マインクラフト ~ リリシア放浪記

PC版Minecraftことマイクラでサバイバルをプレイしています。現環境はver1.13.2のバニラ(Modなし)です。建築をメインにすすめていきますが、探検や素材集めなどのことも記事にします。

2016年06月

浮き城をつくる(2)

前回から引き続き、浮き城をつくっていきます。

55

今回は城を建てる土台となる浮島の部分をつくっていきます。
ちなみに高度はちょうどY=100にしています。

結構怖いです。

32
直径32で円を書いていきます。

しかし下のマーキングした分とこの高度まで上昇するために積み上げた分とでかなりの土を使ったため、途中飛び降りて土の回収に向かいました。

海の上だと降りるのが楽ですね。落下ダメージありませんから。

一回下のマーキングのところに落ちそうになったことがあって焦りました。

50
前回同様、魔法店裏手の土の山に

13
犠牲になっていただきました。ナム

・・・画像上の方に映ってる黒い2つの正方形はなんだろう。
まさか心霊写真!?キャー

49
4スタック追加。

30
微妙に遠くに浮島の足場が見えます。

48
コルネリウスハウス脇から。
モニュメントみたいでかっこいいですね(?)。

24
さて、無事に円形になりました。
今度はこの中を埋めていきます。

19
途中wとqを間違えて海に土を1スタック丸ごと落っこどした間抜けはこちらです。

13
4スタックなんて一瞬でとけてしまいました。

53
仕方ないので、近くにあった山もリリシア・ザ・リッパーすることにしました。

08
\ガオン!/

23
これならきっと足りる・・・といいなあ・・・

58
や は り 足 り な か っ た orz

30
また少し現地調達して埋めてやりました。

空飛ぶせんべいの完成です。

57
私は基本夜は寝てしまうので大丈夫だとは思いますが、万が一も考えて湧きつぶし。

念には念を入れて、な

24
次回は島の裏側を肉盛りしようかな、どうしようかな。

浮き城をつくる(1)

明日で当ブログ開設より3週間となるのですが、早くも総訪問数が100人を超えました!
ご覧頂いている皆様、本当にありがとうございます。

では、前々から宣告していた通り、第1回目の大規模建築を開始します。
200人までに完成させたいけど、どうだろう・・・

46
いきなり大規模建築を行うのはいくらなんでも無謀すぎるので、まずはマーキング用の土を確保します。
前々回のインフラ整備の際の整地でごっそり持ってかれましたので・・・

ちょっとそこにある土の山をほぼ根こそぎ頂くことに。

35
ごちそうさまです。
前の画像とアングル変わっちゃってますが。

04
だいたい、5スタックと少しですね。

26
結構目立ちますね。

07
さて、現場に到着です。
今回はこの海の上に作ります。

しかし、水の上に浮かぶ城をつくるだとか、新しい孤島をつくってその上に建てるだとか、そんな生野菜な生易しいものではありません。
タイトルにもありますが、空に浮かぶ島をつくって、その上に城を建てます!

今回の建築はTwitterで募集したアイデアを採用させていただきました。ありがとうございます。

ではなぜいちいちブロックの置きにくい海を選んだのか。陸の上だと真下の湧きつぶしが面倒ですし景観もかなり悪くなるからです。
・・・一部真っ暗な海もかなり景観悪いですが。

31
測量中・・・

03
とりあえず仮設の足場と目印を兼ねた土を配置。

59
15ブロックおきに土を多めに盛って目印にしてます。

32
こんな感じに。

・・・しかしあることに気づきました。
直径を偶数にしようとしてたのですが、このままでは奇数になってしまう・・・

08
なんとか偶数に直しましたが、時間をロストしたためここで中断しました。
見た目ほとんど変わりませんけどね・・・

大規模建築用のプレハブ的なものをつくる

当ブログの訪問数がもうすぐで100人に到達します。
そのため、Twitterで宣告していた大規模建築をするための下準備に入ろうと思います。

41
で、その大規模建築を行う場所ですが、前々回の記事で訪れたここです。
※画像は使いまわしです

このあたりにその大規模建築を行う上での仮設拠点のようなものを建てることにします。

20
さて、今回の資材ですが、久しぶりに硬焼き粘土を使います。
ただし魔法店のときとは異なり今回は赤色です。

何度も言うとおり初期スポーン地点が巨大メサだったため、硬焼き粘土ならほぼ一生分あります。
普通なら明らかに贅沢なのですが、ぶっちゃけ私にとっては硬焼き粘土より普通の白い砂岩の方が希少価値高いです。

