マインクラフト ~ リリシア放浪記

PC版Minecraftことマイクラでサバイバルをプレイしています。現環境はver1.13.2のバニラ(Modなし)です。建築をメインにすすめていきますが、探検や素材集めなどのことも記事にします。

2016年07月

浮き城へ行く手続きをする役所をつくる

34
前回浮島へ入るための道を設けたわけですが、あの島には城ができる予定があるにもかかわらず、このままでは色んな人が勝手に侵入してしまう恐れがあります。
そこで、勝手な侵入を防ぐべく、ここに関所といいますか入るための手続きを行う役所のような建物をつくることにします。

03
今回も贅沢に硬焼き粘土を。
あと、今回から始めて硬焼き粘土を染色しました。画像にある黒の硬焼き粘土ですね。

59
なんとなく砂岩を使ってみたかったので。

12
余談ですが、魔法店の傍にあったこの洞窟が犠牲になりました。

55
話をもどして・・・
床の張り替えですが、今回はこんな風に掘って

01
大量に余っていたオレンジの硬焼き粘土とグロウストーンよりお安いマグマブロックの親和性が色的に高かったのでそれを敷き、その上を更に白ガラスで覆ってみました。

10
マグマブロックの明るさを15にしておいたのですが、何故かすごく明るいです。
昼間ながらやけに光って見えます。

31
内装は後回しにして、先に外観を。
モチーフなどはとくにありませんが、いくらかてんやわんや街長さんの手法を参考にさせて頂いています。

29
また、屋根の一部に上つきハーフを使っていますが、マグマブロックをカーペットで隠すことで目立たずに湧きつぶしをしています。

06
1階はこんな感じで。
奥にあるカウンターで手続きを済ませ、審査を待てば手前のカウンターから浮島へ通してもらえます。
レバーとかペンにしか見えないし雪とか書類にしか見えない。うん。
間違ってもカウンターを飛び越そうなんて考えないように。
あと職員は透明ですので心眼で会話願います。

57
2階は360°見渡せるラウンジ。
さりげなくレッドカーペットの下にグロウストーンを忍ばせてあり、1階の照明も兼ねていたりします。
ここの審査は馬鹿みたいに長いことで有名なので、住民からの苦情のもと2階にカフェを設けるに至ったとか。
なお、この建物のどこにも厨房どころか冷蔵庫もコンロもないのにスタッフがどこからかアイス・ホットを問わず飲み物を運んでくるため、都市伝説として語られているそうです。
更に、このラウンジには悪魔が潜んでおり、絶対に天井を見てはいけないという暗黙のルールがあります。

19
・・・そう、決して

56
実は、無計画建築派の私にしては珍しく事前にクリエイティブで試作をしていました。
というのも、いざ作ろうとしたらどういったデザインにしようか全く思いつかず、漠然と建築を進めてもひどいものができかねないと思い、試作に至りました。
基本的に外観は一緒ですが、梁の色が試作段階では異なります。なんかぱっとしなかったので。

39
本当なら1階に観葉植物があったのですが、タイガバイオームを未発見のためシダがなく、なにを代わりに設置しようか迷って結局なにも置いてません。

23
湧きつぶしの可否についても、事前に確認しておきました。

サバイバルでつくるにしても一度はクリエイティブで試作をすべきと街長さんも仰っていたのですが、今回ようやくそれが本当なんだなぁと実感できましたね。試作のおかげでかなり迷いなくサバイバルでも作っていけたのは爽快感すら感じました。

※追記、タグに「リポリード町」を追加しましたこの変更は後のタグ改定によりなかったことになりました

浮き城をつくる(5)

気づけば当ブログの訪問数が200を超えてしまいました。このような粗末なところすらあるブログをごひいきいただき、本当にありがとうございます。
ここまでの短期間で200を突破したからには、私も本腰を入れて作業をガンガン進めていかなければなりませんね。
これからも応援、どうぞよろしくお願いします!

