マインクラフト ~ リリシア放浪記

PC版Minecraftことマイクラでサバイバルをプレイしています。現環境はver1.13.2のバニラ(Modなし)です。建築をメインにすすめていきますが、探検や素材集めなどのことも記事にします。

2017年01月

131な家

今年最初の一ヶ月が早くも去ろうとしているので、ちょっとサラサンドロス地区をぐるっと回ってみたのですが、あることに気が付きました。
私の作った建物自体は多いのですが、実に半数以上がカフェだとかお店だとかばかりで、民家をほとんど作っていないことに(やっと)気づけました。
そこで、今回は民家をつくりたいと思います。

06
場所はバリュバイオ。具体的には丁度カーソルのあたり。
ですが、ここにはそれなりに民家(?)が建っているので、ちょっと目立つものにしてみたいと思います。

55
まずは土台から。
大きさは8x8と、気象レーダーと同サイズ。

31
外装はとりあえず目立ちそうな感じにします。

06
あっ、間違えて作業台をこんなにクラフトしてしまった(棒)

52
途中作業台を大量クラフトする事故がありましたが、なんとか完成です。

モチーフはモザイクアートと、東京都の深大寺の近くにあるという「深大寺の入籠」と呼ばれる建物です。
まず、こんな奇怪な家を作ろうとした経緯ですが、本日が1/31なので、「131」→「異彩(いさい)」というダジャレを思いついたので、異彩を放つ家を建てようと思いました。
そこで、何かを参考にしたくて「変わった建物」で検索をかけたところ、深大寺の入籠が目につきました。なんとなくモザイクアートを彷彿とさせたので、イメージを統合した結果こうなりました。

19
内装はまず仮設でこんな感じ。
民家です、誰がなんと言おうと民家です。

20
ただ、このままでは暖炉(?)に誰かが入って危険なので、しっかりと覆っておきます。

53
この民家はゴミは暖炉に放り込むのがルールの模様。

59
え?へんなものなんて投げ入れてませんよ?

14


気象レーダーへの道

11
前回気象レーダーをムボネリウス山(今命名)の頂上に建てましたが、この山はそこそこ険しく登山は容易ではありません。
そこで今回はムボネリウス気象レーダーまでの登山ルートといいますか道を作ろうと思います。

55
道は長らく繋がっていなかったリポリードのモノローグ社脇から繋げることに。

位置的にはムボー村の方が近いのですが、その分急峻な場所が多くとてもではないものの道なんて作れないので、比較的緩やかなリポリードから伸ばすことに。
何よりあの気象レーダー自体がモノローグ社の所有物ですしおすし。

24
比較的緩やかとはいっても、そこそこ急なのでところどころ結構無理してます。

40
こんな感じの登山ルートありますよね、たぶん。

53
結構ぐねぐねしたりしながら舗装。
当然ですが馬の使用は想定してません。

46
途中からはヤケクソ気味に桟橋(?)を設置。

05
この道を通る人を全くいたわろうとしない強引スタイルで頂上に接続。

48
あとは、作業工程で剥がれた雪を盛って

18
少し草刈りとかもして、とりあえずこんな感じで。
雪を溶かさないように松明は自重してます。
なお、道の部分には雪が積もらないように工夫してます。

51
サラサンドロス急行の車窓(?)から。
桟橋が万里の長城か何かにしか見えない・・・

36


おやまのてっぺんに

そういえば、以前の記事「夢と希望の遥かな世界(偽)」で「山岳バイオームがあるので雪はあるのですが、寒冷バイオームではないので水が凍らないため氷がありません。」と書きましたが

37
誤解でした、雪の降る高度でかつ空に面した水源はしっかり山岳バイオームでも氷になるようです。
俯瞰マップを眺めていたら、ムボー村とリポリードの間にある割と大きめの山に氷が張っているのに気がつきました。

13
しかし、Y=80超えの座標にあるリポリードさえ見下ろすことができる程度の高さはあるため、サラサンドロス地区内で氷をゲットできる貴重な場所とはいえ行き来が大変です。
そこで、この山の頂上に拠点を構えることにします。

02
大きさは贅沢はせずに8x8と控えめ。

52
こんな感じのスケスケハウスにします。

31
・・・とでも言うと思いました?

