マインクラフト ~ リリシア放浪記

PC版Minecraftことマイクラでサバイバルをプレイしています。現環境はver1.13.2のバニラ(Modなし)です。建築をメインにすすめていきますが、探検や素材集めなどのことも記事にします。

2017年06月

シュガーケインとビターサーキット(1)

12
これまたよくわからないタイトルですが、直訳すると「サトウキビと苦い回路」になります。
要するに、サトウキビ自動収穫機をつくります。

うちの記事を結構読み込んでくださって方は「えっムボー村にもあるじゃん」と思われるかもしれませんが、正直なところあれでは効率が悪いので、もう少し大型のもので効率を高めたいと思います。

なお、作り始めはガングート社長のプレハブより前ですが、今現在は完成していません。

26
今回はこんな感じでサトウキビ1本につきオブザーバー1台ずつでちょっと贅沢に行こうとしたのですが、どうしても回路がくっついて同時作動してしまうので

48
2台体制で3本を見張るシステムでいきます。
よくよく考えたらランタンのところのサトウキビいらなかった・・・。

21
なお、現状だと向かい合うように同じ機構を設置する予定なのですが、焼石ハーフの通路部分に落ちると回収してくれないことがあるようなのでちょっと検討し直してます。
初歩的ではありますが回路も楽しいですね。

よく見たら今回画像が4枚しかない・・・

改装倉庫施設を裏手に

いまだ慣れない火木土更新。二日も開けると逆に「あれ昨日だっけ」ってなってしまいちょっとヒヤヒヤ

15

そんなこんなで、前回倉庫を改装したという設定の丸石製造機をつくりましたが、その裏手に倉庫を改装した設定の施設をもう一つ設けることにします。

あ、前回の彩釉粘土の配置間違ってる。

23
当然のように白コンクリートで。

59
全く同じ形状ですが、彩友粘土を白にしてみました。ガングートコンクリート社と一緒ですね。

59
とりあえず内装。

25
ここはガングート社長専用のプレハブ住宅になります。

56
合理的なお方なので、大好きだという絵画以外はマトモな代物がありません。しかも二階には柵1つないばかりか消防署とかであると思われているすばやく降りるためのポールまで完備。
「どんな材料よりも時間こそが最も貴重な資源だ!ウラー!」

まぁ、そんなこんなで
先ほど見覚えのない右手が見えた方、鋭いです。(たぶん)

54
何故かできてしまいました。
ガングート社の社長こと、エリシア・ガングートのスキンをささっと制作しておきました。
(建物の内装じゃなくてこっちに時間割いてしまったなんて大声じゃ)

モチーフは艦隊これくしょんの同名のキャラクター、ガングートです。ついに名前までパクり出しました(だって響きが好きなんだもの)

なお、旧姓(?)はリオホワイト、つまり・・・?

エリシア「レザーのワンスタを頼む、代金は丸石ダースタで」
リリシア「姉さん、革は1個あたり丸石30に値上がりしたって昨日言ったばかりでしょう」

まあ、そういうことです。

エリシア「そういえば、ゼパ・・・アンドロマリシアは元気か?」
リリシア「たぶんタヒんだわ」
エリシア「そうか、まあヤツならやむなしか、ハラショー」

果たして、二人と地底王の関係は・・・

配布スキン一覧に追加しました。


丸石製造機騒動(下)

30
前回前々回とgdgdしながら制作した丸石製造機兼ゴミ焼却装置ですが、実は・・・

20
別ワールドでほぼ同様な機構の装置をかなりシンプルなつくりで制作していたのを思い出しました。
バージョンアップによって使えなくなったのではと危惧しましたが、別段そんなことはなく普通に動作。
(この試作では自動畑まで増設してありますが、流石に今回は妥協)

09
03
というわけで、ゴミ箱の回路を上、制御弁の回路を下へ配置してみました。

22
するとカチカチといい音をたてながらどんどんゴミを排出してくれました。
本当にgdgdすぎて騒動としか言えない。

31
なお、制御弁のボタンは一階の隅に設置。
奥側がスイッチで、手前はダミーです。いずれどっち押しても動作するように直すかも。

43
あ、丸石製造機としても立派に動作しますよもちろん。
むしろこっちが使えなきゃ本末転倒ですものね。

と、何度も改装改良を繰り返しましたが、無事(?)完成です。

この建物は元々は既に廃業したある工場の倉庫だったものを、ガングート社が買収して丸石製造機兼ゴミ焼却装置に改造した、という設定。
モノローグ社に並ぶ丸石、焼石製造会社のため、両社の間に飛ぶ火花は大層なもの。
しかし、コンクリートや砂利をお互い売買しているので、実は相棒的な会社だとガングート社長は言ってました。
モノローグ「否!ガングート社は敵だぁぁぁぁ」



