2018年08月24日

2018年08月24日

オナホ&ローションレポ(朧&イングリッド)


どうも、マッスル☆カーニバルです!

対魔忍のオナホールも一通りレポートし終わり、
気を抜いていたところに
完全不意打できた物があります。
皆様ももう公式HPやツイッターなどで
情報を確認していらっしゃるでしょう。
今回は魔族だ! と言うことで、
朧&イングリッドのホールと
ローションをレポートしていこうと思います!
いい加減貴様のオナニー(ダブルミーニング)は飽きた?
まあまあ、そう仰らず。

と言うことで、
改めまして今回のオナホール&ローションは

『朧&イングリッド』

180824_11 180824_12

の両名です。

互いにノマド所属で
対魔忍達を盛大に苦しめた2人ですが、
脳みそ対魔忍と言われる私を
どれだけ苦しめてくれるのか楽しみです。

早速ローションから見ていくと、
ボトル形状はもうお馴染みの
ロングノズルのホール向けローション。
ちなみに私はプライベートでシリーズの
ローションを割と使用していますが、
ボトル1本で割と持ちますね。
その結果、部屋に同形状のローションボトルが
何本も林立する状態になっていますが。


まずは手に取ったイングリッドから見ていくと、
ふたは紫色ですが、ラベルの色はピンク色。

180824_07

これは、イングリッドの髪の色の
イメージでしょうか?
イラストでうっすらと見える乳首の色にも近いかな?
ククク、実に淫乱な色だ。

そして匂いは思った以上に
フルーティで甘い雰囲気の香り。
想像以上に可愛らしい香りだ、
お堅い魔界騎士様も一皮剥けば
タダの乙女と言うことかな?
ブラックに必死に女としてアピールする、
そんな姿が浮かびます。
粘度もサラっと粘り気の少ないタイプで、
見た目ほどは男に慣れていない感じが
プンプンと匂い立ってきます。
コレまでのどのローションよりも
香りが立つようなイメージがあるので、
ホールとあわせて使えば、
かなり雰囲気が出るでしょう。


ということで、
イングリッドローションはこれくらいにして
朧のローションを……
いや、なんですかこのパッケージは?


180824_08

コレまでのキャラは全部キメた顔だったのに、
なんで朧様だけそんなヤル気満々なんですか!?
髪の色に近い濃いめの紫のラベルと相まって
『はい、エログッズです』と
全力でアピールしてきているぜ……!

そして匂いですが……
うん、これは『濃い!』
一瞬石鹸の様なイメージではありますが、
爽やかな雰囲気では決してない。
石鹸は石鹸でも、
まるで娼婦が前の客の匂いを
消すために身体を洗った後のような
強めの匂いで……これは、娼館の香り!?
女を娼館に堕とし、そこへ調教の進み具合を見に行き、
思った以上の堕落ぶりにご満悦、
自身の身体も高ぶり手頃な男で
その性欲を発散しようとしている、
そんな姿がありありと思い浮かびます。
さらに、ネットリヌルヌルとしたこの濃度。
百戦錬磨の女が溢れさせる
本気汁の濃厚さにも勝とも劣らない。


こ、これは今まで以上に
気合いを入れて挑まなければ、
むしろこちらの方が食われかねない……!


なお、どちらのローションも
コレまで同様水だけでも簡単に洗い流せます。
これは自身の肌に付着した分の処理は当然ですが、
ホール内部を洗う時にも重要な要素ですね。

さて、手も綺麗になった所で
実際のホールを見ていきましょう。

まずイングリッドの

180824_03

『魔界騎士イングリッド ダークフレイムホール』
を見ていきます。
体型と衣装を再現はもうお馴染み。
今回も服のディティールはよく出来ています。
個人的にはヘソと、
極小サイズの股布が見所です。


180824_09

唯一残念なのは乳首のディティールが
作られていないことですが……。

なお、入口形状もお馴染み&安心安定の
○型の非貫通ホールです。
そして、内部構造を見ていくと、
やはり最初に目を引くのは入口から
いきなりみっしりとつまったヒダヒダ&ヒダ。


180824_13

大きめのヒダは挿入時に
亀頭を強く刺激するだけでなく、
ローションが馴染むと竿にぴったりと
貼り付きバキュームを助けてくれます。
いきなり入口から吸い付いてくるとは、

とんだほしがりだ!
あえて焦らす様に入口を中心に擦ってやろうか?


と想像をかき立てられます。
さらに、中盤を見ていくと、
同じくヒダ構造ですが一気に狭くなっています。
やはり魔族のくせに男にまだ慣れていない、
締まりの良さそうな膣を想像させる……!
そして、そのくせに奥はぽっかりと拡がって、
子宮がすっかり下りきった発情マンコだぜ……!
と興奮した勢いでビニールを破り、
感触や内部などをチェック。
うん、品質には問題なし!

