2005年08月

2005年08月29日

8/27福岡戦 また勝ったで!

 土曜日5週連続参戦の最終週、現在2位の福岡が相手。福岡はチームの強さはもちろん、サポの応援も素晴らしいところなので、徳島の選手・サポ共々負けられないところです。
 サポたるもの声が命ということで、ライクは応援中にのど飴等が欠かせないのですが、今までは味覚糖のe-maのど飴を愛用していました(粒が小さいので応援中に口に含んでもOK)
 しかし前回の鳥栖戦からは、新コルゲンコーワトローチを携えながら参戦しました。(トローチに変えたのはコールリーダーのkousukeさんのブログの記事を見たからですが)
 確かに効き目がありましたね。のど飴より唾の出る量が減って声が出しやすいですし。
 試合の方は守備が頑張って(久しぶりの完封!)、片岡選手がFK2本を決めて強敵福岡に勝利! ホームで勝ち試合が多く見られるようになってきたので、観客数も増えてきて欲しいですね。ライクも宣伝工作活動がんばる。

 さて、先週の鳥栖戦で、鳥栖サポを煽っていた人間がいたという話を掲示板やブログで聞き、今回の警備の状況や、また煽りが来るのか気になって、ライクもハーフタイムに様子を見ていました。両サポの境界線の緩衝地帯が異様(3倍?)に広くなっていたり、警備員も5人くらいいました。サポの方の投書によって次の節には対処されていたのでほっとしました。警備員やボランティアの方々、サポーターや観客の皆が、安全で楽しいスタジアムを作るために協力し合うことの大切さを、先週〜今週で再認識させられたと思います。

like_yf at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徳島ヴォルティス 

2005年08月20日

8/20鳥栖戦

 今週の土曜日もヴォルティス観戦(5週連続の4週目)の、Mフラッグをかぶる男、ライクです。

 今日も隣の野球場でインディゴソックスの試合(16:50頃開始)を途中まで見てました。ちなみにシルバーパス(45試合15,000円)持ってます。ただし余る予定(汗)。
 6回表の途中で3−0で徳島リード(ただしピンチ)の所までみました。
 応援歌のボードはいつから無くなったんだろう?声出して応援する人があまり多くないように思われました。

 さて、ヴォルティス戦のバックスタンドに着いたのが開始30分前。その少し後にピッチ内アップが始まったので、ちょうどいい時間でしたね。鳥栖サポの方を見ると、試合前から跳びまくって元気です。やはりお隣さん(ここもムービー見ましたが元気&歌もカコイイ)が煽るからでしょうか? 個人的には声を出す方が優先で、十分大きな声を出した上で跳び回れるのがベストですね。飛ぶのに体力を取られて声がおろそかになるのが一番いけないと思います。

 前半は0−0で終了。他会場の経過を見ると、すべて0−0(笑)。全12チームによるドロー沼脱出レースの様相を見せてきました。あ、でも家に帰って確かめると山形vs札幌は雷雨で中止だったようで・・
 後半もしばらく0−0が続きます。点の入らない展開が長く続くとなかなかテンションが上がらないのがつらいところですが、25分に先制点を鳥栖に献上してしまいます。そして相変わらず徳島サポも失点後の立ち上がり(徳島コール)が遅い・・・(*1)
 しかし徳島も30分に同点、そして逆転。得点直後はさすがにみんな元気がいい(笑)。最後まで集中切らさず(多分)に戦ったヴォルティスが1点差を逃げ切り勝利(喜)。阿波踊り→選手並んであいさつ→徳島コール→(オー徳島〜)→ヒーローインタビュー→鉦とともにチャンスコール・・・ああ幸せ。

 これでホーム2連勝、今年も内弁慶の様相を呈してきた我がヴォルティスです(ホーム4勝、アウェイ2勝)。去年の大塚FCの時もホームが滅法強かったので(ホーム14勝1分、アウェイ11勝2分2敗+天皇杯1敗)。まあ、外弁慶より内弁慶の方が良いですけどね。地元のファンが勝利を多く見るためにも。
 ということなので次回のホームも勝ちましょう&勝たせましょう。

(*1)でも直接言わずにブログで文句言うのも何か卑怯な気がしますが、言うタイミングが分からなかったりします(汗)。

 以上、試合の行き帰りの道中の列車内でもヴォルティスのユニフォームを着て宣伝活動にはげむ男、ライクでした。

like_yf at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 徳島ヴォルティス 

2005年08月13日

京都戦前夜

■明日(もう今日か)は久しぶりのアウェイの京都戦。アウェイは応援にまとまりがあるからいい感じ。相手サポの数も多いし声も大きいから余計に燃えます。(今年はホームでも相手の声が大きいですが・・)

■西京極でお会いする人のために、ライクの目印(?)をひとつ紹介します。
 ヴォルティスを応援しているときに、時々Mフラッグを頭に被って応援することがあります(帽子代わりに?)。応援のときは少しでも自分をヴォルティス色に染めたいので。

■会社の帰りの間のことをいくつか。
・今日は阿波踊りの渋滞を避けるため、車でなくて原付で帰ったのですが、ヴォルティスステッカーを原付の後ろに貼り付け、わざわざ遠回りして徳島市内中心部を走行して宣伝活動。
・徳島駅に寄ったら、大塚FCのタオルマフラー所持者発見(にやり)。あと、なぜかザスパ草津のユニ(アウェイ)を着た人も発見。
サッカーJ+、ライクは昨日買ったのですが(売り切れるかも知れないと思って急いで)、今日の宮脇書店(西新浜のマルナカ)では20〜30冊ほど、紀伊国屋書店(徳島駅前)では100冊ほど残ってました。まだ買ってない人は買うように(^^)

