2017年04月13日

オナホ&ローションレポ(ユキカゼ)

どうも、マッスル☆カーニバルです!

リリスのオナホール担当という名誉ある(?)
立場から、今回もレポートをしていきたいと思います。
第二段となるレポートはもちろん


『対魔忍ゆきかぜ~おねだりローション~』

2017_0330_02







『対魔忍ユキカゼ2~雷銃撃ホール~』

 
20150626_08
 



前回のアサギのローション&ホールには
あっさりと敗北した私ですが、今回は負けない! 
という謎の決意を持って挑みます!
 

20170413_06


今回もローションから見ていきましょう!
 
まず、ボトルの形状はアサギの物と共通の形で
内容量も同じく120mlです。
この先端形状は実に優れているなあと感心しながら
ボトルをじっくりと観察していきます。
カラーリングはユキカゼをイメージさせる赤い色、
イタズラっぽく笑うユキカゼのイラストに、


今からぐっちょぐちょに使ってやるからな!



 という決意が漲ります。
 
そのまま書かれた文字を読んでいくと

『対魔忍スーツ越しに漂う甘美なフェロモンの香』

という言葉が。
 
ふむ……今度はフェロモンか、
粘度はサラサラと書かれているから、これは汗か? 
等と想像をたくましくする私。
 
匂いの良さはアサギの愛液ローションですでに
実証されているのでいそいそとキャップを開け、いざ!



お? 





おお!? 





こ、これは実にさわやかな香りだ!

 
スッキリとした清涼の中に
どこか果物を思わせる甘さとがある!

 
これは快活な少女特有のさっぱり感の中に
確かに感じる女としての匂い……!
 未成熟と思わせておいてその内面は
既に開花の準備が出来ていると言うことか……!
 
あどけなさで男を油断させ、女の部分で絡め取る。
奴隷娼婦も顔負けのポテンシャルを感じる!

 
まあ、すべて私の妄想なので、
レビューとしては実益的な部分
を見ていかなければいけません。
 
ボトルを逆さにして、軽く横を押してみると
「とろり」と言った感触で透明な粘液が出て来ました。
これは、アサギと比べたら明らかに粘度は低く、
さらっとした感触ですが一定の粘度は確保されています。
 
サラサラとトロトロの中間、
そのサラサラ寄りと言った感じでしょうか?

20170413_08


指の間でコネて離すとしっかりと糸を引くので、
ローションとしての機能は十分に果たしてくれるでしょう。
むしろ、サラサラとした広がりの良さは

オナホールへ充填する時に奥まで入りそうです。

また、手のひらへの伸びも良く、
たっぷり使ってのローション手コキにも期待が持てます。
 
もちろん、こちらのローションも水だけでスッキリ洗い流せます。

さて、次は


『対魔忍ユキカゼ2~雷銃撃ホール~』


です。
当然嗜みとしてまずはパッケージから
じっくりと見ていきましょう。

20170413_05

アサギの物と同じくパッケージのキャラの
表情がローションとは違っています。
箱のカラーリングは緑をベースに、
これは雷撃のイメージでしょうか?
売り文句は
『制御不能の快感はまさに雷撃の如し!!!』
 
アサギのホールよりはキツ系な感触を予想しつつ、断面図を確認。
こちらも非貫通ホールですが、
アサギのホールとはかなり異なっています。
ゆったりとうねる内部は大きな突起が複数ある構造で、
見るからにコリコリと段階的に刺激が予想されます。
さらに、段差の表面には小さなイボ状の突起が無数にあり、
細かな刺激も楽しめそう。
あと、個人的には

