2005年12月

2005年12月14日

天皇杯

 今日天皇杯のチケット買いました。「12/17のG大阪vs柏@神戸」と「12/24の磐田vs清水@丸亀」の2試合です。
 J1チームのプレーはもちろん、各チームがどんな応援をしているかなど、いろいろ見て行きたいと思います。あと来年アウェイで行くであろう神戸ウィングスタジアムも楽しみです。
 他のヴォルティスサポの方も見に行かれる方がちらほらいるようなので、さりげなくヴォルティスグッズ身につけて行きます(下にはユニも着る?)

like_yf at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 今日の日記 

2005年12月06日

愛媛FC、J2昇格

9c9e9fc4.jpg 愛媛FCが正式にJ2に昇格し、我らが徳島ヴォルティスと来年J2で戦うことになりました。近いアウェイが増えるので素直に喜んでいます。四国同士ということで、今後も比較されることがますます多くなると思います。
 我々徳島サポとしては、「四国代表」の名に恥じない戦いで、きっちり勝っていくだけです。試合も、応援も、両方で愛媛を圧倒できるように準備していきたいですね。


画像:来期よりJ2参戦が決まった、愛媛FCのマスコット「オレンJ」(?)

like_yf at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徳島ヴォルティス 

2005年12月04日

12/3 水戸戦/2006年の徳島ヴォルティス、只今からスタート!

 ついに12月3日、2005年のヴォルティスの最終節は、最後まで僅差の順位争いをしながら迎えることになりました。
 試合は、前回のホーム水戸戦と同じような形で敗戦、水戸と勝ち点・得失点差で並び、総得点で上回ってかろうじて9位。少しでも上の順位で終わりたかったので残念な結果になりました。

 シーズン終了セレモニーが終わった後に、小峯選手がサポ席の前に来てくれました。小峯選手をはじめ、5人の選手が残念ながらヴォルティスから去ることになりましたが、「ヴォルティスの選手として戦った」という事実は決して消えません。徳島のサポーターは、今後も彼らを愛し続けます。

 試合が終わったその足で、「トクシマ サポーターズナイト」に参加。普段はなかなか話が出来なかったのですが、この日は、徳島サポーターのこれからの事を熱く語り合うことができました。さらに途中で選手の方が来られて更にヒートアップしていきました。

 そして終了前に秋葉選手が語ったメッセージが、今日の出来事で一番心に響いたことでした。秋葉選手が新潟にいた頃はホームゲームに4万人のサポーターが集まり、そのホームでは負けたことがない。だから徳島でも、せめて1万人は集めてくれと。その後押しがあれば、責任を持って勝利する、と。
 選手には勝利のために最後まで戦い抜く責任があると同様に、サポーターも、応援する人を増やし、後押しを大きくしていく責任があるのだと、ライクは再確認しました。

 今年を振り返ると、サポーターの人数は、今年の初めから比べると少しずつ増えていきました。でも、まだ足りません。
■一人でも多くスタジアムに足を運んでもらう
 ・一人でも多く、「徳島ヴォルティス」に関心を持ってもらうこと
 ・次に、スタジアムに足を運んでもらうこと
 ・そして、「またヴォルティスの試合を見に行きたい」と思ってもらうこと
■応援し、選手を後押しするサポーターを増やす
 ・「応援することが楽しい」「応援するからチームが強くなる」いうことに一人でも多くの人が気付いてほしい

 2005年12月5日、最終44節、対水戸戦の試合終了の笛が鳴った、その瞬間から、2006年の徳島ヴォルティスは始まったのです。
 第1節までの3ヶ月間、ヴォルティスが勝つために自分たちに何ができるのかを考えて、行動しよう。

like_yf at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ハートをクリックしてみ
最新コメント