それはさておき、外観はこんな感じです。

IMG_0955
ちょっと半端な写りですが、モチーフは車山気象レーダー観測所です。
写真:筆者撮影

色を赤基調にしたのは、格子のイメージに最も近かったアカシアのドアに色を合わせるため。

マイクラの方だとちょっと小さく見えますが、おおよそ等倍です。

37
実際だとレドーム(白い球体部分)内に大きなパラボラアンテナがあるのですが、流石にそんなものはマイクラにないので外観だけです。

54
一階内装。
建物自体は8x8ですが、壁が二重なので内部は4x4しかないため、いろいろ考えて詰め込みました。
気象レーダーということで、こちらは主に機械っぽいものを入れました。

マシン
せっかくなので、1.11登場のオブザーバーを使って、周期的にランプが点灯する装置のようなものを作ってみました。

21
仕掛けはクロック回路に繋いだトーチを周期的に点滅させ、オンオフが切り替わるたびにオブザーバーがそれを感知して裏側のランプのような部分が光るという単純なもの。
なお、もう一つのオブザーバーは完全に飾りです。

51
二階は管理人が事務を行ったり寝泊まりしたりするスペース。
結構ギリギリに机と椅子を設けました。
奥の壁にあるのはそれぞれ左から「晴れ(太陽)」「曇り(雲)」「雨(たたんだ傘)」を表しています。心の綺麗な人には絶対にそうにしか見えないはずです。

31
サラサンドロス急行の車窓(?)より。
実際の車山の気象レーダーもこんな感じで山のてっぺんにぽつんとたたずんでる感じですね。

52
なお、気象レーダーを管理しているのは例によってモノローグ社。
社長はどんだけムボー村と文明の差を見せつけたいのでしょうか。

07


サラサンドロス帝国付近整地計画(後編)


お知らせ
この度各記事におけるカテゴリ、およびタグを全面的に見直すことにしました。
具体的な変更は以下のようになります。

◯カテゴリ
・「建築」を削除し、「開発」と統合しました
・「開拓」を「探検」に変更しました

◯タグ
・「探索」を削除しました
・「リポリード町」を削除し、「コルネリウス海岸」に統合しました(※更新日23:50頃修正)
・「開拓」を削除し、「探検」に統合しました

全体的に(例によって)てんやわんや街長さんの仕方を真似させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
もしカテゴリやタグの分け方がおかしいと思った方はコメントよりお願いします。


中編を12/16に行い1ヶ月以上もブランクが開いてしまったサラサンドロス帝国付近整地計画ですが、ようやく後編に取り掛かれました。

58
最後は土の山をくずしていきます。

33
こぼれると取りにいくのが面倒なので、先にヒレを少しだけつけておきます。

34
何回か先輩にご協力いただきました。

39

26
あとはツルハシで削ったり土を盛ったりして形状を決定し

27
緑化させることにしました。

19
あと、ハリボテの裏側がひどいくらいにボコボコだったので

56
地面の下なのに整地しちゃいました。

始めての港をつくる(4)

58
バリュバイオ港の管理事務所、内装と調整です。

56
11
一階は売店も兼ねた受付。
カウンター付近に品物の写真が貼ってあります。

今回カーテンを初めて使ってみましたが、やけに目に刺さる色合いですね・・・
天井のライトはシンプルながら気に入っています。

26
35
2階は談話室っぽい場所。
なんとなく民家の一室っぽい感じですが、バリュバイオなのでよしとしましょう。

23
ついでに裏口側に小道と三人掛けの休憩スペースも設けました。

47
最終的な外観がこちら。
今更ですが石炭ブロックはちょっと失敗だったかもしれませんね。

53

01
あと、先日の爆発事故で紅蓮の波動エンジンが大破してしまったので

02
やむをえず旧式のBV工業製のクリックエンジンを使用。

53
出力は申し分ないのですが、専用のボタンを何回か押して連続で点火しなければならない上、65回までしか押せないという制限つきでコスパが悪いのですが、これしか予備がなかったという設定。


自己紹介
【名前】
リリシア(Lilisia)

【マイクラ暦】
2015年12月~(PS4版)
2016年6月~(PC版)

【プレイスタイル】
サバイバル、バニラ、建築

【メール】
lilisialiowhite@gmail.com

【ツイッター】
@Lilisia_CraftCC(マイクラ専用アカウント)
@Lilisia_CCC(雑多アカウント)
概要
当ブログでは不定期更新ということにしてありますが、急病等よほどの事情がない限りは火・木・土の22:00に更新しています。

また、頂いたコメントには基本的に全て返信するようにしていますが、記事を書くタイミングに並行して行いますので、ご了承ください。

なお、Modの導入、テクスチャの変更などの予定はありませんが、スキンの作成、変更は不定期に行っています。
ピックアップ記事