もちろん

180824_04

『裏切りの対魔忍朧 催眠刻印ホール』
も同じ様にチェックしていきますが、
基本的にはイングリッドと同じ……
と思いきや、乳首が衣装を押し上げる
ディティールが作られてる!?


180824_10

や、やはりパッケージ通りに
発情しきっているんだな!
身体が全力でアピールしてやがるぜ!
マンコはどうだ!?

と内部構造を見てみると、とんでもないイボや!?

180824_14

入口からびっしりと奥までを
埋め尽くす大量のイボが何より目を引きます。
が、それ以上に快感を生み出しそうなのが、
内部全体がねじれるようなスパイラル構造。
少し広めのユル系ホールに見えますが、
コレは入れるときも抜くときも
ホール全体が絡みつく様な
刺激を味わえるに違いない。
これはとんでもない熟練マンコだ……
すんなりと咥え込まれて油断したチンポを
絶対に離さない。そんな魔性の淫乱膣穴だろう。
若干の緊張感にツバを飲み込みつつも、
期待感はさらに高鳴っていきます。
こちらのパッケージも破り、
両ホールを並べてコンセントレーションを高める私。


この両名ともに出ているオカズは何が良いか……

と考えた上で今回は

130705対魔忍アサギ3
対魔忍アサギ3

をチョイス。
両ホールにローション充填も完了。
と言うことで、いざ勝負!

まずはイングリッドからですが、

180824_09

挿入……した瞬間から感じる密集したヒダ!
ローションが馴染むまでは
少し抵抗感がありますが、
細かくピストンすればあっという間に
奥へと入っていきます。
くっ……! 中はさらに
狭くなっていてきつく擦れてくる……!
ただ、奥の広い空間の空気を抜けば
強めのバキュームが発生し、
それを手助けとしてドンドン奥へと挿入。
根元から先端までキュッキュと
締め付けるこの感触は、
男のチンポが欲しくて堪らないと言っていやがる。
ゆったりと擦ってサラサラローションを
全ヒダの奥まで浸透させた所で、
本格的にピストン開始!
柔らかなヒダはしっかりとピストン動作に
追従して擦り上げてくるな! いいマンコだぞ!
と盛り上がりつつも、
ここで満足するわけにはいかないので
引き抜いて朧のホールも試す事に……
ぬぅ、入口まで絡みついて来やがる。


とりあえず、
「何で終わりなんだ!」と猛る一物を清め、
今度は朧のホールへと挿入!


180824_10

ん? コレは思ったほど刺激は強くないぞ?
柔らかいイボの感触が亀頭に
擦れる感触は穏やかな快感で
……等と考えていたのはスパイラルが始まるまで。
な、なんだこれは!?
奥へとまっすぐ挿入していくから
縦方向の刺激はわかるが、
スパイラルのせいで
そこに斜め横方向への刺激が……!
ホール全体の空間の大きさから来る
バキュームと相まって、
あっという間に奥へと吸い込まれてしまった……!
さらに、慌てて引き抜こうとすると
今度は逆方向への刺激……!

そして、スパイラル構造その物が
大きなヒダの様に絡みついてくる!?
ヒィッ! コレはとんでもねえ魔性のマンコだ!?
抜くのも入れるのも自分の意思通りに出来ない!?
と驚愕しながらもなんとか必死に動かす私マッスル。
強く握るとイボの感触が強く伝わり、
緩く握るとホール全体が絡みつく様な刺激。
「ぬぅっ!」「ふおぉっ!?」等と
勝手に声が出てしまい、
あえなくフィニッシュ……ううん、無念。

賢者タイムを迎えたことで、
両ホールの比較をしますと
イングリッドの方が直接の刺激は強いですが、

180824_01

刺激になれた人は朧の方が新鮮かも知れません。

180824_02

また、ローションに関しては
ヒダ構造のイングリッドとサラサラローション、
イボかつ広めの構造の朧はヌルヌルローションと
どちらもかなりホールと
ローションの相性がいいです。
ただ、勿論両者を入れ替えたらより
イボを強く感じるイングリッドホールや、
スパイラル構造の絡みつきが強い朧ホール
と言った楽しみ方も出来るでしょう。

セットで買えばいがみ合っている
2人の膣を交互に楽しむプレイなんかも出来ますね。

と、そんな事を考えながら洗浄していたら
また興奮してきたので、
今度はイングリッドの方でフィニッシュしようと思います。

マッスル☆カーニバルでした!



リンク
Lilith-Soft pixy-soft ziz-entertainment Lilithツイッター LiLiTHメルマガ リリススタッフ募集中♪
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~
記事検索
Twitter