19
実は結構前に浮島の内部をこんな感じでハーフ敷きまくってました。

今回はこれを残りの場所にも施し、おまけでオプションをつけようと思います。

25
ここでちょっとCM

今こんな感じです浮島。
あれの上に城が建つわけですからなかなかの迫力になる気がします。

42
では、なぜか先にオプションからつけていきます。
ここに穴をあけます。決して墓穴を掘ったわけではありません。

26
わざわざ土を積み上げて下からハーフを階段状につなげていきます。

13
とりあえず近くの山と接続。
完全に孤立した浮島ではなくある程度地上とも連絡が取れるようにしました。

ゆくゆくは傍のメサ台地とつなげたり対岸の砂漠につなげたりして移動の際の中継拠点として使う予定です。
浮島っぽさが薄れてしまいますが、立地・・・いや海上だから立海?それとも浮いているから立空?・・・どちらにせよ立◯がよすぎたので移動に使ってしまいます。

47
次に島の天井・・・いやここ自体が島から見れば地下だから床?ともかくそれっぽい部位の中心に穴をあけて・・・
(これも墓穴ではありません)

01
私の手を痛めつつ素手で磨き上げた閃緑岩を設置。

・・・いつも思いますけどこれ花崗岩じゃないんですか?
(調べたところ花崗閃緑岩なるものが存在する模様)

48
こんな感じでぶっとくて強い柱にしました。

00
気づいた方もいるかと思いますが、この島の地下は2階構成で、地下2階はこんな感じです。
ここはハーフを施す予定はないので、倉庫が適任でしょうか。

47
周囲の土の壁が見えないようにコーティングしたほか、中央の柱に螺旋階段を設けました。

なんかベッド脇の松明のせいで祭壇っぽく見える・・・

51
天井もコーティング。
今回は少し未来感のある感じにしたかったのですが、内部が凸凹なせいであまり未来感ないですね・・・

10
天国の階段?

こう見ると結構小さく見えるのですが、中に入ると割と広いので自分でも驚きます。

火事の消化時間もプレイ時間もにゃい

このごろ割と多忙でマイクラ自体に触れることがなかなかできずにいます。
しかし、丸1週間も更新なしにするのはいやなので、無理矢理ですがこれまでスクショだけした探索、冒険を記事にしようと思います。
とはいってもかなり小規模な記事ですが。

00
割りと前のことですが、地図をつくりました。

02
オフハンドで地図使いやすくなりましたね。

16
このときは6枚でしたが、今はコルネリウスハウス周辺も地図にしているので9枚です。

35
ちょっとコルネリウスハウスの北にある台地に登ってみましたが・・・なんもない!
見る人によっては硬焼き粘土というお宝の山ですが。

47
台地の終端から見ると、なんかさみしそうな巨木を発見。

19
結構大きいのに周りになにもないので、存在感抜群ですね。

50
なんか火事発生中。
無視しましたけど。

17
このデータで5つ目の村発見。
村ってこんな生成率高いっけ・・・。

道がでこぼこでお客を歓迎する気が全くありませんね、木ならすぐそばにありますけど。

05
その村のすぐそばでも火事発生してました。
そこの村も火事になる可能性がありましたが、別にムボー村さえ無事なら割とどうでもいいので、道の整備をサボった天罰ということにしてスルー。

49
実は赤砂岩はレアなのよォォォォッ!

いきなり塔をつくり始めちゃう(1)

浮き城だけ黙々と作っていてもネタ的につまらない(というより建材が足りない+私が飽きる)ので、違うものも手掛けていこうと思います。

23
じつは、かなり前から、それも大倉庫どころか魔法店ができる前から、このあたりでスケルトンの熱唱が聞こえていました。
それでちょっと前に掘って調べておいたのですが。

36
なんと本当にダンスホールがありました。しかも結構浅い位置に。
さらに、この奥の洞窟の先で第3の渓谷を発見しており、現在湧きつぶしを兼ねて地底マンション2号棟として開発中なので、出入りを楽にできるように少しだけ改装します。
本当に少ししか改装しません。

