2018年05月02日

2018年05月02日

オナホ&ローションレポ(凜子)


どうも、マッスル☆カーニバルです!

もうすっかり
『オナホレポート野郎』
と化してきた気がしますが、

『対魔忍凜子 空遁の術ホール』

180502_02



『対魔忍凜子 ネバネバ愛液ローション』

180502_01

の制作とともに懲りずに
また参上いたしました。
今回もオナホール&ローションが
同時発売ですので、
もちろんどちらもレポートさせていただきます。

DSC_0638

まずホールですが……
うん、まず何より箱がでかい!

ゆきかぜのフェラホールと
比べたら小さいですが、
これまでのホールと並べたら
二回りは確実に大きいです。

箱の内容物はホールと
ローションだけなので
これは純粋にホールの
サイズがでかいという事、
だからあえて今回はパケを
じっくり見る前に即行で開封!

おお……でっけぇ

DSC_0643

そして、ディティールが
今までとはかなり違う!?
ゆきかぜ、アサギのホールも
対魔忍スーツをモチーフとした
造形でしたが、これはそれ以上です。

まず目を引くのがドン!
と張り出した巨乳!


DSC_0642

今までのホールはあくまで
筒状がベースだったのに対して、
立体感が半端じゃありません。
胸の丸みや、腰のくびれから尻にかけての
張り出しは実に凜子らしさに満ちています。
そして何よりの注目ポイントは「へそ周り」ですね。
スッと縦長なヘソの周りにぐっと盛り上がる左右の腹筋、

その両横からまたグッと締まる腹斜筋、
もちろんそこから下に流れて名器の予感を
ビンビンに感じるモリマンもそそります。
「挿入部はどうなっているのかな?」と

プリケツとモリマンの間を見ると
……小せえ穴だな。

こんなでかい乳とケツをして斬鬼の対魔忍は
随分とおぼこいマンコをしてやがるぜ!
まあ、素材は非常にソフトなので
挿入孔はよく伸びるでしょうし、
この小ささはローションや空気の漏れを防いでくれます。
あ、もう皆さんも分かっておられると思いますが、
今回のホールもこれまでと同様非貫通式です
また、目立たないものの長さもこれまでのものより
一回りは長いですので、空気抜きをキッチリすれば
ロングストロークのバキュームが楽しめそうです。

とりあえずホール自体を見て分かる事は
これくらいですので、
改めてパッケージを見てみましょう。

DSC_0638

刀を構えた凜子が大きく描かれた
パッケージは凜子カラーの濃い青。
『空遁の術ホール』ってなんやねん、
むしろ空洞の術やろ……とか
一瞬親父ギャグをとばすものの、
冷静にスペックを見ていくと、
長さは160mmで重量550gと
見た目に違わぬサイズです。

さらに身体前後の厚みは
75mmのオナホはそう見ないです。
内部形状を見ていくと、
入り口の狭さに反して中は
意外とゆる系のヒダ構造ホールですね。
ただ、ヒダそのものに細かなイボがつい
イボヒダ形状はゆる系の中にも
コリッとした刺激が入る予感。

さらに、突起ヒダゾーンの先には
一気に狭くなったヒダゾーンが待っています。
ホールの内径そのものが狭くなっている点から、
ここはキツ系ホール並に締まる可能性が。
そしてラストはまた空間が広くなった
バキュームイボゾーンでここの空気を如何に抜くかが
このホールの鍵を握るような気がします。
なお、パウチタイプのローションが内包されていますが、
今回はあえてそれは使いません。

DSC_0641

今回使用するのは冒頭でも述べました
『対魔忍凜子 ネバネバ愛液ローション』
です。
形状はこれまででもうおなじみの
ロングノズルタイプ容器に入っており、
カラーリングも凜子イメージ。
当然香りつきなわけで、今回の香りは

「優しい姉の髪から漂う爽やか
フルーティーな香り」

DSC_0639


まあ、そう言われてもピンと来ないので
開封して実際に匂いを嗅いで見ると……ふむ。
確かにフルーティーかつ爽やかですが、
この感じはどこか懐かしさも感じさせます。
例えるなら穏やかな夏の日、
綺麗な日本家屋のお風呂に置かれた
高級な石鹸に微かに甘い匂いを足したような……。