31
あ、うるさかったので駆逐しておきました。
盾と弓を素早く入れ替えて戦うこのサバゲー感は病みつきになります。

24
なんだこのキッズルームチックな色合いは。

21
両手に花・・・いや粘土とはこのこと。

とりあえず4スタックで止めておきました。

01
今まで蓄えてきたネザーウォート。

09
ぜんぶブロックに固めてやらあ

・・・そういえばマグマブロックとかもそうですけど前まで英語表記だったのにいつから日本語表記になったんでしょ。

17
場所はこの辺りで。
ここからだと見えませんが先ほどの海がすぐそこにあります。

54
ちょっとだけ整地して四隅を決め、サッサと作業台とチェストを置いておきます。
やっぱこのブロックのテクスチャが・・・

39
なんかもうこの時点でいろいろ危険です。主に柱が。

赤の硬焼き粘土が全然赤く見えない!

21
今回はあえて豆腐ハウスにしようと考えていたはずなのに、なぜかこうなりました。

07
24
気づいたらこうなってました。

・・・あれ?案外中華っぽい?

06
もっと中華っぽくしようとしてたはずが、どういうわけかこうなりました。

47
1階。
特に内装は考えていませんでしたが、そのうち絵だの額縁だの観葉植物だのを置くかもしれません。

34
2階。
こちらも割りと無心で作りました。
本当なら全部柵で埋める予定でしたが、せっかくの海辺なのでベランダっぽくしました、仮設ハウスなのに。

41
あとはランプを付けて終了。

遠目からだとネザーウォートブロックも赤ペンキを厚塗りしたように見えて結構よさげな気がします。

今回も適当に名前をつけますか。
赤だからコルネリウスハウスでいいでしょう(元ネタわかる人はいるのだろうか)。
せっかくなのでここらの海岸もコルネリウス海岸と命名しましょう。

実は、今回の建築は建材としての評価があまり良くなかったらしいネザーウォートブロックを建材として使ってみるという実験的な意味も含まれていました。
いざ使ってみると、割りと濃いめの赤色が独特で、アクセントとしてかなり力を発揮する建材となりうる気がしますが、どうでしょうか?

全ての道は魔法店に通ず?

リリシアは、長い旅路の果て無事に生還した。

・・・いや、無事というのは半分以上嘘だ。
下手に歩き回ったせいでワールドデータを無駄に重くしてしまったのだから。
そして、リリシアはアカシアの苗木と引き換えにベッドを失い、足枷を重くされる運命となった。
まる。

激情版リリシア放浪記、完

36
そんなこんなで海の上で一夜を明かすというとてもさみしい経験をしました。

今思えば前回捨てたネザーウォートの呪いだったのかもしれません。

36
さて、今回はインフラ整備をします。
見ての通り変な場所で道が途絶えていますので・・・

向こうに岩山がありますが、ちょうどあの向こうにムボー村があるので、途中曲がり角は設けますがほぼ直線でつくります。

28
どういう池なんだここは。

49
ここから先は小道ブロックではなく

03
丸石の上つきハーフを使います。

14
途中こんな曲がり角をつくりつつ

54
このようになりました。

石の部分は全部土に張り替え。

35
・・・ようと思いましたが足りませんでした。

15
次はトンネル工事。
次の大規模建築で丸石を大量に使用する予定なので、馬鹿にできない収入・・・といってもかなり巨大なものを想定しているので、この程度はスズメの涙だと思います。

・・・いっそこの岩山半分くらい削り取っちゃう?

10
開通したときのこの達成感。

開通直前でヒツジの声がして「おっ?」となったのはなかなかいい思い出。

ちなみにあらかじめ座標は調べて向こう側も少し掘ってありました。

33
床の張り替えのためについでに石炭鉱石掘ってたらでこんな穴ができました。
よくあることではあるんですけど・・・さすがに多すぎる・・・

31
なんかもう一つトンネルができましたよ。
そしてシルクタッチツルハシが犠牲になりましたよ。

06
張り替えはこんな感じでとりあえず床だけ。
サイドに階段を置いて水路に見立てるアイデアはてんやわんや街長さんの本、できるマインクラフト建築からいただきました。
街長さん感謝です!(ここで言っても仕方ないけど)

04
ただ、このトンネルには段差があるため間にハーフを挟むなどして、平面の部分は街長さんのをほぼマネしつつ、段差部分は自分なりに違和感のないように工夫しておきました。

44
壁と天井はいじってませんが、現状でも馬に乗っても天井に頭が埋まることはありません。

27
両方の入口に、石レンガで入口っぽいものをつけておきました。
デザインになんのひねりもありませんがまあ・・・

だってトンネルなんて作ったの初めてなんだもの!(言い訳)

