ブログネタ
紅葉の写真 に参加中!
 グリムス環境キーワード…「省エネ」。今月末でサービスの終了するグリムスブログパーツにお客様を呼ぶべく操作してます…。「省エネ」と言えば、年末にいよいよ洗濯機の調子が悪くなり(モーターオイルの臭いがするようになったので、ダンナがメーカーに問い合わせたりしていたけど、ついに洗濯物にオイルの染みが…!)、おまけに乾燥機のダイアルもひびが入って回らないようになっちゃったので、買い換えることに。ミニマリズムで知られているメイン州人なダンナは、普通だったら「修理する!」となるんだけど、今回は「Limeに楽させてあげる」と洗濯機・乾燥機を新調してくれることになった。紆余曲折をへて、買ったのはLGのこの洗濯機こちらの乾燥機。どちらもエネルギースター(エナジースター)つきなので、省エネに役立つことになる。実際、初めて使った日の電力使用量を見たら、洗濯機が壊れて全く使えなかった週末と変わりがなかった。


 今日の写真も前回の続きで、メイン州旅行中の10月19日の紅葉狩りドライブ。ブルーベリー・ヒルの紅葉風景が、うーん…だったので、メイン州の地図を開いたダンナが等高線を見ながら「こっちのほうへ走ってみよう」と指示。町としてはローム(Rome)からヴィエンナ(Vienna)まであっという間に行っちゃったわけで…。


 道路沿いに一箇所ぱーっと視界の開けたところがあったので、そこで山々を眺めながらぱしゃぱしゃっと。

 その後また同じ道を南下して、ニューイングランド特有の石垣のあるスポットに来た。


 色づいた葉っぱを通して陽光がこぼれてきて、とってもいい感じ。私の大好きな一点透視撮影してみた。下はHipstamatic撮影。


 この石垣(「ストーンウォール」と呼ぶ)はメイン州ではよく見かけるものだけど、写真に収めたくなる被写体であることは確か。昔々、イギリスや他のヨーロッパの国々から移住してきた人たちが、農場を始めたときに境界線として石を積み上げたのがこのストーンウォール。素朴で、塀みたいに高くはないし、フェンスのように人を遮る感じもしないからいいのかも。メイン州では今現在は確か、勝手に崩したり手を入れて大きくしたりするのは違法だったと理解している。



 ストーンウォールってどんな感じなのか理解するのに、一番いいと思っているのが、ロバート・フロストメンディング・ウォール」という詩。この右に挙げた日本語訳を含めて、どの日本語訳もこの「石垣」をきちんと表現できていないとLimeは感じるのだけど(だいたいみんな塀とか壁とか訳してるから)、右の本には原文がちゃんとそのまま載っているので、それがいい。下に貼った映像もストーンウォールがちゃんと描かれてる。ナレーションはレナード・ニモイだって。



グリムス_エコバッグ_昼_2018 グリムス_エコバッグ_夜_2018
 前回の日記で使った環境キーワードでグリムスブログパーツに来てくれたお客様はおさるの親子。子供がこっちを向いて手を振ってくれている。


 *写真をクリックしていただくと、拡大サイズで見ることが出来る他、地図にも貼り付けてありますので、撮影地点も航空写真で見られたりもします。


**クリック募金をお願いいたします。1日1回有効です。ご協力ありがとうございます。
クリックで救える命がある。  png
ベルマークでは、東日本震災の被災校に、リンク先を1クリックで3円の寄付が出来ます。


***応援、あしあとのクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます♪
blogramによるブログ分析