大きな突起の形や大きさが違う点こそが注目したいですね。
 
このタイプは場所によって刺激に差があるので、
感触になれる事が無いだけでなく、
自分の気持ちが良い場所を探して
そこを重点的に責める事も出来るのが良いのです。
なお、入口のローション溜まり構造や、
最奥のイボつきバキュームゾーンは
アサギのホールと共通なので安心です。
今回はサラサラローションなので
特にローション溜まりがありがたい。
と、ここでもう我慢が出来ず開封!
ビニール梱包とパウチのローションは変わらず、
もちろんビニール梱包の破れなどもありません。
というか、このローション……
よく見ると女の人の口元の絵なのかな?
まあ、今回もこのローションは封印ですが、いずれは……!
大きさもアサギのホールと同じくらいで、
やはりスーツを模した立体的な表面。
グニグニと握ると内部の突起が手に伝わってきて、
早く使いたいと言う気持ちやらなにやらが
ムクムクと……。
流石雷撃の対魔忍、小娘の様に見えて
下半身はなかなかどうしてちゃんと
メスをしてるじゃネエか。
中の具合も早く確かめてヤルからな……
お、なんだ、やることはやってるのか?
膜がねえじゃねえか。
 
等と一人勝手に盛り上がりながら、
お決まりの内部チェック。
当然問題なしなので早速本番といかせて頂きます!

今回も不要な気がしますが、
一応事前にオカズを準備。
対魔忍ユキカゼ2をチョイス。
シーン回想をオートで流しながら、
オナホールにローションを充填。

20170413_07

相変わらず注入部の細長さが注入に役立ってくれますが、
今回のサラサラローションはさらにすごいです。
軽く握ってみると精液溜まりに
ローションが溜まっているのが分かり、
そのまま何回か握ってやることで
内部の複雑な構造の隅々まで入っていきます。
 
今までホールに使うローションは
粘度が高めな方が良いと考えていましたが、
これは思わぬ収穫。

 
勢いのまま早速挿入、入口の大きさは小さめですが
ローションの助けがあるので問題なく突破します。
そのまま奥に進めて行くと、



コリッ、



コリッ、



と言った不規則な刺激が。

 
入口すぐから後半まで続く刺激はかなりランダムで、
一番奥は少し空間が拡がっている物の
既にローションで満たされています。
 
ここまで複雑な内部構造のホールの最奥に
ここまで簡単にローションが充填されるとは……!

 
と感心しながらも今度は引き抜きながら細かく動かし、
気持ちいい所を探していくと、
2/3くらい挿入した所に私的に良い具合のポイントが!
 

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ 
へへへ……ここが一番コリコリきてるぞ?
 お前もここが一番感じるんだろう?
嘘をつくなよ、擦る度に奥からトロトロの
エロい汁が出て来てるのが分かるんだからな!
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

と気持ちいい所を重点的に擦っていくと
私の快感も一気に高まって行きますが、
流石にこんなにあっさりではいけないと気合いを入れます。
 
深いところをグリグリしたり、

長いストロークで擦ったり……

あかん、むしろ刺激が変わって余計気持ちいい!

 
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ 
くっ、小娘のくせに随分と淫乱なマンコをしてるじゃねえか!
 でも、男のチンポには勝てないことを教えてやるぞぉ!
 
そらそら! 奥も突いてやる! 

どうだ、こうやってグリグリと
深いところを擦られるのが溜まらないだろう!

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

(動かさないタダの休憩)
 
と色々考えて少しでも長くと頑張る物の、

結局あっさりフィニッシュ……アヘ♪

 
制御不能の快感とは良く言った物で、
結局オカズがワンシーン終わる前に出してしまうとは……。
男としての敗北感を感じながらも、
いざ引き抜く段階になると少し緊張する私。
サラサラローションなので、
引き抜く時に中の色々があふれ出したらその処理はつらいなあ、
と恐る恐る引き抜くと……。
 
汁漏れなし!!
 
ほう、よく締るマンコだ、
出したザーメンが一滴も垂れてこないじゃないか!
 
とりあえず一安心しながら、
恐らく精液溜まりだけで無く、
内部の凹凸やローションの粘度が丁度いいんだろうなあと予測。
 
ただ、流石に長時間逆さにしていたら垂れてきてしまいそうなので、
慌てて洗浄処理をしながら
「これ、まさか自分が出した量が少なすぎる……てことはないよね?」
と若干ネガティブなことを考えていましたとさ。


20170413_09


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
リンク
Lilith-Soft pixy-soft ziz-entertainment Lilithツイッター LiLiTHメルマガ リリススタッフ募集中♪
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~
記事検索
Twitter