人生ゲーム

一年。一年乗り切った。僕は仕事をしながらfxをやり、指標発表やオプションブロック攻防、ナイアガラや爆益、塩漬け、各国要人の発言、誤報、色々経験した。通貨ペアもドル円、ポンド円、ランド円、オーストラリアドル円と色々試した。試行錯誤と反省の毎日だった。なんとか資金をプラスにし、一年を終えた。ある時は勝ち続け、ある時は負け続け、終盤は前半の損失を埋める爆益でなんとか資金を元値以上の資金にした。
来年もプラスに出来る自信は持てなかったが、勝った。とにかく勝ったのだ。

来年も勝てるだろうか?勝ったとは言え数万だ。こんな利益、あっという間に飛ばしてしまうだろう。だが、続ける。何年かかろうともこの世界で闘うと決めたのだ。どんなに負け続けようとも、一年でプラスに出来ればそれでいい。僕は少しだけ、自信をつけて一年を終えた。

新年を迎えた。僕は1月2日から既にFXをやっていた。
そして、二週間もしないうちに一年で得た利益を飛ばし、大漁の塩漬けポジションを持ってしまっていた。

「どうしてこうなった」

なんでだろう。僕は去年、何を学んだというのだ。経験を得たつもりになっていただけなのか?分からない。僕は、これからどうすればいい。今年も勝てるつもりだった。このまま資金は増えて行くと思っていた。現実はそんなに甘くなく、調子に乗った僕を容赦なく攻撃してきた。市場はそんなに甘くない。このままトレードを続ければ立ち直れない。僕は再び修行する事にした。

1000通貨修行だ。通常、fxは1万通貨以上で取引し、ハイレバレッジをしている人は最大25倍の資金で戦っている。例えば1ドル100円で1万通貨なら100万円の取引をしているわけだ。一回のトレードの損益は数十円から数万円。
1000通貨なら1円動いてようやく1000円だ。為替は何もなければ一度にそこまで動かない。0.001円の戦いなのだ。
利益は数円~数十円になるだろう。だが、リスクはほとんどなくなる。僕はローリスクでしばらく経験を積む事にした。

地味な闘いだった。派手な戦闘はない。なるべく値動きの少ない時間帯でパソコンにかじりついた。下手しなくてもバイトの方が稼げる。利益は少なく、時間だけが過ぎていく。1日100円とか200円の地味な闘いだ。
それでも、確実にプラスにしていった。着々と。気の長い闘いだ。数百万の資金があるのに、利益は数十円。増えているか減っているかも分からない程度の増減に焦らず、ただただ確実に。勝つ。それだけを目指した。

一月が過ぎ、気づいた。電気代と通信費で負ける。

「\(^_^)/」




1月は負けに負けた。この修行で強くなった実感もあまりない。だが、勝てる自信がつくまでは続けるしかない。

社会人になってから3年経っていた。あのボウリング会にはほぼ毎月参加し、常連と化した自分がいた。娯楽をほとんど知らなかった僕は、ボウリングに、いや、このボウリング会にどっぷりハマっていた。今の僕は初参加の人に優しく声を掛けられるようになるまでに成長していた。ボウリングの成績も段々良くなった。ここ数年で随分と大人になった、人間として成長した、そんな気がした。あの頃の僕はなんて子供だったんだろう。高校生の時、自分はもう大人になった気でいた。20歳を過ぎ、高校生の時の自分はなんてガキだったんだと思ったものだけど、今思うと社会人になってからもまだまだ子供だったんだ。

資金はこの三年で350万まできた。だが一年100万でも1億まで96年と半年かかる。株式投資はきっぱり諦めた。一年でトータルプラスにならなかったのだ。持っていた株は二年でなんとか元値に戻りすぐ売却した。配当分プラスになったから銀行金利よりは良かったわけだ。だが、父さんには合わせる顔がなく、盆と正月さえ帰っていない。たまに母さんから電話でたまには帰ってこいと言われるが出来れば自信を持って堂々と両親の所に帰りたかった。

そして今、僕は新たな挑戦を始めようとしていた。

外国為替証拠金取引。通称FXである。fxは9割が負けると言われている。しかし、僕は再び金融市場に足を踏み入れようとしていた。fxは土日を除いてほぼ毎日24時間取引出来る。外貨預金よりも手数料は安く、気軽に換えられる。キャンペーンで取引に応じてキャッシュバックを受けられる事も魅力を感じた。
一年だ。一年勉強に費やした。ネットであらゆる情報を集め、掲示板を読み漁った。暇さえあればあらゆる通貨のチャートを見続けた。休日はボウリング会や外せない用事を除いて全てfxの勉強に力を注いだ。あとは実践で経験を積むだけだ。
人生はまだまだ長い。一生勉強に違いない。僕は世界で戦う覚悟を決めた。
いつか僕は事故を起こしたり、怪我をしたり、病気をしたりして働けなくなるかもしれない。そんなとき、fxは24時間だ。世界を相手に戦える実力をつけていれば身一つで生きていける。タブレットがあればどこでも取引出来るし、パソコンなら多くのfx会社で取引出来る。
一年で勝てるようになるのは難しい世界だと思う。毎日のようにある指標発表、世界恐慌や通貨危機、各国の情勢、企業投資家や資産家による為替操作、国による為替介入。為替が動く要因はまだまだある。だが、死ぬまでに必ず1億にしてみせる。

そして、僕の新たな挑戦が始まった。21歳、資金350万。いつまで生きられるかは分からない。残り9650万。絶対に貯めてみせる!

このページのトップヘ