丸石製造機騒動(中)

25
その後はちょっとロマンを重視して、ディスペンサーによって水と溶岩を停止できる制御弁も設置。
ここまでは良かったのですが、このあと変なオプションを追加したことで事態が一変しました。

31
そのオプションとは、チェストに入れたアイテムが溶岩に向けてドロッパーから放たれる機構、要は種とか石剣とかいらないものを捨てるゴミ箱です。
付属させた理由はやはりロマン、1つの装置で2つの機能、これをロマンと言わずしてなんと言いましょうか。

08
しかし、回路に詳しい方が見ればわかる通り失敗ばかりしています。
失敗の理由は主にドロッパーから出力した信号がオンになった後オフにならないというもの。小屋に収めるためにコンパクトさを重視した結果、トーチやリピーターの数が増えて遅延しまくりだったのが原因と思われます。
初心者感丸出し。

39
最終的落ち着いたのがこの形。
本来なら焼き切れを起こす配置のトーチ(埋め込み)が動作停止した際に、コンパレーターを用いた比較的低速のクロック回路で刺激することでドロッパーにクロック動力を送る機構。コンパレーターが動作するのがドロッパーにアイテムが入った時のみなので、普段はドロッパーのカチカチ音がならないようになっています。

35
回路が丸出しですが、ひとまずこれで丸石製造もゴミ捨て機構もできるようになりました。

36
二階には制御弁の他、丸石を焼くための竃や、腕ふりに疲れた際にサボるためのベッド、ゴミ箱直結のチェストを置いておきました。
製造機稼働時にベッドやチェストが燃えるというトラブルもありましたが、魔法の糸を使うことで解消。

しかし・・・更なる地獄が待っていたのでした。

あと、予約時間間違えました・・・すみません・・・。


丸石製造機騒動(上)

前回の1周年記念記事では多くのコメントありがとうございます。こんなに来ると思っていなかったのでちょっと感激しました。
しかし、今回から22:00更新となったわけですが、不幸なのか私がノロマなのか執筆(?)開始が21:47という驚異の時間になっていました。2年目も相変わらずのgdgdスタートですみません。

49
うちのブログをご覧になってくださっている方は認知してくださっているかもしれませんが、当ワールドで最も需要が激しい素材は丸石です。
しかし、あまり穴掘りをしない私は供給が追い付かず、そのせいでいきなりタワーの建造もストップしてしまっている状態です。

そこで、今回は丸石製造機に手を出したいと思います。場所はガングートコンクリート社の対岸にあるこの場所。

09
地質調査によるとこのあたりは地盤が脆く、地盤沈下が懸念されるので、あらかじめ崩落させるという荒業をよっておきます。

42
最終的にこれくらい地面が穿たれました。

30
その真上に建てるのはイヤなので、ちょっとそれた場所に7x7で起点を設置。

42
今回も白コンクリと彩釉粘土で豆腐にします。
ちょっとサイケな感じ。

58
とりあえず簡素に製造機を設置。

06
実は丸石製造機を作ったのは初めてだったので、かなり試行錯誤しました。
タイトルに騒動とあるのはこのため。

しかし、本当の地獄はここからでした。それはまた次回に。


自己紹介
【名前】
リリシア(Lilisia)

【マイクラ暦】
2015年12月~(PS4版)
2016年6月~(PC版)

【プレイスタイル】
サバイバル、バニラ、建築

【メール】
lilisialiowhite@gmail.com

【ツイッター】
@Lilisia_CraftCC(マイクラ専用アカウント)
@Lilisia_CCC(雑多アカウント)
概要
当ブログでは不定期更新ということにしてありますが、急病等よほどの事情がない限りは火・木・土の22:00に更新しています。

また、頂いたコメントには基本的に全て返信するようにしていますが、記事を書くタイミングに並行して行いますので、ご了承ください。

なお、Modの導入、テクスチャの変更などの予定はありませんが、スキンの作成、変更は不定期に行っています。
ピックアップ記事