今日はようやく雨が終わって、気持ちいいお天気ですね
豊能町は、、、もう葉っぱの色が変わり始めていました。
いち早く紅葉が始まっているようです・・・早すぎですね(笑)

保育所・幼稚園、学校では運動会シーズンですよね。
順番を守ったり、踊りを何度も練習したり。
こどもたちの「こころ」と「からだ」をグンッと伸ばしてくれる素敵なイベントです

その反面・・・

いつもと違う日々にこどもたちもそして保護者の方もたくさん疲れる時期だと思います。
眠れない、イライラ、かんしゃく…
こどもたちはいろいろな行動で気持ちを表現している子が多いと思います。

少しでもおうちではゆったりとほっこりリラックスができることを願っています
そんなときにふれあい遊びは、ほっこりした気持ちになれると思います。
少し余裕があるなあと思われた時に、試してみてくださいね 

「おててをシュッシュッシュッ」 
名称未設定

こどもたちの手や足、体を大人の手の平で握りながら触ってあげます。
ポイントはこどもたちがどこを触っているのかが見えやすい場所から触ってあげること
私たちもいきなり首など見えないところを触られるとびっくりしちゃいますよね!
こどもたちも同じです
手の平から肩に向かって、足の先から太ももに向かって・・・というように

「1秒でつかんで、1秒ではなして」 とゆっくり触ってあげてください
スピードが速すぎたり、ソワーッと触ってしまうと、
ほっこりではなく興奮した気持ちにもなりやすくなってしまいます。
ほっこりな気分を味わって欲しい時は、ゆったり、圧をかけながら触ってあげるといいですよ

そして触る時は、タイトルの「おててをシュッシュッシュッ」と歌いながら
もちろん足を触る時は「あしを〜」と変えてくださいね!
触られている部分をことばでも伝えてあげると、ことばの力にも繋がります

また圧をかけて触ってもらうことで、自分の体を感じやすくなります
自分の体に気付けるようになってくると自分の体の輪郭(ボディイメージ)が育ってきます

なかなか寝てくれない時などに、
お布団の上でゆったりと遊んでみてくださいね



AD