24
トンネルからの道は、村の道とくっつけておきました。

18
51
あとは看板を適当に設置。

看板の上に看板置くやついいですね。(これも街長さんのアイデアだけど)

激情版リリシア放浪記

ver1.10にて、メサバイオームの地上付近に金鉱石が多く生成される廃坑が出現するようになりました。

私の初期スポーン地点はメサではありますが、データを作ったときはまだ1.9(しかも1.10のアップデートの日に開始したというワーストタイミング)だったので、魔法店付近には当然ながら生成されていません。

しかし、不幸中の幸いなのか、ここのメサは(他の人から嫉妬されそうなくらい)広いです。まだ全てを見回りきれてはいませんが、下手したら全長1キロに及ぶほどの巨大メサかもしれません。

25
なら話は早い。

ルス浪放アシリリ

08
あの白いものは・・・

あの地面に敷かれているものは・・・

徒歩3分くらいで見つけてしまいました。
まだ魔法店の地下の廃坑ですらケイブスパイダースポナー見つけてないのに・・・

37
日にあたるところだからこのスポナーは制圧したも同然・・・という考えは甘かったようです。

ここはもう少し武装を備えてからの方がいいでしょう。

23
カラフルな廃坑って新鮮ですね。

09
意外とあっさり見つかる金。

もしかして本来生成されるはずの石炭鉱石が金鉱石に差し替えられてるのかな?
・・・なにそれ超裕福。

とにもかくもメサは全バイオームで一番の大当りなのはほぼ間違いないでしょう。
1.10からは特に。

20
チェストトロッコの中身。

最初見たとき声出しました。確か1.9から自然生成されるチェストの中身が分散されるらしいですね。

・・・というかなんで私こんな紙持ってるの?

エンチャ本は落下耐性1でした。

08
廃坑から一旦帰宅→司書Aさんらと取引→本棚を購入→15台揃った→やったー→ダイヤツルハシも鉄ツルハシも幸運エンチャ不確定→・・・

41
さて、さっきは西へ遠征したので、今度は東へ。
PCでボートつくるのはこれが初。そしてオール付きボートもこれが初。

02
お!思っていたより速い!
そして操作性もよさげ!

調子に乗ってかなり遠くまで・・・

32
とりあえずここらで上陸。

メサの赤い砂ばっか見てたせいで白い砂が新鮮に感じる・・・

52
奥に見えるあれは・・・サバンナ台地!

・・・ほんとこのメサどんだけ広いんですか?私さっき海(入江だったっぽいけど)渡ったのに!

29
そして麓にはまさかの村。1.10仕様の村は初ですね。

・・・ここにも側に嫌な空洞が。ムボー村の友好村かなにかでしょうか。

14
湧きつぶししようとしたのですが・・・ああ、そういう・・・

42
ここは牧師率高めですね。

02
自然にできたにしては綺麗な砂の山。まるで朽ちた城のようです。

32
気づいたらまた村がありました。
・・・村ってこんな生成率高かったっけ。

割りと大きめの村ですね。

52
泥棒。

04
窃盗。

19
その代わりに砂利をプレゼントしましたよ。エライ

#この時点であるものがなくなっていることに気づいた人RT

・・・ここTwitterじゃなかったね

51
アカシアの原木と苗木をもらうべく、ネザーウォートを犠牲にします。
もうだいぶ余ってるしいいよね!

29
浮島。

サバンナ台地すごいけど怖い。

32
そして気づいた衝撃の事実。
ベッドの回収を忘れていました。

生贄の祭壇を作ってもいいのですが、このとき私の頭にあったことは一つ。

海に逃げるんだよオオォォォ!

16
途中スケさんや先生にこんばんはと挨拶されましたが、残念ながら(?)ガン無視したので無傷で海に出てしまいました。

・・・続く。

自己紹介
【名前】
リリシア(Lilisia)

【マイクラ暦】
2015年12月~(PS4版)
2016年6月~(PC版)

【プレイスタイル】
サバイバル、バニラ、建築

【メール】
lilisialiowhite@gmail.com

【ツイッター】
@Lilisia_CraftCC(マイクラ専用アカウント)
@Lilisia_CCC(雑多アカウント)
概要
当ブログでは不定期更新ということにしてありますが、おおよそ火・木・土の22:00頃に更新し、時折おやすみを頂くスタンスです。

また、頂いたコメントには基本的に全て返信するようにしていますが、遅れが生じる場合がありますので、ご了承ください。

なお、Modの導入、テクスチャの変更などの予定はありませんが、スキンの作成、変更は不定期に行っています。
ピックアップ記事