July 13, 2017

暑邪を乗り切っていきましょう!

皆様、御元気ですか? 

九州風水研究所の未知です。

 

この度、朝倉杷木地区含む九州北部の豪雨災害に遭われた皆様へ。

心よりお見舞い申し上げます。

今もなお多くの方々が避難されていて・・・

一日も早く普段の生活を取り戻せるようお祈りしております。

 

自然災害は、防ぎようがなく本当に恐ろしいものですね。

いつ何時に起こるかも分からない世の中です。

常に予備、そして予兆を察して回避できる策を準備しておきたいものですね。

 

風水学の中のひとつである《暦》でみると・・・干支暦、九星暦、五行、数秘その他での相剋や、年、月と日運の差で相生相剋の日が分かります。

来年、開講を予定している中上級講座では更に細かく暦学も学びます。

沢山の引き出しを持っていて損はありませんよ。

 

LIKIでは定期的に風水セミナーを開催しておりますが、ぜひ今後の気象だけでなく、

経済予測も含めて、風水の知識も取り入れ活用して頂きたいなぁ。。。と思うところです。

 

そんな暦を先日、私なりに来年の運気の傾向をみてみました。

色々な意味で変革となりそうです!(-"-)(結構色々あるようです。。。)

講師陣には先に勉強会でお知らせしますが、皆様にもどこかの機会でお伝えできればと思っています!

ぜひLIKIブログ、SNS等をチェックしていて下さいねー

 

ちなみに、今月の暦を見てみると、7/19〜土用の期間に入りますね。

又、23日からは大暑です!

江戸時代の漢方医、貝原益軒の養生訓では、下記の大暑時期の指導が残っています。

「夏は伏陰、陰気が体内に隠れる為、食物の消化が遅と。。。

なるべく少し通常より少なめに飲食をするが良い」と記載してます。

まずは、温かいものを食べて脾胃を温め、冷水を飲んではいけません。

冷たい生ものは全てよくないので、冷えた麺も多く食べてはダメだと・・・

昔から言われていますよ(-_-)zzz


温かいものを食べて胃腸を温めて、冷たい水は飲まないようにし、冷たい生もの、冷えた麺類の食べ過ぎに気をつけましょうね(^_^)/

漢方では、「気」は生気を創る場所と言われ、胃腸で作り出されるとされます。
そのため、冷たいものを摂り過ぎると胃腸の機能が低下し、夏バテしてしまうのです。
胃腸に負担をかけないように、なるべく温かいものを食べるようにして下さいねー!

健康に留意して暑邪を乗り切っていきましょう!

 

日々之善心前進!

 

未知 拝

 IMG_7650



liki_jp at 20:49│Comments(0)未知 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字