ブログネタ
アメリカ生活 に参加中!
 今日の日記は何せ「サーガ」なのでちょっと長くなる…。

 11月の第4木曜日に感謝祭があり(今年はBilly猫の命日とかさなった)、それが終わるとクリスマスシーズンが本格的に開始。例年なら「ブラックフライデー」が翌日で、買い物客で街がごった返すのだけど、今年はパンデミックのせいで、ネット上でブラックフライデーセールが早くから始まっていた。


 それで私が買ったのは、クリスマスツリー。以前のツリーは、今写真を見返したり古い記事を読んだりすると、どうも2006年のクリスマス後にセールで買ってせっせとオーナメントを毎年買い足したり、ライトを買いなおしたりしていたものだったことが分かる(以前のツリーをご存じの方、まだおられるだろうか?)。あのツリー、引っ越す前に、当時の職場に寄付しちゃったんだよね。ツリートッパーの星と、ライトとオーナメントだけは取っておいたけど後はあれこれ寄付してしまった。

 旧宅コンドミニアムにはあまり場所がなかったのでツリーを買う気にはならなかったんだけど、今の家を購入した時にはクリスマス後のセールを覗いてたりしたんだよね。その時から「白いツリーを買うんだ」と決めていた。フロリダだから、涼しい寒色がいいかと思ってね。昨今主流のプレリットは、一人で扱うのにはツリーが重くなりすぎるので嫌だったので、その時は買わずじまい。

 そういうわけで、ブラックフライデーセールで79ドルしかしなかった、ネットオーダーした6フィート(役1.8m)の「アンリット」ツリーが届いたのは12月2日。例年だと、John Lennonの命日が終わるまではクリスマスツリーも出さないし、クリスマスソングも聴かないと決めているのだけど、ネットの買い物だから、届いたら即中身を確認しないといけない。組み立ててみることにした。

 以前所有していた2mのツリーも、3パーツに分かれているのをつなげる仕組みだったけど、ちょっと背が低いとは言えそれに比べるとあんまり軽い。ちゃちぃ造りだと嫌だなぁとちょっと不安だった。でも全部組み立てて枝をきちんと立体的に広げてみたら、うん、悪くないじゃない?

 最初は遠巻きに見ていたAmore(アモーレ)がやってきて、白い葉っぱを食べようとするので、飲み込んだら獣医行きになるよ!と怒ったり止めたり、最終的にカウチのクッションを投げてみたり。寝る前に、皮をすりおろし器でごしごししたレモンを、猫避けになるかと枝に置いてみたら、幾分効果はあったみたい。

 手持ちのライト(LEDじゃなくて普通の電球)のチェックをしてみたら、5年経ってもまだ使えるのにびっくり。去年ダンナがセールで買った緑色のLEDも試してみる。全部使える。

 でも頭になかったのが、コードが緑色なんだよね…。白いツリーだとコードが目立って全然だめ。買いなおさなければ!それにツリースカートもない。前のツリーに使っていたやつは、ツリーと一緒に寄付してしまったからね。

 なかなか気に入ったのがなくて(または高いものしかなくて)、ツリーをオーダーした時点からお店をあちこち回り、最終的に「ネットでオーダーするしかないのかな~(でも色や質感はネットだと分かりにくいしなぁ)」とあきらめかけていた。ところがツリーが来た翌日に、あまり仰々しくない金色で落ち着いた色の赤い縁取りの、ツリーのリボン刺繍が可愛いツリースカートをアウトレットで発見。20ドル以下で購入。

 ライトはまだ見つからないけど、とりあえずツリースカートを敷いてみたら、Amoreはあっさり気に入って、「これ私の新しい毛布?」って寝そべった。とりあえずツリー食べようとするのはやめてくれたようだからいいか。

 実はツリーが届く前に、ターゲットで金と緑のオーナメントセットを合計3セット、ネットオーダーして待っている状態だったのよね、それが来る予定が14日。その間にライトを見つけないと…と思ってあちこち行ってみたんだけど、緑のコードばっかり。それがターゲットの地元のお店に白いコードのLEDライトが置いてあると分かり、ひと箱で60玉だというので5個買うことにした(ツリーの方程式によると、この高さなら本当は400玉用意したほうがいいんだけど)。これはネットでオーダーしてお店でピックアップ可能。

 同日に用意できていたんだけど、もう暗くなっていたので翌朝にピックアップしてきた。

 ツリートッパーは実はこれにたどり着く前にいくつも買ってみては返品している。前のツリーにつけてたお星さまは、まだ点くのだけど、大分しょぼくれてしまって見かけが良くない(22年前のものだからね)。この数日前にネットフリックスでクリスマス・クロニクル PART2を見てて、ツリートッパーは(サンタの村のツリーのような)ベツレヘムの星(八芒星)にしよう!って思ったのよね。ホーム・ディポというホームセンターで見つけたのがこのツリートッパー。コードは緑だけども何とか隠せる。ダンナが手伝ってくれててっぺんに点けてくれた。 

