年末の一週間、例年では考えられないほどに予定が詰まってしまい全然更新ができませんでした。本当に申し訳ないです。
なんとか遅れ分消化・・・といきたいところですがそろそろ記事数も増えて例の記事を上げる頃合いになってしまいました。そのため休止扱いにしてしまうかもしれません。

さて、今回はもう大晦日になってしまいましたが、本来なら当日更新の予定だったクリスマス企画をしようと思います。
なお、作業は27日にしました、あれ。

2018-12-09_23.44.18
クリスマスツリーということで、いつものようにバリュバイオへ

2018-12-27_03.50.20
と言おうにもネタが湧かず、ちょっと試したいネタのためにあえてまだ未開に等しいレィベルへ。

手持ちが割と死ぬのが怖い状態ですがこれを使います。

2018-12-27_03.57.14
仮置きブロックを忘れたので、ちょっと目に優しくないもので代用。
直径はこんなもんです。

2018-12-27_04.04.10
そこの規定位置に鉄格子やマグマブロックを設置。

2018-12-28_02.35.28
これをオーナメントのように四重螺旋で巻き付け。
中央の鉄ブロックのユニットにはネザー水晶も使い全体的にパーツのお値段は高めです。
もうこれで察しはつくかと思いますが

2018-12-28_02.40.07
全てのマグマブロックに着火します。

2018-12-28_03.07.15
あとは地面も少し張り替えて

2018-12-28_03.07.44
木と呼ぶには抵抗しかありませんが、完成。
名付けてヒートメタルツリーです。
タブ・コルル神をまつるこの土地ならではのものとしてモノローグ社長が考えてくれました。どこまでも木材アンチ。

発想としては最近都市部でたまーにある金属の枠組みを円錐にしてそこにLEDを付けたタイプのクリスマスツリーと、仮面ライダーWのフォームの一つヒートメタルです。
というかこの頃Wネタ増えてきたような。

2018-12-28_03.10.24
レイシェイから見てもなかなか目立ちます。

2018-12-28_03.25.47
なおコルネリウス海岸にはクリスマスにデートする風習はないのでベンチはありません。
むしろクリスマスはタブ・コルル神の生まれた日と思っている住人が多いので、観光客であろうとタブ・コルル神を祝わない者は人ではないと言われてしまうとか。