■14日は阿波踊りにヴォルティス連が参加するので見に行こうかな〜と思っています。せっかく多くの人が集まるので、ユニを着ていって宣伝活動しようかな、とたくらんでます。

like_yf at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日の日記 

2005年08月07日

8/6 徳島vs湘南

 今日のヴォルティスの試合は徳島市民招待デーで多数の観客が期待できるので、ぜひとも勝ちたい。そしてリピーターが増えてほしいですね。
 前の試合でゴールを決めた大島選手が3ヶ月の重傷・・・またけが人かorz ということで、当日の新聞で、田中監督が補強を検討すると書いてありました。
 前半戦を終えて、今のチームの弱いところや足りないところが分かってきていると思うので、予算の都合もあるとおもいますがぜひ補強してもらいたいものです。
あと、怪我した選手たちが早く復帰できるように「ベッカムカプセル」も補強してください。お願いしますm(_ _)m

 さて、最近ライクが応援するチームでは、ヴォルティスは引き分け続きだし、阪神は中日に追い上げられるしで調子がよくない中、絶好調なのが現在9連勝中の徳島インディゴソックス。(先週の試合がヴォルティスと時間が重なったのがつくづく惜しい)
 今日は(幸い重なっていない)インディゴソックスの試合とはしごするために早めの列車に乗る。ただし連絡バスが無いので駅からは歩いて向かう(汗)

 試合の方は3−1で徳島の勝利!!
 インディゴも10連勝、鳴門工業も初戦突破、阪神も勝利、最高です。

 勝った日は少しの間勝った気分に浸りたくなりますね。引き分けや負けたときは反省点とかいろいろ考えつくのですが(次回に切り替えたいから)。
さて、今日はなんといっても、「後半序盤での失点が無かった」。これがなにより嬉しいです。

 応援の方ですが、同じ歌が数分続くと、だれるように見えるのはライクだけ?
 曲のバリエーションを増やしてほしい気もするし、歌う人を増やしたいなら曲増やしすぎると混乱するような気もするし(でも歌えば自然に覚えると思いますが)。
 曲を新たに開発するのは大変ですが、応援曲のリストにはあっても試合中には使われてなかったり。でも勝利の後に歌われてたりしますね(「オー徳島 俺たちがヴォルティス 〜 」とか)。あと、インタビュー後の大場選手の応援歌も確か過去に使われたものでしたっけ?

 今回はいつもと違ってゴール裏に多くの観客がいたわけですが、ゴール裏の観客は(メインより)バックスタンドに近い分、応援の参加の仕方はどう変わるのかな、と思いました。ライクはいつもバックスタンドのサポ席で声出している関係で、他の席の応援状況がよく分からないので、メインやゴール裏に居た人に聞いてみたい気がします。

like_yf at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徳島ヴォルティス 

2005年08月01日

7/30ホーム札幌戦(2)試合開始後

(試合の内容や技術的なことについては、もっと詳しい方にお任せするとして、応援することを中心に書きます)
 準備は整って、あとは我々サポーターの役割、ひたすら声を出すのですが、湿度が高いせいか、自分が思ったより早く疲れてきてしまう、それでも気持ちで声を出す、出す!
 前半は両者点が入らないままハーフタイムへ。後半8分に、自分がたまたまのど飴補給で下を向いた間に、どうやら失点したらしい。見えていなかったので、一瞬どうなった?と思ったが、落ち込む周囲を見て失点したことが分かる。さっそく徳島ヴォルティスコールの声を出す。試合がまだ続いているのに、落ち込む暇など無いのだ。

 声を出している間に、前半より自分の声が出るようになってきた。いつのまにか霧も晴れてきた。一度ネットを揺らすが、幻のゴール。
 試合が進むにつれて、自分の近くに、応援の声も出さずに小声でプレーへの文句をブーたれ合っている人間がいることが気になり始める。自分は負けずに、ヴォルティスサポの声を結集させるコールリーダーさんの、そして戦い続けるヴォルティスの選手たちの少しでも力になろうと、勝つぞという気持ちで声を出す。

 そして得点。徳島サポが少し息を吹き返す。
 その前後も、何度も得点のチャンスがあったけど、惜しくも外す場面が続く。終了が近づくにつれて、周囲はイラつき、声の方も小さくなっている気がした。

 試合終了。1−1の引き分けだった。サポ席は沈黙した。「もう引き分けでは満足しない」これが徳島を応援した者の総意だと思う。
 選手がバックスタンドの前にやってきたときに、サポたちが思い思いの言葉を叫ぶ。中には心ない内容のヤジも飛んだようだ。ライクの耳に入った言葉の中にも「勝つ気あるんか」など、我々サポのために戦った選手に対してさすがに失礼じゃないかというものもあった。結果が出なくて悔しい気持ちはわかるけれど。
 もうすぐ近くに次の試合が待っている選手に、次につなげてもらうような言葉がとっさに思い浮かばなかったのが悔しい。

 落ち込んでいる周囲を見て、とにかく切り替えたかった。
 なかなか勝てないからこそ、より力強く応援しなければならない。強い相手に立ち向かうには、サポも強くならなければならないと感じた。

−−−

 さて、ライクはバス→JRで帰るので、それが出る時間までに帰らなくてはいけない。さっそく片づけを手伝ってスタジアムを去りました。で、当日のことを忘れないうちに帰りの列車の中でこの文章の下書きをひたすら書いてました。うーん、こういうときにJRやバスは便利だなー。運転中だと書けないもんな。

like_yf at 01:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 徳島ヴォルティス 
ハートをクリックしてみ
最新コメント