36
地下のホールに合わせて地上でマーキング。
って自然生成のホールって完全な円形じゃないんですね。
最初はこのままでもいい気はしたのですが・・・

42
正円じゃないとクリエイティブで配布ワールドをTNTバァーン!したくなるほどイライラしてきたので、しておきました。

47
あとは地下までぶち抜くだけの簡単すぎる日給0円くらいのお仕事。

01
途中の石や土はスタッフが美味しくいただきました。

40
記事の序盤で浅いとか言いましたが、結構深かった。

22
とりあえず手の届く範囲で安山岩とかをすべて焼石に差し替え。

03
このまま大穴が空いていると、押すなよ絶対に押すなよ事件が発生してタヒ人が出てしまう気がするので、蓋をしておきます。

24
公園の広場みたいなのができました。
ちなみに安山岩と花崗岩が磨かれたものになっていませんが意図的なものです。
磨かない方が年期が入って見えるので面白いです。

43
光の差し方が割りとそれっぽいですがたまたまです。
割りと気に入ってます。
花崗岩の下に柵とグロウストーンつけたら面白いかも。

56
おまけに螺旋階段を設置。
でもちょっと見た目さみしいですね。

59
階段は昇りと降りで斜めの位置に対角線上につけました。
出入り口はあえて4方向に。

16
ついでに周囲の増地もすこしだけ。

49
地下ホール横の洞窟は廊下っぽくしてみました。
ホール共々のっぺりしすぎなので床に硬焼き粘土とか使う予定です。なにせ大量に余ってるので。

浮き城をつくる(4)

この頃私が多忙となっていたため、ろくに更新すらできずにいました、すいません。

55
とりあえずこれぐらいで。
まあ過剰な量であることは火を見るより明らか・・・でもありませんがとにかく過剰でした。

16
作業中shiftから一瞬手を放してしまい、下の仮設足場に落っこちてタヒにました。
ネザーでの殺リリ事件以来2回目ですね。

46
一部のアイテムは海底にダイビングを満喫しにいってしまったので、松明呼吸法でボンベなしの素潜りしてきました。

35
多分これで全部。
まあツルハシ2本と弓さえ無事ならどうにでもなるので・・・。

53
途中経過

59
途中経過2

23
そーらーいじーんさーん

37
途中経過3か4

01
途中経過・・・えっと・・・

52
途中経過なのはわかるが番号忘れた

23
仮設足場(上層部)破壊。裕福な暮らしをする上層部は割と先にいなくなったりするのが漫画作品とかでのオチな気がするので、上から破壊します。

14
またshift様の奥義により海に叩き落とされました。
ちょうどいいのでそのまま富裕層から超貧困層の深海に下落した土たちを救出してあげました。

58
とりあえず浮き島内部に入る部分だけ残しておきました。

02
仮設足場を撤去したところを遠目から。
バランス悪いですがその方が自然生成物っぽいのでよしとしましょう。

しかし、土台となる島の完成は結構疲れました。
いざ完成させると、やはり達成感が違いますね(しみじみしじみ)。

自己紹介
【名前】
リリシア(Lilisia)

【マイクラ暦】
2015年12月~(PS4版)
2016年6月~(PC版)

【プレイスタイル】
サバイバル、バニラ、建築

【メール】
lilisialiowhite@gmail.com

【ツイッター】
@Lilisia_CraftCC(マイクラ専用アカウント)
@Lilisia_CCC(雑多アカウント)
概要
当ブログでは不定期更新ということにしてありますが、急病等よほどの事情がない限りは火・木・土の22:00に更新しています。

また、頂いたコメントには基本的に全て返信するようにしていますが、記事を書くタイミングに並行して行いますので、ご了承ください。

なお、Modの導入、テクスチャの変更などの予定はありませんが、スキンの作成、変更は不定期に行っています。
ピックアップ記事