道場で稽古を終えた凜子がゆっくりと
風呂に浸かった後に出てきた、
その香りはこんな香りなのかもしれません。
しかし! 指に出してみればその爽やかなイメージとは裏腹、
しっかりとしたとろみがあるかなりの高粘度タイプ。
へ、この女涼しい香りさせておいて、
もう本気汁を出してやがる。
道場の男臭いニオイに興奮してたのか?
とりあえず、大きなホールなので粘度の高いローションは
なじませたら乾きにくく相性が良さそうです。
また、内部構造もひだ系ですから、
サラサラ系だとヒダの間に溜る感じなので、
ヒダ全体にまとわりつく高粘度の方がよいのでは?

DSC_0646

これは、早速試すしかない!

と流行る気持ちを抑えて
ホール内部を軽く洗浄、確認、問題なし。
と言う事で空気を抜いてノズルを
突きこんでゆっくりとローションを注入。
ローションの粘度と大きさの関係からホールを
握ったり離したりを繰り返して奥までローションを送り込みます。
さらに、徐々にノズルを差し込む位置を
浅くし全体になじませるだけでなく、
入口付近は特にしっかりとローションを塗ります。
入り口が狭いホールは挿入時に入り口を
巻き込むので個人的には重要なポイントです。
ちなみにおかずはなんとなく
『アニメ対魔忍ユキカゼ2』をチョイス。

準備も万端、
しっかりと空気を抜いていざ挿入!

やはり入り口は狭いですが、
ローションの粘りと素材の柔らかさが
あるので挿入しづらさはありません。
ゆったりと挿入していくとやはりイボヒダ、
ヒダ突起系のキツくはないけれども
はっきりとした刺激があります。
素材の伸びもありこのゾーンだけでも
10cm近くストロークができて十分使える感じですが、
このままではホールの半分程度しか
味わえていないので更に奥へと侵入。

213

おお、極狭ヒダゾーンはやはり高刺激。
そうかそうか、凜子のGスポットはこの辺りか、
なら突きまくって感じさせてやろう。
と言いながらもここばかり
味わっている訳にはいかないので、
興奮を抑えて一番奥まで挿入します。
ふむ、やはり全長16cmのサイズ感は流石。
奥まで入れた時点で根本から先まで完全に隠れた状態に。
これは20cmを超えるような馬並な人でも十分でしょう。
もちろん、素材の柔らかさは逆に圧縮も可能なので、
自身のない方でも十二分に全ゾーンを楽しめます。
等と言う事を考えながらゆる系とキツ系のゾーンを
交互に楽しんでいる時にふと気づく私。

「乳がブルンブルン揺れてるな……あれ?
こんだけ大きければ
パイズリもできるんじゃね?」

と言う事で一旦引き抜き擦りつけてみると……
おお、刺激は弱いもののこれは新感覚!
粘り気のあるローションのおかげで
垂れてくるようなこともないし、
刺激を変えるには良いかもしれません。

頑張れば谷間に挟むこともできる……
とはいえ流石に射精できるほどの刺激ではないので再度挿入。
入り口から奥までを大きくこすって
そのまま一番奥でフィニッシュ!
ふう……対魔忍としてだけでなくこっちの方も
中々優秀だったぜ……と余韻にひたりつつ、
賢者タイムの後始末。

流石にここまで肉厚ホールだと裏返す事はできないので
指で広げながら流水で丹念に中を洗い流し、
きっちりと水を切って終了です。

ホールとしての機能はもとより、
デザインの進化は今後を
期待させてくれます。
いつかは目指せ、等身大対魔忍!

とりあえず次はゆきかぜローションを使って
3Pイメージかな?

寺坂

以上、マッスル☆カーニバルでした。



リンク
Lilith-Soft pixy-soft ziz-entertainment Lilithツイッター LiLiTHメルマガ リリススタッフ募集中♪
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~
記事検索
Twitter