、現在の世界経済の危機に対応するためのリスク管理だったら、こんな「お正月のクリスマスケーキ」みたいなメンバーばかりをそろえるはずがない。
第一、渡辺善美内閣府特命担当大臣(金融担当)が外されたことで、構造改革はやらないことを宣言したようなもの。ほんとに、情けない。

やはり、ここは一刻も早く総選挙をやって、政権交代をして長妻厚生労働大臣なんていう内閣を見たいものだ。これじゃあ、外国人投資家が日本株を買おうなんて気にはならない。株は上がらないし、結局は世界経済の趨勢がどうのこうのじゃなくて、日本が自ら沈没していくしかないだろう。

自民党は、一度野に下って、様々なしがらみ、特に官僚とのしがらみを切って、再建するべきだ。どうせ民主党もそう長くは持たない。かといって、このままでは仮に衆院選挙で勝ってもいまの衆参ねじれ状態が続くだけだ。ここでみっともない姿をいつまでもさらすのではなく、潔く再出発するべきだ。

lightroom0430 at 23:45トラックバック(0) 

トラックバックURL

記事検索
Amazonで買う
Amazonで買う
Amazonで買う
Amazonで買う
Amazonで買う
ビジネスVOICE講座
link-200-40
Amazonで買う
Amazonで買う
Amazonで買う