ブログネタ
に参加中!
 9月2日の朝のこと。午前5時にいつものようにAmore(アモーレ)に起こされたら、外が煌々と明るくって。9月2日午前1時過ぎが満月ってことだったけど、空が綺麗に晴れてるんだ~と思い、「そうだビーチへ行こう!」って思い立った。


 カメラ用意して三脚担いで、ダンナの肩を「ちょいちょい」ってやって起こし、「満月撮りに行く」って言ったら「心配だからついてくよ」って。運転もしてくれた。


 普通は9月の満月はハーベストムーンなのだけど、今年は10月にずれ込むんで(ハーベストムーン=秋分の日に一番近い満月)、この満月はコーンムーン(Corn Moon=トウモロコシの月)となる。ところで、ポカホンタス歌ってたのはBlue Corn Moon。


 そういうわけで、ハーベストムーン撮影の予行演習のつもりで、色々設定を変えながら撮影した。


 満月が海に光を落とすと、頭の中に聞こえてくるのはドビュッシーの「月の光」。この曲については以前ご紹介したリヒテルのピアノ演奏が今のところ自分にとっては最高なんだけど、作曲者本人ピアノロールに記録したものを自動ピアノで演奏させたという音源があったので、下に貼ってみる。


 以前ご紹介した数々の「月の光」は以下の通り…映画「ファンタジア」バージョン手元を観察できるピアノ演奏グザヴィエ・ドゥ・メストレのハープ演奏映画「オーシャンズ11」サントラ

 しばらくしたら、沈みゆく月が少しだけ雲にひっかかってしまった。この時午前6時56分。


 振り返って東の空を見てみると、まさに日が昇ってこようというところ。


 雲の下にまた月が顔を出して、綺麗に見えるようになった。朝方の赤っぽい月を表現しようとやや苦心して設定。海面にかなり近くなったのが分かるかな?鳥が朝ごはん探しを開始したらしい、たまたまフレームインした。

 いよいよ沈むところとなった月。周りはすっかり明るいのでそんな雰囲気をきちんと出してみたのが下の写真。もやもやっとしてるのは、空気のせいだと思っていただいて…。結構な高さの湿度になってきたからね。限りなく100%に近い90%台だろう。


 月がいよいよ見えなくなったのは午前7時15分過ぎ。この時は手持ちに切り替えてたんだっけか?水平線上に雲が出ており、そこに入っていく月をなんとか収めた。確かフォーカスもマニュアルで撮影だったと思う。月が周りに溶けるように消えて行ったのは月蝕を撮影した時も同じだったなぁと思い出す。



 *写真をクリックしていただくと、拡大サイズで見ることが出来る他、地図にも貼り付けてありますので、撮影地点も航空写真で見られたりもします。


***拍手クリックをお願いいたします。クリック先でお名前、ブログURL、一言メッセージを記入して更にクリックして頂くとあしあとが残ります。ありがとうございます♪



 メイン州の写真で構成されたフォトブックを作りました!ブログに登場したことのない写真も含まれています。 ご購入お待ちしておりますご質問・リクエストはメッセージ、拍手メッセージなどでご連絡ください♪
Flowers, Water, Leaves, and Snow - Photographic Memories of Maine
Flowers, Water...
By Kaori Green
Photo book


**クリック募金をお願いいたします。1日1回有効です。ご協力ありがとうございます。
クリックで救える命がある。  png
ベルマークでは、東日本震災の被災校に、リンク先を1クリックで1円の寄付が出来ます。