マインクラフト ~ リリシア放浪記

PC版Minecraftことマイクラでサバイバルをプレイしています。現環境はver1.13.2のバニラ(Modなし)です。建築をメインにすすめていきますが、探検や素材集めなどのことも記事にします。

大規模建築

赤のピラミッド、内装へ (১ ০)

ついに二桁目に回が行ってしまいましたが、前編後編のやつ込みだと既に12回目なので、表記法がこれで合っているかの不安はありますが気にせず進めていきましょう。

2018-06-26_19.18.05
前回ネットカフェを設けた通路を抜けると、また通路があります。
その突き当りの方にちょっとだけスペースがあります。

2018-06-26_19.31.56
若干無理がある気がしますが、キッチンとまではいかずとも簡易的な調理場。
ドリンクバー以外にも軽食のお菓子程度ならここで作っています。
あと、この国は水道が通っていないので貯水用の水槽も置いてあります。
にしてもここ無駄に鉄1スタック弱使っているという。

2018-06-26_19.32.19
その調理場の隣にも部屋があります。
あ、金床じゃなかった鉄製の調理台に隠れてましたが鉄ハッチと鉄ブロックの小型冷蔵庫もあったりします。

2018-06-26_19.32.25
ほぼ正方形の部屋ですが、やはり壁の傾斜で内装が決めにくい嫌いがありますね。

2018-06-26_20.04.01
2018-06-26_20.04.06
無理矢理な感じは否めませんが、映写室というか視聴覚室。
ネットカフェ付属ではありませんが、予約さえすれば定期的に無料で昔の映画を見られることで人気。今月はフェラリシア・リオホワイト主演の映画「トワイライト」が評判。主人公のチュニカが人々に噂されていた黄昏の森に迷い込み、そこから脱出するにつれて過去に葬られた父との記憶を取り戻していくとかそんな感じ。

2018-06-26_20.05.55
無理矢理絵画を貼ってもサイズが合わない。

2018-06-26_20.03.45
2018-06-26_20.03.52
スクリーンの裏手は見逃してあげたりする優しさは私にはないので、荷物置き場にしてやりました。



赤のピラミッド、内装へ (৯)

2018-06-23_16.55.25
やっとの思いで二階までやってきました。
正直額縁縛りしているせいもありますが、なによりRTSのテーマ自体が自分でも把握し切れていないので、ネタが思いつかない状態にあります。
が、それでも大きな建物であることを活かして色々な部屋を考えてみることにしましょう。

一階は南ウイングから手をつけたので、今度は北ウイングから。

2018-06-23_17.07.47
廊下にするには広く、部屋を作るにも狭い箇所でしたが、お得意の力技でなんとか部屋分け。
むしろ狭い方がピラミッドというか遺跡っぽい感じも?遺跡ではなくバリバリ現役の宮殿ですが。

2018-06-23_21.53.46
ここをこんな感じに装飾。
一見では全くわかりませんが、モチーフはネットカフェになります。
マイクラでもなかなか見ないモチーフな気がしたので、ちょっと悪ノリで作ってみました。

2018-06-23_21.54.00
受付の中。
11回目の記事にして額縁をやっと解禁しました。それでも使用は最低限まで抑えます。
下の棚に伝票とか伝票とかが入っている設定。

二枚のバナーで構成しているのれんは各ブースの入口に採用しているものと同じ。もちろんRTSをイメージしています。

2018-06-23_21.54.11
2018-06-23_21.54.16
2018-06-23_21.54.33
各ブースはこんな感じ。
ネットカフェとしては結構広いブースでベッドまで置いてあることから地味に人気は高い模様。
ペアブースはリポリード社以来のタッチパネルモニター。今見るとちょっと見た目苦しいかも。

2018-06-23_22.07.56
一番奥にある部屋はネットカフェならではのドリンクバー。
ネカフェなのに漫画がないのは良くないという苦情を受けているため、近頃それらもここに収容予定だとか。

2018-06-23_22.08.15
あと、大広間の二階のギャラリーはこうなりました。
ただカーペット敷いただけですが。

2018-06-23_22.08.27
遺跡と神殿のイメージを統合したと思うと、この雰囲気はある意味妥当なんじゃないかと思ったり。


赤のピラミッド、内装へ (৮) 後編

2018-06-21_19.40.38
さて、問題の柱ですが、イマイチディティール不足な感じが見受けられます。

2018-06-21_19.42.32
とりあえず足元同様に階段とかで装飾。暗いせいでちゃんとした向きになってるかすら見えにくい天井付近。

2018-06-21_19.43.59
そして作っている最中、砂岩系のハーフは上付きだと模様が目立ってしまうことを思い出し。

2018-06-21_19.48.05
無難な感じにアレンジしました。

2018-06-21_19.49.07
手直し前と一応比較。

2018-06-21_20.28.09
もちろんこれを四本全て行います。
赤砂岩を使ったこともあり結構疲れました。

2018-06-21_20.39.47
2018-06-21_20.42.29
階段の手すりに関しても、赤砂岩を惜しまず使って立派な感じに。
二階の詳細は次回からで。

2018-06-21_20.53.22
このままだとまださみしい感じなので、高さも活かしておおきなオブジェクトを作成します。

2018-06-21_21.13.41
一つ目がコレ。なんだか不気味な感じにしてみました。
設定としては、サラサンドロス帝国の古代より伝わる人々の恐怖心を糧とする魔物バクシヌの彫刻、といった感じ。