 Amoreがいつもツリーの下にいるので、先代の猫たちにも加わってもらうことにした。オーナメントが仕舞ってある箱を開けて、自分で作った彼らのオーナメントだけをさげた。

 そんな灯りだけが点いたツリーを眺めてたら、やっぱりつまらなくなってきて、猫にいたずらされても壊れなさそうなオーナメントを飾ってみることにした。Amoreはコードをかじかじしたりなんてことはしなくておりこうさんにしている。

 この後スノーマンが落ちていたりしたけれど。

 ダンナの友人ご夫婦からアマゾンのパッケージに入ったプレゼントが届いたので、ツリーの下に置いてみた。

 さて、12月8日が過ぎたら、すっかりクリスマス気分。でもまだオーナメントは届かない。

 今年は特に宅配業者も郵便局も立て込んでいる(クリスマス時期はただでさえ大変なのに、パンデミックのおかげで、お店で買い物をして、直接会いに行ってプレゼント交換という、伝統的なクリスマスの図式が希薄だから)ので、遅れて到着することも念頭にあったり。それでもう待てなくなって、「とりあえずどんな感じになるか見たくて」古いオーナメントを飾ってみた。

 赤青黄色のボールだけではなくて、日本から持ってきた、母と一緒に飾った思い出のオーナメントあれこれもね。

 うわぁ…いきなり1970年代風…。日本から持ってきたのは1985年だったか86年だったかのオーナメントなんだけども。

 ツリーの下にもう一つ増えた郵便物は、日本からのプレゼント。

 12月12日の朝、UPSから「今日配達予定」とメッセージが。なんと予定より早く着くことになるとは。以前から私は宅配業者の中ではUPSは一番信用しているのだけど、今回は「やるな~ぁ」と感心。

 届いた箱はきちんと梱包されていたのにもかかわらず、セットのうち金色のボールのセットは中身がへこんだり割れたりしていた。他の緑のセットはほぼ異常なしなので、これは元から壊れてるのに発送したんだろうなと考えた。証拠写真を撮っておく。

 ダンナが「この2週間ぐらい毎日オーナメントのことばかり気にしてて、うるさかったんだから、さっさと飾り付けなよ~」と言うので、午後3時過ぎからとりかかる。

 今まで飾っていたのは結局全部一旦外してやりなおし。ネットで買ったオーナメントセットは8㎝径のボールで、ガラス風の透明緑と、メタル風きらきら緑。本当は金とグリーンでまとめるつもりだったのが予定が狂った。

 何時間かかかってオーナメントを飾ったのち、最後に金とグリーンのリボンをかける。これはダンナも手伝ってくれた。完成したのは夜8時頃。ダンナが「すごくよい、金色のボールは要らないと思うよ」とほめてくれたのでうれしかった。やっと理想のクリスマスツリーになってくれた(金のオーナメントセットは、地元のお店で返品出来たので問題なし)。

 新品のオーナメントとかリボンなどの匂いがちょっと嫌だったようで、Amoreが記念撮影に協力してくれなかった。この後2-3日でもう慣れて、今は「定位置」のツリーの下でツリースカートで寝そべっているのがよく見受けられる。

 あと、時々リボンで遊んでるようで、朝起きると外れてだらーんと落ちてたりとか。


 今日のクリスマスソングは、トゥイステッド・シスター神の御子は今宵しも(O Come, All Ye Faithful)」。彼らの(再結成)2006年のクリスマスアルバムア・トゥイステッド・クリスマス」に収録されている。

 PVで見て取れるように、彼らが歌うこのバージョンは、彼らのヒット曲We're Not Gonna Take It”のオマージュ(ってかウィキペディアの記事によると、We're Not Gonna Take Itそのものが「神の御子は今宵しも」を下敷きにしてメロディを乗せてるっていう話)になっている。その辺分かってて聴くと楽しい。




 *写真をクリックしていただくと、拡大サイズで見ることが出来る他、地図にも貼り付けてありますので、撮影地点も航空写真で見られたりもします。


***拍手クリックをお願いいたします。クリック先でお名前、ブログURL、一言メッセージを記入して更にクリックして頂くとあしあとが残ります。ありがとうございます♪



 メイン州の写真で構成されたフォトブックを作りました!ブログに登場したことのない写真も含まれています。 ご購入お待ちしておりますご質問・リクエストはメッセージ、拍手メッセージなどでご連絡ください♪
Flowers, Water, Leaves, and Snow - Photographic Memories of Maine
Flowers, Water...
By Kaori Green
Photo book


**クリック募金をお願いいたします。1日1回有効です。ご協力ありがとうございます。
クリックで救える命がある。  png
ベルマークでは、東日本震災の被災校に、リンク先を1クリックで1円の寄付が出来ます。