元ネタはベクシンスキーという画家の作品をいくらか複合したイメージで作ったのですが、いかんせん彼は自分の作品のすべてに題名をつけていないため、具体的にどれを参考にしたのかをお伝えできないのが残念。
あとベクシンスキーの作品ですが、コレの何十倍も不気味で夜寝られなくなるかもなので、検索をする方は要注意です。(筆者は寝られなくなりました)

なお、バクシヌはバクとベクシンスキーの造語だったりします。

2018-06-21_21.26.13
反対側には肩幅がやたら広い勇者っぽい像。
巨大化したバクシヌに対抗するために作られた巨人兵ガロビーンの彫刻、とかそんな感じ。

こっちは特にモチーフはありません。名前はゴーレムで有名だったりするらしいソロモン・ガビーロールから。

2018-06-21_21.38.56
2018-06-21_21.39.02
2018-06-21_21.39.52
あとは適当にカーペットを。結構雰囲気出ましたね。
まだ天井や壁にものさびしさがありますが、これはこれでということで。


赤のピラミッド、内装へ (৮) 前編

結局(৮)までもが前編後編に分かれてしまい、もう何番なのかわからなくなってきてしまってますが、これもきっとTNYWNY神が言っていたピラミッドの呪いとやらのせいということにしつつ今回の場所へ。
あ、数字的には8回目になります。(記事数は9)

2018-06-19_12.30.23
というわけでついに例の箱、ないし大広間を攻めていきます。
なんとなく広そうな感じですが、それほどでもないため内装にはかなり四苦八苦。

2018-06-19_12.31.51
ひとまずは柱を立てます。
ベースは3x3と、今まででは太い方。

2018-06-19_12.35.56
別に意図したわけではないのですが、砂漠の井戸っぽいものができてしまいました。

2018-06-19_12.40.41
隠し光源みたいなテイストで穴をあけたらこの通り、なんとも力のなさそうな感じに。

2018-06-19_12.46.26
じゃあ埋めれば・・・と思うとこれまた質素。
最終的なデザインはもう少し変わると思います(なにせ砂岩が)。

2018-06-19_13.22.49
仮組でも四本あると遺跡っぽく見えますね。

2018-06-19_13.26.16
中央にあった階段も

2018-06-19_13.57.02
2018-06-19_13.57.09
スペースキーでリズムを取らなくていいようにしました。
ちょっと柵が安っぽい感じなのでもう少し検討したいところ。


赤のピラミッド、内装へ (৭) 後編

2018-06-15_15.14.52
(৬)の際に土で閉ざされた部屋をチラチラ映しておりましたが

2018-06-15_15.15.18
こんな感じのホールに、意味ありげに土が配置されています。
これを目安にある施設をつくります。

2018-06-15_15.20.43
とりあえずヒントとしてこんなものを設置。
ここに誰かが立って喋るお立ち台的なアレ。

2018-06-15_18.30.47
察しがつきやすいヒントだったかとは思いますが、ここは大きな会議室となります。
シャトーフォレのそれよりも更に大きな会議を行う際はここを使用するように環サラサンドロス諸国で決められています。
環サラサンドロス評議会が開かれるときはだいたいコルディオン地区との境界でもめた時。

2018-06-15_18.32.01
各座席はそこまで豪華でもありません。
なお、議題の規模によって一つの机で一つの地区とか、一つの椅子に各国の代表が一人ずつ着席したりと、色々パターンがあったり。

2018-06-15_18.31.07
2018-06-15_18.31.48
議長席(+α)は少しだけ立派っぽい椅子と少し高めの床になっています。

2018-06-15_18.31.38
真ん中の台は1ブロック高くなっていて、司会がここに立って色々言ったりします。
また、議会自体がそこまで頻繁でないこともあり貸出されることも結構あり、会見を行うこともあれば、ここで裁判が開かれてしまうこともあります。
というか、バリュバイオの住人の八割がここを裁判所と勘違いしている模様。

なお、三つの談話室はここを使う人たちの休憩所ないし控室でもあります。

あと、この会議室の直下で思いっきり溶岩を保管していますが、なんとか高さがあって燃えずに済んでいます。

2018-06-15_18.47.52
2018-06-15_18.48.05
あと、部屋の入口がことごとく黄色の硬焼き粘土なので、出入り口もそれに伴って変えておきました。
だんだん神殿っぽさが出てきましたかね?


自己紹介
【名前】
リリシア(Lilisia)

【マイクラ暦】
2015年12月~(PS4版)
2016年6月~(PC版)

【プレイスタイル】
サバイバル、バニラ、建築

【メール】
lilisialiowhite@gmail.com

【ツイッター】
@Lilisia_CraftCC(マイクラ専用アカウント)
@Lilisia_CCC(雑多アカウント)
概要
当ブログでは不定期更新ということにしてありますが、急病等よほどの事情がない限りは火・木・土の22:00に更新しています。

また、頂いたコメントには基本的に全て返信するようにしていますが、記事を書くタイミングに並行して行いますので、ご了承ください。

なお、Modの導入、テクスチャの変更などの予定はありませんが、スキンの作成、変更は不定期に行っています。
ピックアップ記事